1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. PHPのフリーランスで気をつけるべきポイント

PHPのフリーランスで気をつけるべきポイント

PHPでフリーランスする人は増えている

近年、PHPでフリーランスをする人は増えています。まず、現状のフリーランスについてお話しさせていただきます。

フリーランスをやり始めている人は増えている

PHPだけに限らず、フリーランスをやり始めている人は増えています。データを参照すると、なんと専業フリーランスだけでも300万人の方が日本で活躍中です。昔はフリーランスという働き方はマイナーでしたが、今ではメジャーになりつつあります。

(参照:https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/07seisakukadai17-0.pdf

サラリーマンの平均年収は減っている

では、なぜ日本においてフリーランスの人口が増えているのでしょうか。その要因の一つとして、サラリーマンの平均年収が減っていることが挙げられます。以前はサラリーマンであれば終身雇用制度もあるため、生涯安泰とされていましたが、その神話は崩壊しつつあります。

(参照:https://nensyu-labo.com/fireworks/heikin_suii26.gif

新型コロナウイルスの影響により大企業でさえもコストカットを

世界経済に大打撃を与えた新型コロナウイルスですが、日本の大企業も例外ではありません。大企業でさえも、ボーナスや基本給をカットすることろもありました。これからの時代は、個々の能力が問われていくと思われます。

フリーランスであったトラブル

ここでは、フリーランスであったトラブルについて解説いたします。これを読むことで、フリーランスで起こりうるリスクを回避することが可能です。

契約面・条件面で先方と揉めてトラブルに

フリーランスで起こりうるトラブルの一つ目は、契約面や条件面で先方と揉めることです。フリーランスではクラウドソーシングを通して契約することが多いですが、その手数料をどちらが負担するのかはハッキリさせておくのが望ましいでしょう。

契約や条件について片方が勘違いしていることも考えられるので、疑義があればその都度確認しておくのが賢明です。契約を締結した後で条件を変更するのは一般的に難しいとされています。

PHPのフリーランスであれば、応募する案件に必要な言語が何であるのかは確認するのがベストです。PHPのフリーランス案件には、Pythonなどの他の言語スキルを必要とする案件も多く存在します。

本業の会社にバレてしまい、法務や上司と揉めてトラブルに

最近は、副業を容認する企業が増えているとはいえ、副業を禁止している企業も中には存在します。契約を破って副業がバレた場合、最悪の場合では損害賠償が発生するケースも考えられます。

副業をする際は、本業の会社に事前に確認を取っておくことが重要です。また、年末調整の住民税によって副業が会社にバレるケースが多いので注意してください。

仕事環境が合わずに家庭や健康面で揉めてトラブルに

フリーランスとして副業を始めたが、仕事環境が合わずに家庭や健康面で揉めてトラブルが発生するケースもございます。本業が終わってから副業をする人が多いと思われますが、作業をする時間帯には十分注意しましょう。

夜遅くのパソコンの入力音が家族の睡眠妨害になり、トラブルに繋がることもあります。また、徹夜作業によって体調を崩し、健康面で揉めてしまうことも考えられます。

副業でお金を稼ぐことも大切ですが、まずは体調を整えることが第一です。副業によって体調を崩し、医療費の出費が増えてしまったら元も子もありません。

フリーランスをやる上で気をつけるべきポイント

フリーランスをやる上で気を付けるべきポイントをご紹介いたします。中には、知らなかったでは済まされない重要なこともありますので、フリーランスをやるのであれば読んで下さい。

契約面・条件面を確認

フリーランスをやる上で気を付けるべきポイントの一つ目は、契約面や条件面を確認するということです。フリーランスで案件を選ぶ際に、やりがいや興味があるかというポイントも重要だと思うかもしれません。

しかし、その際には単価でも妥協しないように注意して下さい。フリーランスは言葉の通り自由ですが、その分自分の責任感は会社員以上に重大です。自分の選択によって今後食べていけるかどうかも決まってしまいます。

金額に応じて確定申告や、本業の会社に確認を取る

一般的に、本業での収入以外の雑所得が20万円を超えると確定申告の義務が生じます。確定申告は知らなかったでは済まされません。もし仮に忘れてしまうと、その悪質度合いに応じて追加徴税などの処罰が下されます。

会社によっては、副業の収入を加味して所得税で損しないように労働時間を調整してくれるところもあるので、副業で20万円を超えそうであれば本業の会社に確認を取りましょう。納税は国民の義務であるため、忘れたときの処罰はとても大きいです。

会社の環境や文化は入ってみないと分からない

メールやメッセージでやりとりをしていて、その会社の環境がとても良さそうに感じることもあるでしょう。しかし、会社の環境や文化は実際に入ってみないとわかりません。

初めは好印象に感じたとしても、仕事をやっていく上で合わないと感じる会社もあるかと思います。フリーランスであれば、契約期間は選べることが多いです。そのため、まずは短期で契約して合わないと思えば契約を延長しないのも一つの手です。

PHPのフリーランスの案件の例

PHPのフリーランスの案件の例を紹介いたします。これを読めば、PHPのフリーランスにはどのような案件があるのかを知ることが出来ます。

PHPのメジャーな案件

PHPはサーバーサイドの開発に使われることが多いです。PHPのメジャーな案件には、サーバーサイドの開発案件があります。最もメジャーな案件であるが故に単価は低いですが、それでも他の言語と比べるとPHPの案件単価は高いです。

PHPを用いたサーバーサイドの開発案件は、月25万円から存在します。サーバーサイドの開発案件には、PHPの他にHTMLやJavaScriptが扱えるとより重宝されます。

(参照:https://freelance-start.com/jobs/skill-2

PHPはWebサイトを制作するのであれば、避けては通れない言語です。そのため、今後も需要が尽きることはおそらくないでしょう。需要が高い上に案件の単価が高いので、PHPのフリーランスは非常におすすめです。

PHPの高単価な案件

PHPの高単価な案件には、アプリ開発やシステム開発などが挙げられます。アプリ開発やシステム開発の案件では、PHPの他にも数種類の言語を使えるのが望ましいです。MySQLやPythonはPHPとよく併用される言語として有名です。

PHPでフリーランスとして経験を積み、他の言語も勉強する余裕が出てきたらこのような案件にも挑戦してみましょう。PHPのフリーランスでは、スキル次第では月に100万円以上稼ぐことも可能です。

エンジニアスタイル東京でPHPのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/php

まとめ

この記事では、PHPのフリーランスで気を付けるべきポイントについて解説いたしました。現在の日本において増えつつあるフリーランスですが、始める前には気を付けるべきポイントがいくつも存在します。

以下にこの記事の要点をまとめさせていただきます。PHPのフリーランスを始める前に、再確認していただければ幸いです。

  1. 確定申告についてチェック
  2. PHPのフリーランスとして契約する際は条件や契約の内容を確認する
  3. 副業フリーランスでは、本業の会社に副業について確認を取る
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でPHPの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件