1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. PHPのフリーランスの案件にはどんな種類があるのか

PHPのフリーランスの案件にはどんな種類があるのか

PHPフリーランスの現状

PHPは記述が簡単でプログラミング初心者でも取り組みやすい言語として人気が高い言語です。

Web開発をメインに使用される言語でありながら、システム開発にも利用されるほど汎用性が高いことが大きな特徴です。

また、PHPは古くからあるプログラミング言語のため、改修を行うリプレース案件が豊富にあるのも特徴です。

PHPの案件数や求人数はトップクラスで、PHPフリーランスとして案件を受注する際は有利になります。

PHPのフリーランスにおける3つのメリット

古くから存在し、人気が高いPHPにはフリーランスにおいて3つのメリットがあります。

①PHPの案件数は多い

メインとして使用されるWeb開発に限らず、業務システムなどのさまざまな用途で使用できる汎用性が高い言語です。Javaと同様に企業の業務システムの開発に使用されているケースがあり、フリーランスの案件として安定した案件数を占める言語です。

②Laravelなどのアプリケーションフレームワークの案件が豊富にある

PHPはWebサイト開発をメインに使用される言語です。プロジェクトによって、HTML、CSS、JavaScriptの言語と併用して使用されることも多いですが、そのほかにLaravelやCakePHPなどのアプリケーションフレームワークを用いた案件がとても豊富です。

③学習コストが低く手軽な言語である

PHPは変数の型を意識する必要がないことや、他言語のように制約が多い言語に比べてソースの量を簡略化して記述できることから、初心者でも取り組みやすい言語です。

C言語やJavaなどの制約が多い言語に比べてソース量を簡略化して記述することや、配列の定義が自由なことから自分自身が扱いやすいように実装することが可能です。

そして、PHPが使用されるプロジェクトは基本的にWebアプリケーションの開発をすることがほとんどであり、必然的にHTMLやCSS、JavaScriptなどのWebアプリケーションの開発に必要な一通りの知識をつけることができます。

PHPのフリーランスに関する案件の種類

Web開発を中心として、フレームワークを使用した案件やCMS開発とさまざまな案件が存在します。フリーランスで受注することができる案件の種類を解説いたします。

Laravelを利用したWebアプリケーション開発

Laravelは比較的新しいフレームワークですが、世界中で爆発的に普及しているフレームワークです。Laravelを使用した案件は、医療システムなどをはじめとした、BtoC向けに提供されるアプリケーション開発が主となっています。

WordPressなどのテンプレート開発・改修

WordPressはPHPとMySQLで構築されている政界最大のオープンソースCMSソフトウェアです。WordPressの立ち上げや改修、機能追加にはPHPが必須のスキルとなってきます。案件の内容には、企業に向けてCMSの管理画面を現場担当者向けにカスタマイズする案件や、イントラサイトの開発があります。

ECサイト開発

ECサイトに必要な以下の機能を全てPHPで開発が可能です。

  • 会員情報の登録やログイン機能
  • 商品在庫管理や売上管理などの店舗の管理画面
  • オンライン決済処理機能

PHPのフリーランスに関する案件の相場・平均単価

単価相場は70万円前後、単価の高いものでは90万円以上のものがあります。案件ごとの単価を解説いたします。

Laravelを利用したWebアプリケーション開発案件の相場や平均単価

Laravelを利用したWebアプリケーション開発の案件の相場は月単価で70万円前後と比較的高い単価になっています。初心者向けの案件であれば月50万円ほどの単価で案件が存在します。

応募の条件のほとんどが実務経験3年以上が必須条件となってきます。

WordPressなどのテンプレート開発・改修の相場や平均単価

WordPressなどのCMS開発の平均単価は60万円前後です。PHPの実務経験が3年以上が条件の案件では70万円以上がほとんどで、加えてAWSやMySQLのスキルがあると75万円以上の月単価となっています。

ECサイト開発の相場や平均単価

PHPを用いたECサイト開発の案件の平均単価は、70万円前後です。中には、PHPの実務経験3年以上、Laravelを用いた開発経験、RDBMSの経験スキルなどがあると90万円以上の案件が存在します。

どうすれば単価を高くできるのか

単価を高くする方法はPHPのフリーランスとしての市場価値を上げるのと同等の意味を表します。単価を高くする方法について解説いたします。

awsなどのクラウドのスキルを身につける

PHP単体での案件の単価には、限界があります。Web開発では他言語との併用で開発するものがほとんどです。

中でも、AWSのスキル経験があるのとないのとでは、案件の単価に10万円ほどの差が発生します。

最近では企業のインフラ環境をクラウドへ移行していることが増えてきており、クラウドのスキルはPHPの案件でも重宝されるスキルです。

フルスタックエンジニアになる

設計から開発、運用までの全ての工程に取り組むことができるエンジニアは「フルスタックエンジニア」といいます。

企業側の視点から考えてみると、プロジェクトにかかる費用を少しでも削減したいという思いがあります。その中でも特に人件費は削減したい費用の対象になります。そこで、プロジェクトにフリーランスのフルスタックエンジニアを参画させることで大幅な人件費の削減につながります。

また、人件費の削減につながるだけではありません。工程ごとに複数のエンジニアを配属し、開発を進めているとある程度の足並みを揃える必要が発生します。また、チームで開発する場合は、それぞれに認識の齟齬が生まれないように設計や要件をドキュメントに残す必要と、プロジェクトを統括するプロジェクトマネージャーの存在まで必要になってきます。

その点、フルスタックエンジニアが単独で開発を進めることができれば、このような手間が省けるため開発スピードの向上が期待できます。

プロジェクトマネージャーの経験を積む

これは、PHPだけに限らず他言語の案件でも共通していることですが、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクト全体を推進できる存在であれば、開発だけを行うエンジニアの単価よりも高単価かつ長期的に受注することができます。

リードエンジニアになる

リードエンジニアとは、技術面でのプロジェクトのリーダーとしてチームを牽引していく役割を担うエンジニアのことです。テックリードとも呼ばれます。

チームのプログラマーが書くコードの品質を担保する責任を負う重要な役割として、PHPのフリーランスにおいても需要が高く評価されています。

PHPのフリーランスの注意点

フリーランスでかつ在宅勤務の場合は、エンジニア同士の情報交換が乏しくなる傾向にあります。フリーランスの場合は、他のエンジニアとコミュニケーションをとる機会が少ない分、自主的に意識して新しい技術やトレンドを取り入れ続けなければいけません。

それに加えて、PHPの場合はコード制約が少ない言語のため、チームでの規定やコミュニケーションが乏しくなると、かえって可読性の低いソースコードになってしまう可能性が発生します。

以上の理由からできる限り他のエンジニアとコミュニケーションを取るように心がける、常に新しい情報を取り入れるようにする必要があります。

エンジニアスタイル東京でPHPのオススメ案件を探す

PHPのフリーランス求人・案件 | エンジニアスタイル東京

まとめ

いかがでしたでしょうか、本記事ではPHPフリーランスの現状について執筆させて頂きました。

最後にPHPのフリーランスの現状を踏まえて、より良い収入を得るための要点を以下に整理します。

  1. PHPだけでなくクラウドのスキルや他言語のスキルを習得する
  2. 設計から運用までを一人で行えるフルスタックエンジニアになる
  3. PHPの技術をとことん極めてリードエンジニアになる
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でPHPの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件