1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. フロントエンドエンジニアの副業の案件おすすめランキング

フロントエンドエンジニアの副業の案件おすすめランキング

フロントエンドエンジニアの仕事内容は?

この記事では、フロントエンドエンジニアの副業について詳しく解説していきます。

フロントエンドエンジニアとは、WEBサイトやアプリの「目に見える部分」を開発する職業です。サイトのデザインや、ユーザーの動作に合わせて画面の表示を変更する機能などを作成します。

フロントエンドエンジニアに対して、サイトの「目に見えない部分」を開発する職業はバックエンドエンジニアと呼ばれます。お問い合わせフォームに入力された内容を送信したり、ユーザーのIDを保管しておく機能などを作成する仕事です。

副業の現状

コロナ渦における副業

近年、サラリーマンの平均年収は停滞もしくは減少傾向にあります。

令和元年度時点の、日本人の平均年収は436万円。平成30年度から1.0%減少しています。さらに、コロナの流行により年収減少の流れが加速することが予想されます。

(参照:https://clabel.me/incomes/24345)

一方、コロナ渦において副業を始めた人も少なくありません。コロナによって収入が不安定になる中で、別の収入源を確保する動きが増えているからです。

副業は別の収入源を得られるだけでなく、

  • 自分の力で稼ぐのでスキルアップができる
  • 節税ができる

などのメリットが期待できます。

フロントエンジニアで副業

副業として、フロントエンドエンジニアをしている人が増えています。

プログラマーは専門職ではありますが、副業で稼ぐことも充分可能です。

フロントエンドエンジニアの副業における3つのメリット

副業には様々な種類があります。その中で、フロントエンドエンジニアとして副業をするメリットは主に3つあります。

1.副業案件が多い

エンジニア業界は常に人手不足です。2030年には約79万人の人材が不足するといわれているほどです。

ですので、副業でも対応可能な案件がたくさんあります。たとえ実務経験がなくても、しっかりとしたスキルを持っている人であれば難なく案件を任せてもらえるでしょう。

2.スキルアップ

エンジニアは専門職なので、市場価値がとても高いです。これからもその価値はどんどん上がっていくでしょう。

副業として開発の経験を積めば、実務未経験からの転職も可能です。収入源を増やす一方でキャリアアップの準備もできる、一石二鳥の副業といえるでしょう。

3.収入が高い

エンジニアは収入が高い傾向にあります。

市場価値の高さや人材の不足が理由です。スキルの高いエンジニアやフリーランスのエンジニアであれば、20代で年収1000万円を超えている人も珍しくはありません。

フロントエンドエンジニアの副業で案件の単価が高い案件ランキング

フロントエンドエンジニアは、他の副業に比べて収入が高いのが特徴です。ここでは、副業でも取り組める、単価の高い案件をランキング形式で紹介します。

1位 フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアとしての副業案件はかなり高単価です。

フルスタックエンジニアは、サービスの開発全般を請け負います。コードを書くだけではなく、

  • サーバー側の実装
  • サービスの企画
  • チームのディレクション

なども行います。かなりのスキルが要求されるため実務経験がないと難しい副業ではあるものの、かなりの高収入が見込めます。

下記に案件の一覧が掲載されています。フルスタックのエンジニアだと、業務委託であっても月収100万円以上の案件はいくらでもあることがわかりますね。

https://engineer-style.jp/jobs?freeword=%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF

2位 アプリケーション開発

2位は、アプリケーションの開発にフロントエンジニアとして参画することです。

この副業も様々なスキルが必要ですが、JavaScriptのフレームワークの知識は必須です。フレームワークを一種類でも習得しておけば、チーム開発へ参加することができます。

レベルはフルスタックエンジニア同様高めではありますが、案件の数は豊富なのでチャレンジしてみる価値は充分あります。

下記の案件一覧を見るとわかるように、JavaScriptの案件のほとんどはフレームワークの知識が不可欠になっています。

https://engineer-style.jp/jobs/javascript

3位 WordPress制作案件

WordPress制作案件は、主にWordPressのサイトやプラグインを作成します。

WordPressは世界的に使われているCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。全てのサイトのうち、なんと約35%はWordPressで作られています。

サイトの数が多いということは、それだけ案件の数が多いということです。副業で対応できる案件もたくさんあります。

また、フルスタックエンジニアやアプリ開発エンジニアに比べ、WordPressサイト作成は難易度が低いです。早い人なら3ヶ月の学習期間で案件を獲得できるようになります。

難易度のわりに単価も良いので、副業との相性は抜群です。

https://engineer-style.jp/jobs?freeword=WordPress

また、下記の案件のように、単発だと50000円〜100000円の仕事が多いです。

https://crowdworks.jp/public/jobs/6151486

4位 コーディング案件

4位はコーディング案件です。主にHTML、CSS、JavaScriptを使用してWEBサイトを作成します。

WordPressより難易度が低い分、単価は下がります。しかし、初心者でも稼ぐハードルが低いので、プログラミング初心者はコーディングから副業を始めるのがおすすめです。

また、コーディングを副業のメインにしたい人はWEBデザインやマーケティングの勉強もすると良いでしょう。この2つはサイト制作と相性が良いので、さらなる単価アップに繋がります。

こちらもWordPress同様、クラウドソーシングサイトで簡単に案件を見つけることができます。

https://crowdworks.jp/public/jobs/6176789

ただし、コーディング案件の中にはかなり安いものもあります。しっかりと相場を見極めた上で、案件を選定するのがおすすめです。

下記の案件は「25ページのコーディング」で、報酬は20000円です。かなり悪質です。

https://crowdworks.jp/public/jobs/6177301

5位 プログラミング講師

スクールなどでプログラミングを教えることも副業になります。最近はオンラインのスクールが増えているので、自宅から参加することもできます。

ちょっとしたスキマ時間を利用して気軽に稼ぎたい人におすすめです。

フロントエンドエンジニアの副業でおすすめのランキング

前述した通り、フルスタックエンジニアやアプリ開発系のエンジニアはかなり高い収入が見込めます。しかし、かなり高いスキルを要求されるため、初心者の方にはハードルが高いです。

ここでは、フロントエンジニアの副業でおすすめの案件を3つ、ランキング形式でご紹介します。

1位 フレームワークを使ったアプリ開発

難易度は上がりますが、時間とお金に余裕のある方はぜひアプリケーション開発にチャレンジしてみましょう。

アプリ開発のスキルがあれば副業はもちろん、転職にも困ることはありません。難易度が高い分、高収入が期待できるスキルです。

アプリケーション開発の案件に関わるためには、JavaScriptのフレームワークを習得する必要があります。どのフレームワークを学習しても問題ありませんが、一番簡単なのはVue.jsといわれています。初心者でも直感的に理解しやすく、案件数も増加傾向にあります。

また、一緒に仕事をしたい会社が採用しているフレームワークを学習するのも良いです。求人を眺めてみて、企業が採用しているフレームワークの種類を確認してみましょう。

アプリケーションの開発ができるようになれば、仕事に困ることはまずありません。多くの企業から引っ張りだこになること間違いなしです。

フレームワークの種類

JavaScriptには、数多くのフレームワークが存在します。ここでは、これから学習を始める方におすすめのフレームワークを紹介します。

Vue.js

Vue.jsの特徴は、直感的なわかりやすさです。どこのコードがどの機能を実装しているのかが感覚的に理解しやすいので、初心者に最もおすすめのフレームワークといえます。

React

Reactは、スマホアプリなどを開発するフレームワークです。Reactを学ぶことで「React Native」というフレームワークも使えるようになります。

この2つを使うことで、iPhoneとAndroidのアプリを1つの言語で同時に開発することができます。これは「クロスプラットフォーム」という開発手法で、近年注目が高まっています。

Angular.js

Angular.jsは、Googleが開発したアプリケーション開発のためのフレームワークです。フルスタックなフレームワークなので、大規模なアプリケーションもAngular1つで開発できてしまいます。

2位 WordPress制作案件

フロントエンジニアの副業としては、「WordPress制作案件」もおすすめです。

数ヶ月の学習で仕事を始められる上に、コーディングよりも単価が高いです。実務経験がない人でも安心して仕事に取り組めます。

メリットは難易度だけではありません.

  • ほとんどの案件は1人で、在宅で取り組める
  • 有料テーマを使えば、コードを書かずにサイトを作ることも可能
  • サイトのメンテナンスやコンテンツ作成など、継続的な取引ができる可能性あり

特に3つ目のメリットは大きいです。WordPressサイトは作って終わりではなく、コンテンツの更新やメンテナンス作業などをする必要があります。そのような業務をサポートしてあげることで、継続的な収入を得ることができます。

3位 コーディング案件

第3位は「コーディング案件」です。WordPressを使用せず、HTML、CSS、JavaScriptを使ってサイトを作ります。

コーディングは、プログラミングを使った副業の中では一番難易度が低いでしょう。しかし、ホームページを一つ作るだけで3万〜10万の収益が見込めるため、難易度の割に高い収益が見込めます。

また、WordPressと同様、サイト作成後にもメンテナンスやマーケティングなどの仕事を頼まれることがあります。コーディングのみに留まらず、取引相手の事業拡大を継続的に支援できるようなスキルを身につけることができれば、副業の収益はかなり安定するでしょう。

エンジニアスタイル東京でフロントエンドエンジニアのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/frontend-enginner

まとめ

ここまで、フロントエンドエンジニアの副業について解説してきました。

最後に、本記事の要点を3点にまとめたのでご覧ください。

  1. フロントエンドエンジニアは市場価値が高いため、コロナ渦でも需要が高く、高収入を得ることができる
  2. プログラミング初心者はWordPress制作案件がおすすめ
  3. キャリアアップを狙うならフレームワークの習得もおすすめ

コロナ渦で多くの会社が苦しい思いをする中、WEB業界の利益は右肩上がりです。ぜひこの波に乗り、フロントエンドエンジニアとして副業を始めましょう。

CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でフロントエンドエンジニアの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件