1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. アプリエンジニアの副業で稼げる事例6選

アプリエンジニアの副業で稼げる事例6選

アプリエンジニアで副業する人は増えている

皆さんはアプリエンジニアという副業をご存じですか?

一度はエンジニアという言葉を聞いたことがある方が多くいらっしゃると思いますが、アプリエンジニアという職業は、皆さんが普段利用しているアプリケーションを一から製作していく仕事です。「設計・開発・動作テスト」などを主な業務としている、いわばアプリ開発者です。

今回はそんなアプリエンジニアについて、どのくらい稼げるのか、どんな案件があるのか、などをご紹介していきます。

副業を考えている・やり始めている人は増えている

ニッポンドットコムの調査結果にて正社員で副業や兼業をしている人の割合が、3年前と比べ211万人増加しているという結果が出ており、近年、本業以外に職を手に付けている人が増えているようです。

参考:ニッポンドットコム調べ https://www.nippon.com/ja/features/h00183/

サラリーマンの平均年収は減っている

近年悲しいことに、サラリーマンの平均年収は減ってきているという事実があり、それは皆さんも肌で感じていることだと思います。

CLABELでの調査結果によると、平成24年度から平成30年度までは右肩上がりで推移しているのに対し、平成30年度から令和元年ではー1.0%という結果が出ています。

参考:CLABEL調べ https://www.nippon.com/ja/features/h00183/

コロナの影響で最近はどんな傾向があるのか

世界中が悩まされている新型コロナウイルスですが、各企業で残業規制が入ってきたり、経営が苦しくなってくると、企業倒産という形にもなってきてしまっています。

この調子でいくと平均年収はさらに下降し、それを補うために副業をする人は増加していくかもしれません。

そもそもお金を稼ぐ方法

皆さんはお金を稼ぐ方法をいくつご存じですか?現在職を手に付けている方は、その他に何他思い浮かぶものがありますか?

お金を稼ぐ方法は世の中にはあらゆる種類存在しますが、どれを選び稼いでいくか悩みますよね?時間・資金・労力などさまざまです。

それでは自分に合うのは一体どのような方法なのでしょう?紹介していきます。

サービスを立ち上げて一発当てる

一発当てるという響きは一見良いようで、良くないものです。

簡単に言えはするものの、サービス立ち上げに資金が必要なのはもちろんですし、サービスが成功せず失敗してしまったら…?多くの代償を負ってしまうわけです。

もちろん世の中には一発当てた人はいますが、非常に大きなリスクを伴ってしまいます。

フリーランス

フリーランスで稼いでいる人は少なからずいます。特定の分野で稼げることもあり、収入が増えることが大きなメリットです。

しかし、フリーランスというのはある特定の分野で稼いでいくもので、需要と供給で成り立っている為、受注が来なければ稼げない、安定した収入ではないということです。

本業+副業

これが現在多くの方が実際にしている副業の形です。なぜこの形が人気なのか?それはもちろん『安定した収入が背にある』ということです。

空いた時間で副業に取り掛かり、安定した収入をもらいながら、副収入を得る。理想の形じゃありませんか?

副業がもし失敗しても他を探すこともできます。本業は違いますよね?どちらか一つに絞らないことで選択肢を増やせるわけです。しかも二つの収入源を手に入れることができる!お得じゃありませんか?

具体的にどれくらい稼げるの?

それでは本題に入りたいと思います。アプリエンジニアは一体どのくらい稼げるのでしょうか?月に5万?10万?もっと?皆さんはどのくらいだと思いますか?

まず考えていただきたいアプリエンジニアという職種が有名か有名でないかという点です。アプリエンジニアという職種は需要が多いですが、人手が不足しているというのが近年の状況です。というのも、近年スマホやPCなどの利用者数が増えてきた近年では、アプリケーションを必要としている方も同様に増えてきているのです。

アプリエンジニアの魅力は、スキルや経験で収入が確実に増えるという点です。努力次第で稼げる額は増えていくのです。

まずは月に10万円

努力次第で稼げる額は増やせるとはいいましたが、簡単に10万20万…と増えていくわけではないです。

しかし、アプリエンジニアは人手不足が顕著にデータとして表れており、それは年数を重ねるごとに増えてきているのです。そのため、企業は人材を求めるためにまったく知識がない方からでも始めやすくしてきているのも事実です。

まずは月に10万円を目指し、達成出来たら更に上を目指しましょう。

アプリエンジニアであれば30万円くらいは稼げる

アプリエンジニアは、開発したアプリがいかに人気が出るかが重要で、人気が出れば出るほど、多くの人に利用されればされるほど収入はアップするのです。

ここまでで出した話の中にあった人手不足ですが、その状況下でも収入格差はもちろんあります。しかし、ある程度のスキルを身に付けることで月に30万は夢ではないわけです。

ではどんなスキルが必要なのか?

プログラミングのスキル・経験があれば、100万円以上稼ぐことも可能

ここまで10万、30万円を目指そうと話してきましたが、さらに上を目指すことも可能です。しかし、この段階に上るにはそれなりのスキルや経験が必要となってきます。

中でも一番必要なスキルがプログラミングスキルです。これはアプリを開発していくうえで必要不可欠なスキルでもあるからです。

アプリ開発ではいくつかの言語を使用し、プログラムをすることで開発していくのですが、その際に必要なのがプログラミングスキルです。

他にもマネジメントスキルや情報収集スキルがありますが、これらは、経験・勉強していくことで身に付くスキルです。それに比べプログラミングスキルは簡単に身につくものではないため、持っていた方が得するのです。

アプリエンジニアの副業に関する案件事例

ここからはアプリエンジニアの副業に関するメジャーな案件や高単価な案件、更には珍しくあまり知られていないような案件をいくつか紹介していきます。

アプリエンジニアという職種は、特殊なスキルが必要であるため、それを取得している方には非常にお得な副業になり得るものではないでしょうか?

自分に合った案件が見つけられるようにぜひ参考にしてください。

iOSアプリ開発支援

~40万円/月

アプリケーションの開発支援ということで、他の案件と比較すると安価で取り掛かりやすい案件の一つ。

iOS Swiftスキルが必要で、このスキルを使用してのアプリ開発を進めていく案件。

モバイルアプリの開発支援

~40万円/月

モバイルアプリの開発支援で、設計~開発~試験を行う、メジャーな案件の一つ。

iOS Swiftスキルが必要で、Swiftを使用してのアプリ設計~を行う案件となっている。

これら二つの案件はメジャーな案件で、アプリエンジニアの多くの方が実際に行った案件の一つでもある。

マッチングアプリ機能追加開発

~95万円/月

既存のマッチングアプリの開発運用保守全般の作業を担当する案件。

特殊な知識が必須の案件であるが非常に高単価。

スマホ向けゲームアプリの開発

~85万円/月

スマホゲームの開発及び運用の対応、既存または新規タイトルのいずれかのプロジェク開発ミドルウェアの技術検証が主な仕事内容。

実際にソーシャルゲームの開発に携わることができる案件で、必要スキルが多いが、非常に高単価な案件の一つ。

未経験から始めるアプリエンジニア

~45万円/月

副業を始める方にはとてもおいしい案件。

プログラミング経験のない方でも一から学び、スキルを身に付けていくことができる案件。

多い案件ではないが未経験者にはうれしい案件の一つ。

アプリ開発エンジニア/リモート可

~55万円/月

多くの案件が委託業務や派遣業務の中、リモートでの対応ができるという案件。

至近悩まされているコロナウイルスにも対応できるリモートを取り入れている珍しい案件の一つ。

この案件も、多い案件ではないが未経験者も可の為、未経験者も手軽に応募可能。

エンジニアスタイル東京でアプリエンジニアのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/appli-enginner

まとめ

ここまでアプリエンジニアについて、一体どのようなもので、どのくらいの収入なのか、またアプリエンジニアの求人や案件についての紹介を行ってきました。

まだあまり詳しくわからなかったという方もいれば、興味出てきた!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、最後に本記事のまとめを書いているので、復習に役立ててください。

  1. アプリエンジニアで副業する人は増えている
  2. アプリエンジニアはスキルを持っている人ほど高単価な副業
  3. アプリエンジニアはスキルを持っていなくても作業可能で、副業に向いている
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイルでスマホアプリエンジニアの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件