1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. Webディレクターのフリーランスの案件にはどんな種類があるのか

Webディレクターのフリーランスの案件にはどんな種類があるのか

フリーランスの現状

現に日本で、フリーランスを始める方が段々と増えてきています。それはデータ的に見ても確実であることが分かります。字実際に、2015年には913万人で労働人口の割合としては14%ほどでした。しかし2018年には1119万人で労働人口の割合として17%に増えています。

(※ノマド家調べ:https://sojikun.com/population/

サラリーマンの平均年収は、15年間で50万円も減っているとの話があります。どちらかというと、税金などの制度の変更で引かれている所に原因があるそうです。

(※ダイヤモンド社調べ:https://diamond.jp/articles/-/153372

コロナ禍の影響で、資本的に体力のない中小企業が多く倒産しています。業界的にも、航空、エンタメ、旅行、飲食など様々な業界が大打撃を受けています。そんな中で、リストラしたり、退職した人がフリーランスがなる傾向があります。

コロナ禍での不景気は、フリーランスを増加させている要因の1つであることは間違いなさそうです。

Webディレクターのフリーランスにおける3つのメリット

 ①スキルアップ

フリーランスのWebディレクターであれば、様々な現場を経験することが出来ます。なのでプログラミング言語の知識、業界に関する知識が育まれていくことでしょう。確実にスキルアップを果たしていけます。積極的に働いていけば、その分成長も早いでしょう。

そして、正社員よりも自由な部分があるのも魅力です。その分、セミナーやスクールに通い実力を伸ばしていくと良いでしょう。そうすれば、さらにスキルアップを果たしていけるようになるはずです。

 ②収入アップ

フリーランスの収入は比較的高い水準にある傾向があります。スキルアップや資格取得で、さらに収入が上がるようになっています。

Webサイト構築のためのHTML、CSS、Photoshop、Illustratorの使い方を習得しましょう。SEOやアクセス解析の知識を伸ばすとさらに実力を伸ばせます。複数の知識を併せ持つことで、Webディレクターとして重宝されます。高い実力を発揮すれば、フリ―ランスのWebディレクターとして、多くの現場で必要とされます。

その分、収入も上がってくるので、実力の向上がそのまま収入アップにつながります。そこが、フリーランスのWebディレクターの強みでもあります。

 ③仕事のコネクションができる

Webディレクターとして多くの現場を経験すれば、その分、仕事のコネクションが生まれるはずです。それも大きなメリットの1つでしょう。仕事のコネクションが増えれば、仕事に困ることはなくなってくるはずです。

仕事のコネクションが増えていけば、会社にスカウトされることも夢ではないでしょう。多くのコネクションを持ち、自分の可能性を広げていけるのは何よりもの魅力であることは間違いないです。

Webディレクターのフリーランスに関する案件の種類

フリーランスのWebディレクターの仕事の種類としては、進行管理などが多いと思います。全体的な進行や調整の管理などがほとんどのパターンです。物事を細かく把握する能力が求められると思われます。仕事によっては会社に常駐したりすることもあるので、その会社のノウハウなどを吸収することができるかもしれません。

プログラム言語に関しては完璧に理解をする必要はありませんが、ある程度理解しておくべきでしょう。フロントエンド言語や、バックエンド言語に関しては簡単にいじれるくらいはできるようになっておいた方がいいです。そうすれば、Webディレクターとして、さらに融通の利く人材になれます。アピールポイントにも繋がるでしょう。

Webディレクターのフリーランスに関する案件の相場・平均単価

人材紹介会社を通じて依頼した場合、Webディレクターの月単価相場は60万円〜80万円という傾向があります。比較的、Webディレクターは報酬が高いように見えます。

現場で求められるスキルは様々ですが、制作や運営のみならず、マーケティング業務を依頼するしたりすることもあります。

他にも効果測定だったり、デザイン面や使い方を含めたコンサル的な役割を求められることもあります。

高い報酬が得られる分、その分高く幅広いスキルや知識が求められます。全体の管理的や調整も任されるので引き続き、Webディレクターは市場において重用されていくはずです。

どんな案件が高い?低い

自社サービスサイト運営ディレクターの案件は比較的、報酬が高いと言われています。Webデザイン、IllustratorもしくはPhotoshopを使用したデザインの実務経験を問われることが多いです。そして、マーケティングに関しての知識も必要となってくるので、案件としては報酬が高めになっています。

その分、任される仕事も多く、責任感も高くなってくるので、事前にそのことは頭に入れておくべきでしょう。

どんな案件が多い?少ない?

日本国内ではECの市場が活発であることから、ECサイトの運営ディレクターが案件として多いです。Webディレクターとして、ページの作成や、顧客の誘導、マーケティング業務をしていくことになります。他にもアクセス解析や、効果測定も業務として入ってくるでしょう。

他には、自社サイトの運営も案件として多いです。既存のサイトの業務を改善したり、より効果的な施策を打ったりとやることは多いです。ユーザビリティや、デザイン面の改善も求められるでしょう。新規のページよりも、改善といった業務がほとんどなはずです。

他には案件としては、サイトのリニューアルも多かったりします。Webディレクターとして、ターゲットを選定していき、さらにWebサイトを有用なものにしていくことが求められるでしょう。

どうすれば単価を高くできるのか

幅広いデザイン、コーディング、マーケティングのスキル

Webディレクターの仕事では、広く浅くスキルや知識を持っておくことが必要です。HTMLやCSS、illustratorやPhotoshopをある程度触れた方が、Webディレクターとして、重宝されます。他にもフロント、バックエンドのプログラミング言語についても知っておくべきです。急ぎや緊急の場合は、ある程度自分で直せると評価も高くなります。

マーケティングに関しても知っておくべきです。ECサイトや自社サイトのリニューアルでは、マーケテイングの知識は必須です。さらに、グーグルアナリティクスや、サーチコンソールも駆使できると単価の向上に繋がっていきます。

上記のように複数の分野における知識や技術を備えていると、報酬単価の向上が見込めてくるでしょう。

Webディレクションの実務の経験

前職などで、Webディレクションの実務の経験があれば、報酬単価の向上に繋がりやすいです。恐らく、どの現場でも即戦力が求められるので、実務経験がある人材は優遇されやすいです。実務経験がない人よりも、報酬が高くなってくることが見込まれます。

他にも、大型の案件を経験したことがある方は、報酬の単価にも影響があるでしょう。大手の案件などに関わっていれば、さらに優遇されるようになってくるはずです。

Webディレクターのフリーランスの注意点

 低単価の案件

低単価の案件はなるべく引き受けないようにしましょう。実績がない方は仕方ないかもしれませんが、そうでないのであれば、なるべく高単価の仕事に挑戦していくべきです。

 自分のスキルと見合っていない案件

挑戦する姿勢は大切ですが、あまりにご自身のスキルに見合っていない案件は避けるようにしましょう。現場でご自身に合わないまま続けていると、ストレスに悩まされることになるので、十分に注意すべきです。

 少しでも怪しいと感じた案件

募集要項や仕事内容を見て、少しでも違和感や怪しい感じがあれば、引き受けない方が良いかもしれません。実際にそういった仕事はコンプライアンスや、労働環境がひどい場合があるので、できれば他の案件を探したほうがいいです。

エンジニアスタイル東京でWebディレクターのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/web-director

まとめ

 

ここまで、フリーランスのWebディレクターについてまとめてきました。フリーランスのWebディレクターの案件やスキルにはどのような特徴があるのかご理解いただけたと思います。最後に本記事のまとめを書いているので、復習に役立てていただければ幸いです。

  1. フリーランスのWebディレクターは、高単価である傾向が強い
  2. フリーランスのWebディレクターは、スキルや知識が重要視される
  3. フリーランスのWebディレクターは、全体を俯瞰できるような人材が重用される
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でWebディレクターの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件