1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. プロジェクトマネージャーの副業は30代でも可能なのか?

プロジェクトマネージャーの副業は30代でも可能なのか?

プロジェクトマネージャーで副業する人は増えている

副業を考えている・やり始めている人は増えている

これまでは副業を禁止とする企業が多くありましたが、働き方改革で副業が良いという企業が増えてきました。正社員の10%程が副業を始めており、40%程が副業に興味があると考えている時代です。副業といってもすぐに稼げるわけではなく、一ヶ月数十円から数万と幅広くおり平均月収は7万弱です。

サラリーマンの平均年収は減っている

日本は、25年というスパンで見てみるとそれほど賃金は上がっていません。1994年と2018年を見てみると4.54%マイナスとなっています。世界で見ても下がっているのは日本だけなのです。最低賃金は上がっているのに収入はなぜ減っているのか、それは税金が上がっているため実際の収入は上がっていないということになります。2007年頃から30代2.1万円、40代3.7万円も減少しています。頑張り時の年齢でこれほど下がっていると全体的に年収は下がるでしょう。

コロナの影響で最近はどんな傾向があるのか

今回の、コロナの影響で副業を考えたり、始めたりする人は増えたと思います。

現代は、異文化の交流やグローバル化が加速して、今回のような感染症が流行するといままでのサラリーマンとして働いていては、外国の方との仕事や課題を乗り越えることが難しく、1つの仕事だけではなく色んな事に対応できるスキルが求められます。

プロジェクトマネージャーで副業できるのは若い人だけではない

即戦力を求める案件が増えている

プロジェクトマネージャーとして重要なのは、スケジュールの管理や技術者の手配、コミュニケーションなど仕事内容は幅広いです。

プロジェクトを見据えて人の配置や予算を考えなければなりません。

これらを見ても初心者がいきなり始めても稼ぐことは難しいでしょう。

副業なので、本業ありきでやることもなかなか難しく、挫折してしまう人がほとんどです。

基本としては正社員として働いて、コミュニケーション力やプロジェクトマネジメント力、状況把握力、交渉力、英語スキルを培わなければなりません。

若い人が全て手に入れるまではなかなかの時間がかかります。

もしITの知識が無いのであれば、プログラマーかSEの仕事をし、そこから社内で昇進や転職でプロジェクトマネージャーをした方が副業として始めやすいかと思います。

PMIが認定している国家資格を取得すし、いくつかのプロジェクトをリリースしてみて周囲からの期待を理解し、プロジェクトを進める力を身に付ける必要があり信頼関係も必要ですが、自分が本当にやりたいことなのか認識することが必要です。

これまでの経験やスキルを活かせる30代のマッチングが増えている

先ほども言いましたが、プロジェクトマネジメント力や状況把握などさまざまな経験やスキルが必要となってくるので即戦力の30代をターゲットにしている。

チームをまとめる力も必要で、外部の人材や他のエンジニアをマネジメントした事がある経験が必要となってきます。

即戦力を求める案件が多く、初心者はなかなか手をつけることができないため経験者がスキルを生かすことができる場となっています。

技術的にも問題を解決する知識が必要になってくるので経験、知識を蓄えなければならないですし、周囲の人間と良好な関係を構築しなかればならないため高い人間力が求められるので30代のマッチングが増えています。

成功だけでなく失敗も経験し、プロジェクトの最善を考え抜いてプロジェクトをゴールに導く必要があります。

プロジェクトマネージャーの副業の案件例

メジャーな案件・多い案件の傾向

プロジェクトマネージャーは 経験者でなければなかなか案件を獲得することは難しいでしょう!ですがその中でも経験を積みたい!やってみたい!といった方に安価で任せる方もいます。クラウドソーシングに登録してみるとさまざまな案件があります。メジャーなものでいうと、商品販売システムの企画や初心者の方でもできるようにシステム導入、マニュアル作成などがあります。

もちろん案件を獲得できるかは自分次第ですが、獲得すれば時給計算で1000円~2000円程は稼げると思います。

ですが大体が1日の稼働時間が決められており、1日2時間なら週10時間と決められていた場合4万~8万程稼げるということになります。

未経験の方も募集していますが、だいたいは経験者を採用するので何も分からず未経験で

応募しても難しいと思います。なので未経験者の方は1番安い単価で、仕事を受注し作業することで、スキルを身に付けて次に生かせることができると思います。

高単価な案件の例

上記はまだ安価なものでしたが、高単価になるとどのくらい稼げるのでしょうか?

高単価で案件が多いものは、要件定義、企画、Webシステム開発などがあります。

開発に合わせ、予算やツールなどの技術選定、人員数などを決定します。

単価が高いので経験者を優遇に採用されますが、スキルと対応力などさまざまな面で活躍が期待されます。

月に10万~30万ほど稼ぐ方もいて、平均で15万ほどで他の副業と比べても高い事が分かります。

ちなみにフリーランスの場合、月100万円を超える事も多く、夢のある仕事だと言えるでしょう。これからプロジェクトマネージャーの案件は増え続け、人材が必要になってくると言えます。

選択肢も幅広く、フリーランスとしても活躍でき副業にピッタリだと思います。

20代(若い人)向けの案件には注意

上流工程の仕事は少ない

プロジェクトマネージャーは、上流工程として要件定義、機能定義、構成定義などがありますが、上流工程の仕事は少なく、あっても20代の若い人には難しく上流工程、下流工程の双方が噛みあって作業をしていかなければならない。

下流工程の仕事は多くあるのですが、 上流工程はあまりなく、下流工程の経験を

積まないと上流工程は難しく、下流工程の経験を積んで、技術を活かせて開発しなければなりません。

そのため20代向けの案件には注意が必要となってきます。

自分のスキルや経験を活かせる案件を探す

副業をする上で重要なのが、自分のスキルや経験を活かせるかどうかだと思います。

スキルや経験を活かせたら、続けることも可能ですし、なによりスキルによって報酬が変わったりするのでスキルを活かせる案件があればその方が良いでしょう。

スキルといっても自分の得意な事は、何か考えなければなりません。

プロジェクトマネージャーは、コミュニケーション力やチームをまとめる力などが必要となってきます。

その上でどの案件が、自分に合っているか、どの仕事なら続けられるかを考えて受注しなければなりません。

色んなことにチャレンジし、自分に合った案件を見つける事をおすすめします。

エンジニアスタイル東京でプロジェクトマネージャーのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/pm

まとめ

副業というと沢山稼げるなどイメージがあるかと思いますが、現実は難しくほとんどの人が挫折しています。

目的とゴールを明確にしておくことで、それを達成するまで続けるという決意になると思います。

  1. 副業は目標設定が重要
  2. プロジェクトマネージャーは、スキル、経験を必要としている
  3. プロジェクトマネージャーは、将来性があり、経験を積めば本業以上の収入
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイルでPMの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件