1. TOP
  2. エンスタマガジン
  3. フリーランス
  4. フリーランスエンジニアが海外で働くメリットとやっておきたい準備と対策

フリーランスエンジニアが海外で働くメリットとやっておきたい準備と対策


はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

エンジニアスタイルは、最高単価320万円、国内最大級のITフリーランス・副業案件検索サービスです。フリーランス・副業案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

はじめに

近年では、働き方改革や働き方に関する価値観も変わりフリーランスエンジニアとして働く方も増えてきました。

そこで、フリーランスエンジニアとして海外で自由に働きたいと思っている方や、海外で働くことに興味がある方もいると思います。

この記事では、フリーランスエンジニアの海外での働き方やメリット、注意点や案件の探し方やおすすめの海外の国までを具体的に説明していきます。

この記事を読むことで、海外でフリーランスとして働くイメージが明確になり、働くために必要なことも知ることができます。

海外×フリーランスで考えられる働き方

海外で求人を探し、現地で働く

求められるスキルとその場所の言語ができれば、フリーランスとして海外で働くことができます。

海外では日本よりもフリーランスとして働くことが一般的になっているところが多いため、国にもよりますがフリーランスとして海外で働くことは難しくないでしょう。また、近年ではインターネットも普及しているため、フリーランスとして海外で働くことは以前よりも簡単になったといえます。

リモートができる日経案件を獲得して海外で働く

海外の案件だけではなく、リモートですることができれば日本国内の案件も獲得することができます。

例えば、クラウドワークスやランサーズなどを利用して海外にいながらも日本の案件を獲得してリモートなどで働くことができます。

フリーランスエンジニアが海外で働くメリット

案件の幅がかなり広がる

フリーランスエンジニアの方が海外で働く場合、先ほどにも述べたように海外の案件だけではなく、日本国内の案件もリモートであれば獲得できるので案件の幅が広がるといえます。

また、海外ではフリーランスで働くことが一般的になっている国も多いので必然的にその国では案件が多いということが言えるでしょう。

年収が上がるケースも多い

一般的に海外では日本よりもエンジニアの価値は高く、単価が高い案件が多く存在しています。なぜなら、日本よりもフリーランスが普及して市場が大きいところが多くスキルがあれば高単価の案件も獲得しやすくなるからです。

例えば、IT大国であるアメリカでは、IT人材が不足していることもありエンジニアをはじめとするIT人材がとても重宝されており、日本よりもかなり高い報酬を期待できます。そのため、高い報酬を求めて世界各国からレベルの高い人材も流入するため、アメリカでエンジニアとして活躍するためにはその分スキルを上げておかなければなりません。

また、これは年収が上がるというわけではありませんが、海外では日本よりも物価の安い国が多いので必然的に日本よりも使うお金を抑えられてお金を貯めることができると言うこともできます。

英語であれば活躍できる幅が広がりキャリアも構築しやすい

英語は世界共通語のためさまざまな国で英語が使われているので活躍できる幅を広げることができます。

また、先ほどにも述べたように海外には世界から優秀な人材を求めている企業がたくさんあります。そういった場所には優秀な人達が集まっているため、もしそこで働く経験をすることができれば、その後の自身のキャリアにとって大きなメリットとなります。日本に戻ったとしても、海外で働いた経験があれば大きなメリットとなりますし、別の国でスキルを生かすということもできます。一度海外のハイレベルな環境で経験を積むと、様々な場所でキャリアを生かすことができます。

海外でフリーランスとして働くことで、日本で働いていたら出会えないような世界各国の優秀な人材と出会うことができます。海外の人と知り合うことで自分の価値観が広がるだけではなく、仕事においても有益な情報を得られることができるでしょう。

フリーランスエンジニアが海外で働く時に気をつけたいポイント

就労ビザを取得すること

海外で働く際には、就労ビザを取得しなければなりません。就労ビザを取得していないと、罰金や強制送還などの大きな問題になる可能性があるため、観光ビザやノービザのまま仕事をしないように気を付けましょう。

また、滞在先での就労ビザがなければ、海外で仕事をすることはたとえ日本の案件であっても違法になってしまいます。税関でスマホ情報開示が認められていてバレる可能性が十分にあるのでしっかりと就労ビザを取得しておきましょう。

フリーランスでも技術、人文知識、国際業務などの要件が合えば就労ビザは取れます。就労ビザ取得のためには、安定した収入の確保や長期の契約、適切な業務内容が可能かどうかなどが主な条件となります。

また、国によってビザの内容や取得条件に違いがあるため、しっかりと調べることが大切です。

ビザの取得は自分でもできますが、ビジネスができるビザとなると通常はかなりの手間がかかるのでエージェンシーに依頼するのが現実的です。

働くことを目的にするのであれば、きちんと初めから適正なビザを取っておくことで安心安全に海外でも仕事ができます。

フリーランスが普及している海外で働く・案件を探す

前述したように、海外では日本よりもフリーランスとして働くことが一般的になっているところが多いため、フリーランスとして海外で働くことは難しくないでしょう。

例えば、アメリカでは本業のフリーランスが占める割合は全就労者数の6.9%であり、日本の本業としてフリーランスとして働く割合は全就労者数の約3%なのでアメリカでは日本よりもフリーランスが普及しています。

また、アメリカでは総合職という概念がなく、専門性が必要となるためフリーランスエンジニアとして働いている方は、その専門性を活かして働くことができます。

そして、フリーランスの人口が非常に多いため周りからフリーランスとしての働き方を学びやすいのはもちろん、フリーランスのための施設や制度も整っています。

ヨーロッパも全体的に日本よりフリーランスの割合が高く、特にドイツのベルリンはIT業界の中で有名です。そして、ベルリンやオランダはフリーランス向けのビザを発行していて、就労ビザの取得が本来よりも簡単にとることができます。

特にドイツは、物価が安いことや英語が通じやすいことや移民が多いことから外国人に対する偏見が少ないことなど生活面でのメリットもありおすすめです。

また、アジアでは特にインド、ベトナム、インドネシア、中国が日本よりも圧倒的にフリーランスの割合が高くなっています。

IT大国として有名であるインドは、特にフリーランスがとても多い国です。ITエンジニアとして教育水準が高く、専門性の高いスキルを持ったフリーランスが多いのも特徴です。

そのため、国際的にも高い競争力を持ち、国内総生産にフリーランスが与える影響も大きいです。女性や退職者などのフリーランスも多く、さまざま人がさまざまな働き方をしながらワークライフバランスを実現しています。

そして、ビジネス先進国であるシンガポールなどでは公用語が英語でクラウドソーシングの平均報酬も高くなっています。また、コワーキングスペースがあるなどフリーランスにとって働きやすい環境も整備されています。

さらにアジアには日本企業の拠点も多いため日本人には働きやすくなっています。

海外で働きたいフリーランスエンジニアがしておきたい対策・準備

フリーランスエンジニアが海外で働くことについて説明してきましたが、無計画で海外で働くというのは大変リスクがあると思います。

そこで、働くとなった際にしておいたほうがいい対策や準備についてを説明していこうと思います。

語学力を磨く

海外となると日本語は通じなく、仕事だけではなく日常生活においても語学力が必要となりますので、支障がないように語学力を磨いておきましょう。

また、ITの最新技術は海外でリリースされることがほとんどで、エンジニアが扱う技術書や指南書もほとんど英語で書かれているため、英語や外国語のスキルがあるともっとさまざまなビジネスシーンで活躍でき、外国語が求められる案件には高単価のものも多いので語学力を磨くことは大いに役に立ちます。

ITの最新技術は、海外でリリースされることがほとんどです。

また、ブラウザのアップデートやシステムトラブルも、英語や外国語で対処を迫られることが少なくありません。エンジニアが扱う技術書や指南書のほとんどが、英語で記述されています。そのため、英語や外国語のスキルがあると、さまざまなビジネスシーンで迅速に対応することができるのです。また、IT業界では海外エンジニアも数多く存在します。日本と外国のエンジニアがコミュニケーションをとり、プロジェクトを展開するときも英語や外国語のスキルが大いに役立つのです。

海外生活へ順応できるようにリスクを把握する

海外生活をするとなれば、日本とは天候や食生活、習慣や文化など様々なものが違ってきます。

海外生活へ順応するためにはこれらの違いを理解しておくことが大切です。

また、海外では日本ほど治安がいい国も珍しいので盗難などに遭わないためにも自分のものの管理などをしっかりすることも大切です。

いきなり現地で働かず、下見にいく

いきなり現地で働くとなると、例えば文化の違いや雰囲気などが思っていたものと違っていたとなった場合、そこで生活するのは困難になるかもしれません。

そういったイメージとのギャップをなくすためにも、調べてみるのもよいですがやはりまずは下見として働く予定の場所へ行ってみるということが確実でしょう。

税金などの現地の法規理解をすること

日本での税金の支払い方法は居住者と非居住者で納税義務が違ってくるため、納税などの理解をしておくことも重要です。

日本を出てから1年以内であれば、居住地は日本とみなされて日本での納税になりますが、1年以上になると非居住者とみなされ海外のその地の税法にのっとって納税することになります。

日本を拠点に仕事をした場合は日本での確定申告と納税が必要になるのですが、海外の会社で仕事をした場合は会社が属する国で納税することになります。そのため、現地の税金に対する法規を事前に理解しておくのがよいでしょう。

英語版のポートフォリオを作成する

海外でフリーランス案件を行うためにとても大切なことが、自分の作品やこれまで手掛けた事業をまとめたポートフォリオを作成することです。ポートフォリオは、仕事を獲得するために重要な役割を担うため、Webデザイナーやエンジニアなどの仕事内容に関わらず作っておくべきです。

海外用に英語でまとめることで案件を獲得しやすくなります。

海外でフリーランスエンジニアをするなら東南アジアが挑戦しやすい

物価が安い

東南アジアは特に物価が安く、東南アジアでフリーランスとして働く人も増加しています。カンボジア、タイ、ベトナムなどは物価が安い上に、Wi-Fiなどのネット環境も比較的整備されているので、フリーランスにとっては働きやすい環境と言えます。

物価が安いと生活費などにかかる費用が抑えられて、経済面での不安を減らすことができます。

また、東南アジアでは日本人が多く住んでいるので、日本人向けのサービスなども充実しているので、暮らしやすい生活環境が整っています。

日本との時差が少ない

東南アジアは日本から飛行機で4時間程度で移動することができ時差も少ないです。

日本への移動もしやすく、時差が少ないことで日本の人とやり取りをするときに日本の時間と近い時間であるためやり取りする相手との時差も少なくなるためリモートなどで日本の仕事もしやすくコミュニケーションもスムーズにできお勧めです。

エンジニアの仕事が国内外問わずに需要がある

エンジニアの仕事は日本でも海外でも需要があり、これからもますます必要とされる職業であるとされています

フリーランス向けのエンジニア求人サイトやクラウドソーシングなどでの高単価な案件がたくさんあるので、スキルがあれば東南アジアに住みながら、日本の案件を獲得することができます。また、東南アジアでは日本企業の拠点も多く、日本人向けのエンジニア求人もたくさんあり、現地の人と一緒に働く機会を得ることができます。

フリーランスエンジニアが実際に海外案件を探す方法

エージェントを活用する

フリーランスエージェントは、営業から契約締結までの業務を代わりに行ってくれるサービスのことです。案件の紹介だけではなく、面談や商談の練習ができるサービスや人脈形成のサポートなどもすることができます。

フリーランスエージェントを利用すると自分で営業などをせずに案件を獲得することができる一方で、手数料がかかるため手取り額が減るというデメリット

があります。

主なフリーランスエージェントを3つ紹介しようと思います。

Midworks 

Midworksは、すべてのサービスを無料で利用することができ、エンジニア向けの高単価の案件を取り揃えているのが特徴です。また、ITエンジニアのキャリア形成や正社員への転職支援など幅広いサポートも行っています。

https://engineer-style.jp/agents/2

レバテックフリーランス 

レバテックフリーランスは、業界でNO.1の規模を誇っていて、案件の多さだけではなく幅広さも特徴となっています。これらの案件の多くは大手企業から直接いただいているため余分な手数料がかからず、高単価となっています。

https://engineer-style.jp/agents/1

フリエン

フリエンは、フルリモート案件も充実しており、幅広い年齢層から支持されています。フリーランスエンジニアを目指す人の中にはもっと収入を増やしたい、本業の仕事とは別に副業として副収入を得たいと考える方も多く、高額案件から短期間のものまで幅広い案件があるのが特徴です。

https://engineer-style.jp/agents/7

Upwork

Upworkは世界最大級のクラウドソーシングサービスです。世界180か国以上から利用者がいます。世界中から様々な案件が集まるので、選べる仕事の量や幅が日本語のサービスとは桁違いに多いです。日本ではなかなか見つけられないプロジェクトなどもきっと多数あると思います。また英語表記のため、ある程度英語が読めることが前提となっています。

freelancer.com

freelancer.comは、英語のフリーランス・クラウドソーシングのマーケットプレイスであり、機能的にはupworkとほぼ同じです。手数料は、upworkでは一企業からの支払金額で決まるのに対して、Freelancer.comでは一律10%となっています。

まとめ

フリーランスエンジニアが海外で働くということについてメリットやポイント、対策などを解説させていただきました。いかがだったでしょうか?

近年では海外でフリーランスエンジニアとして働くということも普及してきているため働きやすく、活躍できる幅も増やすことができます。

また、事前に行きたい国を決め、語学力を磨いたりその国の就労ビザの取得方法などその国についてしっかりと調べてから海外で働くことが大切です。

そして、東南アジアは物価が安い、日本との時差が少ない、エンジニアの仕事が国内外問わず需要があることなどの理由からフリーランスエンジニアとして挑戦しやすいです。

とはいえ、技術と知識を身につけて、フリーランスエンジニアとしての経験も積んでおかなければ、海外でフリーランスとして生活を実現することは難しいかもしれません。海外生活を実現するには、まずフリーランスエンジニアとしての実力を高めることもとても重要なことであるといえます。

海外でフリーランスとして働くことを考えている方は、メリットや注意点を考慮し、さらに準備が整っているかなども考えて決めるといいでしょう。

不安がある方は日本国内でも海外の案件を獲得することもできるため、着実に経験を積んでから海外でフリーランスとして働くことに挑戦してみるのもいいかもしれません。

この記事を読むことで、少しでも海外でフリーランスエンジニアとして働くことへの足がかりや参考となれば幸いです。

新規会員登録エージェントとの初面談1社につきAmazonギフト券3,000円分全員にプレゼント!

あわせて読みたい関連記事


おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フリーランスで働くエンジニアに役立つ情報を発信しています。
フリーランス求人・案件の選び方や注意点、単価を上げるコツなどをエンジニアスタイル東京の編集部が発信しています。
フォロー・友達に追加していただき最新の情報をGETしてください。