1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. Webディレクターの副業の相場・平均単価とは?

Webディレクターの副業の相場・平均単価とは?

Webディレクターの副業の仕事内容

▶副業を考えている・やり始めている人は増えている

今年から新型コロナウイルス拡大の影響に伴い、副業をしようと考えている方やすでに始められている方が増えてきました。理由としては本業におけるテレワーク、リモートワークの普及や外出自粛などで自宅待機の時間が増えたこと、また本業の収入が減った分の補填のためなどが挙げられます。副業紹介サービスを行っているシューマツワーカーの調べによると、2019年では月の登録者数が700人程度だったのがコロナ騒動以降は1000人以上に増えているという統計があります。

参照文献)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000027073.html

▶サラリーマンの平均年収は減っている

会社員の平均年収は減り続けています。理由としては不景気やブラック企業の増加、正規雇用の求人が減少していることなどが挙げられます。国税庁が発表している民間給与実態調査の統計によると、平成10年ごろから16年間下がり続け約60万円ほど平均年収は落ちています。その後給与改定などで少しずつ回復の兆しを見せているものの、その分税金や保険料が上がるなどで消費者に残る手取りは目減り傾向にあります。

参照文献)https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/minkan/index.htm

▶コロナの影響で最近はどんな傾向があるのか

新型コロナの感染拡大防止のためあらゆる業種では働き方がこれまでとは大きく異なりました。先にも触れたようにテレワークやリモートはもちろん、採用活動に至っては就職氷河期にも匹敵するほどすたれてしまっています。企業で人事関連のポストについている方も業務がなくなり休業を余儀なくされたという声も多く聞かれます。

Webディレクターの副業でぶっちゃけどれくらい稼げるの?

▶まずは副業で月に10万円を目指す

Webディレクターとして副業で稼げるようになるにはそれなりの知識や経験が必要です。未経験の方がすぐに案件へ携われるようになるには少しハードルが高くなってしまいますので、まずはWeb関連の案件になれるため、ライターの仕事やマーケティング、リサーチャーなどの副業から始め、Webサイトの特性を学びながら働いてみましょう。ライターやマーケターの依頼案件は副業紹介サイトなどでは比較的多いので、コツコツやっていけば月に10万円程度はコンスタントに稼げるはずです。

▶SEO関連の知識もあれば、副業で30万円くらいは稼げる

Web関連の業種で課題としてよく挙げられるのがSEO対策。サイトを作ったものの誰にも見らていないでは話になりません。運営者がターゲットにしている顧客に対し、以下にサイトに訪問してもらえるかという紐づけをしていく作業で、検索される際にかかりやすくしたり創意工夫が求められます。SEO対策のことも把握しておけばWebディレクションの仕事の幅も広がるため、副業だけでも月に30万円程度は稼げるようになります。

▶システム関連やHTML、CSS構築のスキル・経験があれば、100万円以上稼ぐことも可能

Webサイトの実制作を行うためにはHTMLやCSSなどの知識がなくてはできません。ディレクター職ではこれらの知識がなくても業務は可能ですが、これらのスキルを持ち合わせた上でディレクションを行うと更にクオリティの高いコンテンツや企画の提案ができるため、より高額な案件の依頼につながりやすいです。スキルの高い方ですと月に100万円以上稼ぐ方もいます。

Webディレクターの求人傾向

▶こんな求人が多い

新型コロナウイルスの影響から、リモートワークなどインターネットを活用したサービスが急増している昨今ですが、様々な業種においてWebサイトの充実化やカスタマイズ志向が増えています。それに伴い、Webディレクターの需要も必然的に増えています。ディレクターは副業でも人気な職種で、インターネット環境下であれば場所や時間を問わず、どこにいても業務ができることがメリットでもあります。またHTMLなどサイト実制作のスキルがなくとも、アイデアやコネクションひとつで遂行できることも魅力のひとつです。

▶こんなスキルが求められている

サイト制作における全体の構図をまとめるため管理能力が求められます。Webサイト制作においてまず重要なのがスケジューリングです。実制作を行う上で様々な業種の方に手配をし円滑に作業を進めるため、関わるスタッフたちとの連携をとれるコミュニケーション能力も求められます。

またクライアントの意向をしっかりとくみ取ったうえで、それらを具現化できるイマジネーションスキルも大切です。クライアントと制作スタッフそれぞれのパイプ役としての業務をはたさなければならないのです。

Webディレクターの案件相場・平均単価

 

Webディレクターの平均相場単価は比較的高めだと言っていいでしょう。業務委託で仕事を受けた場合、月額で稼げる報酬の単価相場は、50~80万円程度です。

条件としては週5日の常駐業務で月に約140時間費やした場合として算出されています。全国的な平均単価の相場は62.2万円ですが、当然案件によって報酬はバラバラで、最高額では120万円程度、最低額では20万円程度という案件もあり、取引先によっては条件にかなりの開きがあることもわかります。

参照文献)https://freelance-start.com/articles/66#title4

▶どんな案件が高い?低い

高額な案件の特徴としてはタスクと呼ばれる工数が比較的に少ない案件を指します。タスクに対してどのくらいの時間をかけて何人が携わったかで人件費換算が決まります。短時間・少人数で完成できたサイトはその分利益率が高いということになります。逆に低予算にも拘わらず多くの修正やタスクが多いと最悪マイナスになってしまう場合もあります。

▶どんな案件が多い?少ない?

Web制作に関わるものでもっとも多い案件はコーポレートサイトや公式サイトと呼ばれるオフィシャルサイトです。最も基本的なサイトであり、どんな企業やお店にとっても当たり前のように需要があるものです。多くのユーザーはPCやスマホから公式サイトで会社やお店のことを知ります。逆に少なめな案件ですとイベント告知などのキャンペーンサイトのような期間限定で公開されるものや、採用専用のリクルートサイトなどです。コロナ拡大の影響から自粛のため公な活動がしにくくなってしまったことも原因のひとつです。

どうすれば単価を高くできるのか

▶説得力のスキルがあると単価が高くなる

クライアントに対してどのようなアプローチや提案を行えばよいかわからないというケースもあるかと思います。デザイナーやプログラマーのように専門的なスキルや知識をもっていながらディレクターをされる方も中にはいますが、大抵のディレクターは実際の制作作業は行いません。アイデアや構想を専門職のスタッフに指示だしをする監督のようなポジションだからです。そのため、ポートレートのような実例を使った提案などが難しい場合があります。ヒアリングの段階ではクライアントにWebサイトの構想に関して説明をする際にいかに理想とマッチングさせられるかがポイントです。

▶見積提案の経験があると単価が高くなる

大抵のクライアントは専門的な知識がないままサイト制作における様々な要求を提示してきます。当然金銭的な兼ね合いもありますので、予算内で実現可能な設計にできるかという企画力が問われます。サイトの実制作以外のところで様々な仕事を行っていても表面上では形にしにくく、クライアントもその仕事への対価や報酬というのが見せにくいというデメリットはあります。ディレクター職はスキル提示が非常に難しいため、提案を採用してもらい、高単価で依頼してもらうためには、クライアントをいかに納得させ、提示金額の付加価値を理解してもらうことができるかが重要となります。

Webディレクターで副業する際の注意点

▶こんな案件は地雷

Web案件の依頼を受けるか否かの見極めも重要です。担当者となかなか連絡がつかない、意見や要望がコロコロ変わりやすい、予算が少ない割に差別化を求める、難しい短納期を希望するなどは地雷案件とも呼ばれており、避けるべきものとして取り上げられています。副業だからといって格安で受けるなどは決してしないことです。

▶契約や税金面で見落としがちなところ

契約の際にも注意点があります。例えば進行途中でプロジェクトが急に中止になった場合、それまでのタスク作業に対して報酬は支払われるのかどうか、初回の契約時にどこの業務まででいくらの報酬を要求できるかの区分けをしっかりと決めて依頼主に納得していただく必要があります。特に実制作工程に入った段階では外注費も発生していますので、特に注意が必要です。

エンジニアスタイル東京でWebディレクターのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/web-director

まとめ

今回はWebディレクターの副業での仕事内容や、どのくらい稼げるかということについて、詳しくご紹介してきました。最後に本記事のポイントを以下にまとめますのでおさらいしておきましょう。

  1. Webディレクターの仕事は高い管理能力とコミュニケーション能力が求められる
  2. Webディレクターはスキルのレベルにより受けられる報酬額に差が出る
  3. Webディレクターの仕事は副業として行うのに向いている
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でWebディレクターの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件