1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. Pythonのフリーランスで稼げる事例5選

Pythonのフリーランスで稼げる事例5選

Pythonエンジニアとして働く人は増えている

PHPエンジニアとしてフリーランスで働く人は増えてきています。

その背景を次の項目で説明してきます。

  • フリーランスとして働く人の割合
  • フリーランスが増えている理由
  • コロナの影響でさらにフリーランスエンジニアは増える
  • PHPのフリーランス案件は増えている

それでは解説していきます。

フリーランスとして働く人の割合

そもそも、日本でフリーランスとして働く人の割合は、ここ数年で増えていると言われています。

フリーランス白書によれば、2015年において、労働人口の14%がフリーランスであったのに対して、3年後の2018年には、労働人口の17%がフリーランスを占めているとのことです。

今後もリモートワークの普及などによりフリーランスとして働く人の割合は増えていくと思われます。

フリーランスが増えている理由

では、なぜ最近はフリーランスが増えているのでしょうか。

その理由は以下の2点です。

  • 働き方改革
  • クラウドソーシングサービスの普及

以下詳しく解説していきます。

まず1点目の、働き方改革について。政府が発表した「働き方改革」においては、副業やフリーランスが推奨されています。これにより、フリーランスの参入率が上がってきています。

次に2点目のクラウドソーシングサービスについて。「クラウドワークス」や「ランサーズ」などの大手クラウドソーシングサービスが急速に普及していることで、フリーランスの数も増えてきていると言われています。

コロナの影響で更にフリーランスエンジニアは増える

コロナ禍の影響でさらにフリーランスエンジニアは増えるとみて間違いないでしょう。

そう言える根拠は以下の2点です。

①コロナの影響によりリモートワークの普及

コロナ禍で、リモートワーク制が普及したことにより、より自分のペースで仕事が進められるようになりました。自分の時間を自由に使えるようになり、余剰の時間が生まれることで、フリーランスエンジニアを目指す人が増えているようです。

②コロナの影響により副業、フリーランスで働く人が増加

コロナ禍により、企業の経営が不安定になり、いつリストラされるかわからない、給料も安定しないかもしれない。こういった理由から、新たな収入源を求め、フリーランスエンジニアを目指す人が増えているようです。

以上の理由から、いつ以前のようなコロナフリーの生活に戻れるかどうか、見通しが立っていない状況の中では、さらにフリーランスエンジニアは増えていくと予想されます。

Pythonのフリーランスエンジニアは増えている

フリーランスの増加に伴って、Pythonを扱うフリーランスの案件も増加しています。

近年は、様々なものを自動化したいというニーズが高まっているため、人工知能機能を作成できる言語であるPythonを扱えるエンジニアを求めている企業が増えています。

このような背景から、今後もPHPを扱うフリーランスはこれからますます市場価値が高まっていくと思われます。

Pythonのフリーランスエンジニアとしてお金を稼ぐ方法

そもそもPythonのスキルを持っているエンジニアが収入を得る方法はどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、Pythonのスキルを持っているエンジニアの方が収入を得る方法を解説していきます。

その方法は以下の3つです

  • サービスを立ち上げて一発当てる
  • 副業で稼ぐ
  • フリーランスで稼ぐ

では順に解説してきます。

サービスでを立ち上げて一発当てる

まず、方法としてはサービスを立ち上げて一発当てることが考えられます。

例えば、自分でWEBサイトやアプリケーションを構築し、何かをサービスを販売し、収入を得るということです。

しかしながら、この方法では、収益化までに多大なる時間と費用がかかってしまいます。なぜなら、仮にWEBサイトを構築したとして、そこからサービスの売れ行きが安定するまでにさらに時間と時間がかかってしまうからです。

ですから、相当な自信と能力がある方以外にとっては、非常にコスパの悪い方法になってしまうかもしれません。

副業で稼ぐ

次に考えられる方法としては、副業として稼ぐということが考えられます。

本職の傍ら、空いた時間に副業として取り組むということです。

本職という安定した収入の元で、副業に取り組めるということで精神的に安心することができます。

しかしながら、こちらの方法も、副業に割ける時間が限られているため、自身のスキルアップを目指したり、大きな収入を得るということが難しくなってしまいます。

ですから、短期間でスキルアップや大きな収入を目指したい方は、副業というスタイルはあまり向いていないかもしれません。

フリーランスで稼ぐ

最後に考えられる方法としては、フリーランスとして稼ぐという方法です。

クラウドソーシングサービスを使って、案件を受注して、収益を上げていくということです。

フリーランスの最大の強みとしては、自分の時間を最大限、エンジニアとしての活動に充てられるということが挙げられます。

ですから、短期間でのスキルアップや大きな収入を確実に目指すことができます。

Pythonのフリーランスエンジニアになるとどれくらい稼げるのか

では、Pythonのフリーランスエンジニアとして活動した場合、どれくらい稼ぎを得ることができるのでしょうか。

稼働時間や自分の能力によって、月当たりの収入も変動してきます。

以下の項目で説明してきます。

・実務年数によって変わりうる

・追加のスキルによって変わりうる

それでは解説していきます。

実務年数によって変わりうる

まず、フリーランスとしての実務年数によって、月収も変動します。

仮に、週5日の勤務型の案件だとすると、およそ案件相場としては

  • 経験1年未満:25万円~40万円
  • 経験1年:40万~45万円
  • 経験2~3年:45万円~60万円
  • 経験4~5年:60万円~100万円以上

このように経験年数に比例して案件単価は向上し、経験1年未満と経験4,5年のフリーランスでは、最大で80万円ほどの単価差が生まれることになります。

追加のスキルによって変わりうる

次に、Pythonの他に有しているスキルによっても、月収が変動してきます。

例えば、追加で持っていると案件単価アップに繋がるスキルは次のようなものが挙げられます。

  • SEOの知識
  • マーケティングの知識
  • チームマネジメント経験
  • 案件に関わる業界の専門的知識

このような知識・スキルを有していると、Pythonではまかなえない領域に対しても提言を行うことができ、結果として案件単価アップにつながります。

Pythonで稼げる事例5選

ここまで、読んできた方の中には、「具体的にPythonのフリーランスはどのような案件があるのか知りたい」と思っている方もいるでしょう。

ここからは、以下の項目でPythonで稼げる案件を5つ紹介していきます。

  • Ai関連の案件
  • アプリケーション開発
  • ゲーム開発
  • ビッグデータ分析
  • スクレイピング

では解説していきます。

AI関連の案件

まず、代表的な案件としては、AI関連があります。

具体的には、機械学習や深層学習(ディープラーニング)などのAI(人工知能)技術を必要とする案件に関わっていくことができます。

以下、単価や求められるスキルなどをまとめておきます。

  • 単価:40万~60万
  • 経験年数:半年~
  • 必要スキル:データベース言語のSQLの知識など

AI技術は年々ニーズが高まっている分野なので、Pythonのスキルがあれば市場価値の高い人間になることができるでしょう。

アプリケーション開発

次に、代表的な案件としては、アプリケーション開発があります。

具体的には企業が社内で用いる、WEBアプリケーションの開発を扱う場合があります。

以下、単価や求められるスキルをまとめておきます。

  • 単価:40万~70万
  • 経験年数:1年~
  • 必要スキル:kivyというフレームワークなど

テレワークの普及もあって、社内ツールを自動化していこうとする企業も年々増えているので、Pythonを扱うことが出来れば、非常に重宝される人材になることができるでしょう。

ゲーム開発

次に、代表的な案件としては、ゲーム開発があります。

具体的には、スマホやタブレットでできるソーシャルゲームの開発に関わることが多いです。

以下、単価や求められるスキルをまとめておきます。

  • 単価:40万~50万
  • 経験年数:1年~
  • 必要スキル:ゲーム開発のために必要なフレームワーク

スマホやタブレットが普及したことにより、若い世代からのソーシャルゲームの需要はすさまじいものです。

Pythonを扱うスキルがあれば、需要の多いゲーム開発に関わることができるでしょう。

ビックデータ分析

次に、代表的な案件としては、ビックデータ分析があります。

具体的には、金融業界、医療業界、IT業界などが扱う、膨大な量のデータをPythonを用いて分析するというものです。

以下、単価や求められるスキルをまとめておきます。

  • 単価:50万~80万
  • 経験年数:1年~
  • 必要スキル:関わる業界の専門的知識

ビックデータ分析が同様に可能な他のプログラミング言語と比べても、Pythonは効率的にデータ分析ができることが知られています。なので、Pythonを身に着けておいて損はないと思われます!

スクレイピング

最後に代表的な案件としては、スクレイピングがあります。

スクレイピングとは、WEBサイトからHTMLを通じて情報を取得し、それをデータベースに格納可能な状態にする技術のことです。

以下、単価や求められるスキルをまとめておきます。

  • 単価:50万~70万
  • 経験年数:半年~
  • 必要スキル:import機能

こちらも難易度の高いスキルとなっており、Pythonを用いることができれば非常に市場価値の高い人間になることができるでしょう。

Pythonで稼ぐためにすべきこと3選

ここまで、代表的なPythonの案件を紹介してきましたが、案件を獲得するために必要な工程も存在しています。

案件を実際に獲得できるようになるまでの流れをまとめました。

以下の項目で解説していきます。

  • プログラミング学習
  • その他の言語も習得する
  • 案件探し

それでは解説していきます。

プログラミングを学習

まずは、Pythonのスキルを正確に学習していくことが、フリーランスとして収入を得ていくことに必要不可欠です。

正しいスキルを習得していなければ、実際に案件を獲得したとしても、エラーを重ねて、作業効率が落ちてしまう、場合によっては納期に間に合わないというケースを招きかねません。

独学なり、プログラミングスクールに通うなりして、正確なスキルを習得するように努めましょう!

その他の言語も習得する

次に必要なこととしては、他のプログラミング言語を習得するということです。

なぜ必要なのかというと、様々な案件において他のプログラミング言語を習得していると可能な領域を任されて、それにより案件単価を上げてもらえることがあるからです。

時間と収入と相談する形にはなりますが、未来への投資と考えて、他のプログラミング言語も習得してみてはいかがでしょうか。

案件探し

最後に、必要なのが案件探しです。

Googleで「Python 案件」と検索すると、数多くのサイトがPythonフリーエンジニア向けの案件を紹介してくれています。

自分に合っており、高単価な案件を見つけることも可能なのではないでしょうか。

エンジニアスタイル東京でPythonのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/python

まとめ

フリーランスが増えている今、特にPythonのフリーランスエンジニアの需要が増えています。正しい相場情報を理解して、フリーランスとして活動する際の参考にしてください。

以下に、本記事の要点を3つまとめます。

  1. Pythonフリーランスエンジニアは増えてきている
  2. 経験年数やスキルでは月100万円を目指すことも可能
  3. 様々な種類の案件が存在する
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でPythonの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件