1. TOP
  2. エンスタマガジン
  3. フリーランス
  4. 自営業とフリーランスの違いとは?活躍するためのポイントを紹介

自営業とフリーランスの違いとは?活躍するためのポイントを紹介


はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

エンジニアスタイルは、最高単価320万円、国内最大級のITフリーランス・副業案件検索サービスです。フリーランス・副業案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

自営業とフリーランスの違い

似たような意味の言葉である自営業とフリーランス。企業勤めとは違い自分自身で仕事を行っている人というイメージはあるものの、この2つが具体的にどのように違うのかは知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、自営業とフリーランスの指す意味の違いから働く上で気をつけたい点、そして活躍するためのポイントなどを解説していきます。

自営業とフリーランスの定義上の違い

まず自営業とフリーランスそれぞれの定義の違いについて解説していきます。

自営業とは自ら独立して自分自身で事業を営んでいる人のことを指します。

主な職業に弁護士や開業医・飲食店オーナーなどが挙げられます。

反対にフリーランスは、特定の企業に属さずに自分で働く場所や時間を自由に選択できる働き方です。

自営業という表現は前からありましたが、フリーランスという表現は比較的近年広まってきたワークスタイルです。

一見すると区別が紛らわしいこの2つですが、分かりやすい見分け方としては次のようなものがあります。

自営業とは、事務所や店舗を構えたりと働く場所や時間が決まっていることが多いです。

例えばお店や飲食店などを想像するとしっくり来るのではないでしょうか。

フリーランスの場合は、案件やプロジェクト毎に企業と契約をし一定期間だけその企業で働くようなワークスタイルを指します。

例としてITエンジニアやデザイナー・通訳者などが挙げられます。

自営業が完全に自分で独立して事業を営んでいることに対し、フリーランスの場合は自分が提供した実務の対価として企業から報酬を受け取っていることが大きな違いと言えます。

自営業とフリーランスの働き方の違い

自営業の場合は基本的に営業時間や働く場所が決まっています。そのため働く場所や時間の制約を受けることが多いです。

お店や飲食店であれば営業日や定休日があらかじめ決まっています。営業時間は仕事をすることになるため好きな時間に働いたり休んだりということは難しいことが多いです。

一方で、フリーランスであれば働く場所や時間を自分で自由に決められることが多いです。企業と契約している場合は、業務の都合上ミーティングや就業コアタイムなどが必要な場合ももちろんあります。

とはいってもリモート勤務や裁量労働制であるなど通常の会社員と比べて自由な点が多いです。

求められているパフォーマンスを発揮すれば、働く場所や時間を問わずに自分の好きなように働くワークスタイルを実現することも可能となります。

求められているパフォーマンスやアウトプットを発揮できれば、自分のスタイルに合わせて自由に調整できることが大きな特徴です。

フリーランスであれば住む場所を柔軟に決めることもできるため、地方移住や郊外に住むなど好きなライフスタイルを実現できる可能性があることから、近年興味を持つ人が増えてきています。

自営業やフリーランスの働き方で注意しておきたい3つのポイント

企業に属さず自分で事業を営んだり、時間や場所を好きに選んで働いたりと魅力的に見える自営業やフリーランスというワークスタイル。

しかし、働く上で注意するべきポイントもいくつかあります。通常の企業の正社員であれば基本的に得られるものを失う可能性があるため、もし自営業やフリーランスを目指す場合はこれらの点について事前に十分検討を行いましょう。

収入が安定しないケースが多い

会社で正社員であれば毎月決められた額のお給料を受け取ることができます。自営業やフリーランスというのは、収入面においても完全に自分次第です。成功すれば多くの報酬を貰える可能性がある半面、収入が減るもしくは途切れるという可能性ももちろんあります。

会社員に比べて収入が安定しないケースが多く、思うように収入が入らないと精神的にも不安な要素となります。計画通りに売上が上げられない場合に備えて、事前にある程度の資金を用意しておけると良いでしょう。

自分で確定申告を行う必要がある

会社員と異なり自分で確定申告を行う必要があることも要注意です。会社員であれば毎年の税金の申告や社会保険料の手続きなどはすべて会社が代わりに行ってくれます。

しかし自営業やフリーランスの場合は、これらの手続きはすべて自分自身で行わなければいけません。

日々の収入や税金・経費などの管理を自分で行わなければならなくなるため、知識がないと戸惑うことも多いでしょう。

特に、どこまでの費用を経費として計上しても良いのかなど知らないと最終的に損になってしまう場合もあるので前もってしっかりと調べておくようにしましょう。

確定申告を効率的に行うためのソフトを利用したり、税理士にお願いするなど状況に応じて対応方法を検討しておいたほうが良いと言えます。

対外的な信用性を得にくい

会社員と大きく異なる点は、対外的な信用を得ることが難しいということです。会社員であれば毎月決まった給与を確実に受け取れることから、一定の信用は得やすいです。

自営業・フリーランスは毎月の収入はもちろん今後の事業成長性も予測しづらいことから、各種審査では不利になることがあります。

特にクレジットカード審査から引っ越す際の賃貸の契約・ローン審査などで通らない可能性があるため要注意です。

経営が安定している大企業から自営業・フリーランスになる場合ほどこの点のギャップは大きなものとなりますので事前に心構えをしておくことが大事です。

審査が必要な手続きなどはできれば会社員の内に済ませておくと良いでしょう。

自営業やフリーランスとして活躍するための3つのポイント

上記でご紹介したように、会社員と比べてデメリットになる点もある自営業・フリーランスですがもちろん同じくらいメリットもあります。

安定した環境である会社員を選ばずにあえて自営業・フリーランスを目指す以上は絶対に成功して活躍したいものです。

ここからは自営業・フリーランスとして活躍するためのポイントを3つご紹介していきます。

こうしたポイントを日々意識して行動する場合とそうでないのとでは、中長期的に大きな差となって現れます。

仕事獲得に向けた仕組みづくり

自営業・フリーランスとして働く上で、仕事獲得に向けた仕組みづくりを行うことは非常に重要です。どれだけスキルややる気があっても案件や契約を取れなければ収入が止まってしまうからです。

安定した状態になれば本来のコア業務により多くの時間を割くべきなのはもちろんですが、最初は営業や案件獲得のための仕組み作りにも注力すべきです。

自分のホームページやWebサイトを立ち上げたり、ポートフォリオを作り込むなどクライアントへアピールするためのツールを活用しましょう。これまでの制作物や実績を紹介するためのポートフォリオは特に意識して完成度を高めましょう。

自分から積極的に営業することも大事ですが、クラウドソーシングやエージェントなどを活用して仕事をもらいやすい状態を整えておきましょう。

自分が複数の案件の中から仕事を選べるようになれば、クライアントの言いなりにならずにより対等な立場で仕事が出来たり、単価交渉を有利に進められ適正な報酬獲得に繋がるなど精神的にも望ましいです。

競合や他のフリーランスとの差別化を図る

自営業・フリーランスとして事業を成長させ売上や集客といった結果を出すためには、ライバルとの差別化を図ることが必要です。もし競合や他のフリーランスと同じようなスキルやサービスであればわざわざ選ばれる理由がなくなるため、価格競争となり結果として安売りしてしまうことに繋がります。

期待以上のサービスや納品をするなど、お客さんやクライアントから選ばれるための工夫や努力が必要です。競合や周りをしっかりとリサーチした上で、何が自分の強みなのかをしっかり打ち出していくことが求められます。

コミュニケーションスキルの向上

自営業・フリーランスとして活躍する上で、コミュニケーションスキルの向上もとても大事です。お客さんやクライアントとのやりとりもすべて自分が窓口となっておこないます。

そのためコミュニケーションスキルは相手に与える印象やひいてはその後の評価までをも左右します。

職種にもよって違いはありますが、例えば店舗であれば明るくさわやかな接客・フリーランスであれば相手の希望を正確に把握するヒアリング力やタイムリーな報連相などが望ましいです。

また、丁寧なコミュニケーション以外にもメールやチャットなどの返信をできるだけ早く行うというスピード感も大事です。

スピードが早いだけでも良い印象を与えることができます。

フリーランスになる場合把握しておくべき手続き

会社員とは異なりフリーランスでは様々な手続きを自分で行う必要があります。うっかり忘れてしまったでは後々面倒なことになり得るため、事前にしっかりと確認した上でしっかりと手続きを行うようにしましょう。

開業届の提出

個人事業主として働くと決まったら、まずは開業届を税務署に提出します。

開業届は正式には「個人事業の開業・廃業等届出書」という呼称で、個人事業主として収入を得るということを税務署に報告するためのものです。基本的に開業から1ヶ月以内に提出する必要があるため注意しましょう。

他にも、開業届を出すことで事業を手伝う家族への給与を経費計上できたり・屋号での口座開設ができる・赤字を翌年に繰り越すことができるなど様々なメリットがあります。

青色申告承認申請書の提出

開業届に加えて青色申告承認申請書を提出することで、確定申告の際に青色申告を行うことができます。個人事業主の確定申告には、青色申告と白色申告があります。申告書の用紙が青色であることから青色申告と呼ばれています。

確定申告には青色申告を行うことで年間最大で65万円の所得税控除を利用することができるため、節税対策として有効です。

青色申告承認申請書は、開業届を出すときに合わせて提出するのがおすすめです。

確定申告の実施

確定申告とは1年間の所得を計算し税金を納めるための手続きです。会社員であれば会社が社員の代わりに毎月の給与から税金を源泉徴収し年末に年末調整を行ってくれています。しかし自営業・フリーランスとして働いている人は、これらの手続きを自分自身で行う必要があります。

確定申告は必ず行う必要がありますが、それにより税金を収めるためだけではなく控除を受けることもできます。

時期は年間の所得をもとに翌年の2月16日から3月15日までの間に申告することになります。申告直前になって慌てることのないよう前もってしっかりと準備・確認をしておきましょう。

年金・健康保険の切り替え

会社員から自営業・フリーランスになるにあたっては、年金と健康保険の切り替えが必要です。

会社員であれば通常会社で厚生年金・健康保険などの社会保険に加入していますが、独立する場合は自分自身で加入する必要があります。これから自営業・フリーランスになる場合は、厚生年金から国民年金、健康保険から国民健康保険へと切り替えます。

会社を退職した場合は基本的に14日以内までの切り替え手続きが必要です。

会社員であれば、厚生年金と健康保険の保険料は会社が半額負担しています。自営業・フリーランスになると全額本人負担となるため会社員と比べると支払う保険料額は増える可能性があります。

また将来受け取れる年金額なども厚生年金加入者と国民年金加入者とでは異なります。

後になって気付いて慌てることのないように、こうした点についても事前に十分に確認・理解をしておきましょう。

まとめ

今回は自営業とフリーランスの違いについて解説しました。いずれも会社員とは異なり注意すべきポイントや手続きにおいて異なる点がたくさんあります。

通常の会社員とは異なり不安定要素もある自営業・フリーランスですが、一方で自由な働き方を実現できたり会社からもらう給与以上の収入を得ることも可能であるなど魅力も多くあります。

自営業・フリーランスを目指している方はぜひ事前に違いについてしっかりと理解しておき、計画的に取り組めるよう意識をしてみてください。

  1. 自営業とフリーランスは似たような働き方ではあるものの、定義や働き方が異なる。
  2. 魅力ある働き方である一方、デメリットになり得る点もいくつかあるため事前に十分に検討した上で判断をする。
  3. 会社員と異なり自分で行わなければいけない手続きが増えるため要注意。
新規会員登録エージェントとの初面談1社につきAmazonギフト券3,000円分全員にプレゼント!

あわせて読みたい関連記事


おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フリーランスで働くエンジニアに役立つ情報を発信しています。
フリーランス求人・案件の選び方や注意点、単価を上げるコツなどをエンジニアスタイル東京の編集部が発信しています。
フォロー・友達に追加していただき最新の情報をGETしてください。