1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. ITコンサルタントの副業は本当に稼げるの?

ITコンサルタントの副業は本当に稼げるの?

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとは雇われた企業の経営戦略に沿った戦略を立案し、社内システムなどの最適化を図る仕事です。IT戦略の策定・新システムの導入提案・既存システムの問題点の改善提案まで行います。

クライアントから経営戦略、業務フローなどについてヒアリングし、手に入れた情報を整理・分析し、企業の課題を浮き彫りにします。そして課題に対して主にITの力で解決すべく、具体的な提案を行います。

簡単にまとめると「IT企業の現状課題を解決するためにアドバイスをしていく」のが仕事とイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

【補足】アドバイスが仕事なので実務はしない

ITコンサルタントの役割はクライアントとなった企業がもつ課題を解決することなので、実務はしません。

つまり経営課題を解決するために「こんなシステムを導入したほうがいいよ」と提案をするものの、システムそのものを自分で作ったりはしないのです。

ITコンサルタントに必要なスキルと本業にした場合の年収

ITコンサルタントはプロジェクトの全体的な統括及びアドバイスを求められるため、それに見合うだけの幅広い知識とスキルが必要です。

クライアントの問題点を正確に把握するための理解力は必須であり、顧客の問題点を引き出すための効果的なコミュニケーション能力も欠かせません。

また、クライアントの要望に沿ったアドバイスをするためにはシステムだけでなく、ハードウェア、ネットワークなど、ITに関する幅広い知識が必要です。

実務を担当することになるシステムエンジニアに匹敵する開発知識は必須ではありません。

しかしシステム構築ができるだけの経験やスキルがあれば、より良いアドバイスができるはずです。

論理的思考力と自分が考えたアドバイスをクライアントに伝えて納得してもらうためのプレゼンテーション力も求められます。

さらにリーダーシップも必要です。プロジェクトには多くの人が関わるため、スタッフをまとめる力がなければうまく仕事をこなすことができないでしょう。リーダーシップ能力もITコンサルタントが身につけておくべき必須スキルです。

ITコンサルタントの年収

ITコンサルティングを副業ではなく本業で本格的になった場合、どの程度の年収になるのでしょうか。

IT業界の中でも高いスキルを求められる職業の一つなので、20代は500万円、30代は730万円とかなり高い年収です。

個人のスキル次第ですが、大企業で働くITコンサルタントの中には年収1000万円を超える人も珍しくありません。

専業フリーランスとして、年収1000万円以上を稼いでいるケースも少なくありません。

優秀なITコンサルタントは不足しているので、今後も高い報酬を支払われる傾向は続くでしょう。

ITコンサルタントを副業でするとどれくらい稼げる?

ここまではITコンサルタントを本業としてやった場合の年収について紹介しましたが、副業で行った場合どれくらい稼げるのでしょうか?

フルタイムの場合、20代で500万円、30代で730万円、大企業で1000万円が基準になるので、副業になるとそこまで達する事はないでしょう。

そもそも副業でITコンサルタントをする場合、基本的にはフリーランスで行うことになります。

フリーランスでITコンサルタントをするなら、自力で集客する必要があり、集客先はTwitterやウェブサイトが中心です。

ただ、この集客が思いのほか困難を極めます。

Twitterもフォロワー1000人を超えてくると月に2〜3回は問い合わせが出ます。

しかしTwitter経由のクライアントは多くの予算を出さないケースもあります。場合によっては成功報酬も突きつけてきます。

数万円しか出せない場合もあるので、どれだけの案件を重ねても月10万円に満たたないことが多いです。

またウェブサイトで集客しても、なかなか結果には結びつきません。

まずITコンサルタント関連のキーワードで上位表示することが難しいですし、仮に多くの人にアクセスしてもらえるようになったとしても問い合わせにまで至らないことが多いです。

つまりはウェブサイトに書いてある情報だけで満足してしまい、ITコンサルタントはいらないと思われるケースが多いのです。

このように副業でITコンサルタントをしたら集客に困るのと客単価が低くなる観点もあるので、運良く行ったとしても年収150万円位が限度なのではないでしょうか。

もちろん集客がうまくいったり、客単価が高いクライアントを掴めたりすると話は変わってきますが、たいていは本業の半分以下になると覚悟しておいてください。

エンジニアスタイル東京でITコンサルタントのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/it-consultant

ITコンサルタントを副業でするために必要な要素

先ほどはITコンサルタントを副業でした場合の収入について紹介してきましたが、具体的に副業でITコンサルタントをする場合、どのような要素が必要なってくるのでしょうか。

資格とスキル

まずはITコンサルタントしての知識とスキルがなければ話になりません。

コンサルタントとしての箔をつけるためにも「ITコーディネータ」や「プロジェクトマネージャー(PM)」を取るケースが多いです。

どちらも難関の資格なので事前に対策のための時間をかなり費やさないければいけません。

「中小企業診断士」もITコンサルタントとして必要な資格といえます。

国家資格であり、企業が成長するためにはどうすれば良いのかなどの知識をつけた人という肩書がつきます。

経営に関する知識は、クライアント企業の課題を吸収するために必要な能力なので獲得するのは大変ですがなるべくチャレンジをしておきたいところです。

なお具体的なスキルとしてはプログラミングやコミュニケーションスキルが必要です。

またプレゼンテーション資料なども自分で作らなければならないので、パソコンのスキルも必要になってくるでしょう。

集客手段

先にも紹介しましたが、集客手段がないと話になりません。TwitterなどのSNSやウェブサイトを作っておく必要があります。

副業の場合はどれだけ集客できるかが非常に重要なので、いくつかの集客手段を用意しておくべきでしょう。

なお、用意したからといってすぐに集客ができるわけではないので注意が必要です。

SNSはフォロワーが増えないと意味がないですし、ウェブサイトはGoogle検索で関連キーワードにおいて上位表示できなければいけません。

そのためITコンサルタントとして副業をする際はある程度集客という準備期間が必要だと理解してください。

どうしても集客を省きたい場合はクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを使うのも良いでしょう。

もしくはスキルをお金で購入することができる「ココナラ」や「タイムチケット」を使うのもいいかもしれません。

これらは利用することに手数料はかかりますが、SNSやウェブサイトで1から集客するよりも効率的にクライアントを呼び込むことができます。

まとめ

ここまで、ITコンサルタントがどのようなもので、副業にした場合どれくらい稼げるのか、そしてどうすれば稼げるようになるのかを紹介してきました。

最後に本記事のまとめを書いているので、復習に役立ててください。

  1. ITコンサルタントは本業にすると年収1000万円位稼げる場合もある
  2. ITコンサルタントは副業ですることも可能だが集客で苦戦することも多く、年収150万くらいになる
  3. ITコンサルタントには必要な知識とスキル資格が多い
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイルでITコンサルタントの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件