1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. スマホアプリエンジニアの副業の相場・平均単価とは?

スマホアプリエンジニアの副業の相場・平均単価とは?

副業の現状

まずは副業の現状について、今現在どのくらいの人が副業をしているのか、コロナ禍の中で副業にどんな影響があるのかなど解説していきます。

副業を考えている・始めている人は増えている

リクルートワークス研究所の調査によると、副業を考えている・始めている人の数は増えていってます。

  • 考えている人:2002年は約330万人、2012年は約360万人
  • すでに始めている人:2002年は約250万人、2012年は約230万人、2017年は約270万人

すでに始めている人の数は一時期減っていましたが、現在は増えています。副業を始める主な理由は、生計を維持するためや自由に使えるお金が欲しいなどと様々です。

参考:ニッセイ基礎研究所 副業は日本社会に定着するだろうか – 副業の現状や今後の課題 –
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=58283?pno=3&site=nli#:~:text=%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80%E3%81%8C,%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%82

リクルートワークス研究所 副業(2020年5月版) 
https://www.works-i.com/column/teiten/detail014002.html

サラリーマンの平均年収は減っている

副業を考えている・始めている人の数が増えている要因として考えられるのは、サラリーマンの平均年収が減っていることが考えられます。1999年の461.3万円を最高に2009年には405.9万円と減少していおり、2018年には440.7万円と盛り返してきているものの、1999年よりは見劣りします。このような理由から本業以外でも稼ぐために、副業に意欲を持っている人が増えたと考えられます。

参考:年収ガイド サラリーマン・一般の年収 

https://www.nenshuu.net/salary/contents/heikin.php

コロナウイルスが副業に与える影響

コロナウイルスは少なからず副業に影響を与えており、副業に関心を持つ理由の1つと考えられます。コロナウイルスによって収入が減少した人は全体の31.2%を占めており、今後の生活に不安を感じている人の割合も増えています。その中で在宅する人の割合が増えて、本業以外にも家の中でできる副業を始めた人が増えています。在宅時間が増えたことで始める副業で1番人気なのが、フリマアプリです。

参考:MMD研究所調査 https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1883.html

スマホアプリエンジニアの副業でぶっちゃけどれくらい稼げるの?

まずはスマホアプリエンジニアの副業がどのくらい稼げるのか解説していきます。

本業で会社に勤務する場合

副業ではありませんが、本業でスマホアプリエンジニアとして会社に勤務する場合、平均年収は451万円になります。まあ、会社はプロジェクトにより多少の違いはあるものの、同じIT分野である「ITスペシャリスト」や「カスタマーサービス」に比べると、スマホアプリエンジニアのほうが収入が高い傾向にあります。こういった点から、IT業界に興味のある人はエンジニアのほうがおすすめかもしれません。

参考:IT技術者向けスキル診断 2016年度調査レポート 

https://www.isrf.jp/home/event/chousa/docs/2016skillreport_it.pdf

業務委託契約で仕事をする場合

副業でスマホアプリエンジニアをする場合、クライアントと業務委託契約をする場合が多く、直接やりとりをすることもあります。交渉次第で報酬も変わっていきますが、報酬例は以下のようになります。

  • カレンダーのアプリ開発:150万円(1ヶ月半の仕事)
  • ソーシャルゲームのアプリ開発:300万円(3ヶ月の仕事)
  • ハードウェアのアプリ開発:600万円(半年の仕事)

このように業務委託契約で仕事をする場合、会社で仕事するときと異なり完全出来高制になることが多いので、仕事の内容が大きほど収入が多くなります。

その他の収入

スマホアプリエンジニアの場合、アプリの開発以外にも収入を得る方法はあります。例えば自身が開発したアプリをAppleStoreで500円で販売したとします。仮に1000人にダウンロードされれば50万円の売上になり、AppleStoreに3割程度支払うとしても35万円になります。このようにスマホアプリエンジニアはアプリを開発するときに収入を得ることはもちろん、自身が作ったアプリが売れ続ければ継続的な収入になります。

スマホアプリエンジニアの求人傾向

ここからは、スマホアプリエンジニアの求人傾向について解説していきます。

Pythonの使う求人が多い

アプリエンジニアの求人の特徴として、プログラミング言語の中でも人気の高い「Python」を使う求人が多い傾向にあります。Pythonはメンテナンスしやすい機能の開発に向いており、他のプログラミング言語よりも単純で書きやすく、開発しやすいのが特徴です。

なので副業でスマホアプリエンジニアを目指したい方は、とりあえずPythonを勉強しておくと安心でしょう。

アプリ開発以外のスキルも時には必要

やはり稼げるスマホアプリエンジニアになるにはアプリ開発の技術はもちろん、それ以外のスキルも持ち合わせていると、他のエンジニアとの差別化を図ることができ、多く稼げる可能性も上がります。

アプリ開発以外の持ち合わせておくと良いスキル

  • アプリをリリースするまでの流れや配布の方法
  • プラットフォームのアカウント管理
  • アプリに特化した仕様書の作り方
  • アプリマーケティングに関する知識

もちろんこれらすべてを覚えておく必要はありませんが、開発以外の業務でいかに仕事ができるのかアピールするのも大切です。

スマホアプリエンジニアの案件相場・平均単価

スマホアプリエンジニアの案件相場や、平均的な単価を紹介します。

スマホアプリエンジニアの平均単価は45万円〜115万円

スマホアプリエンジニアの平均単価は45万円〜115万円で、比較的幅広く価格は設定されています。単価はエンジニアの経験やスキル・実績が物を言うので、実績があればあるほど高単価な案件を獲得することが可能です。スマホアプリエンジニア歴が1年未満で100万円以上の案件を獲得することは難しいですが、不可能ではないので、コツコツ実績を作ることが大切です。

Androidエンジニアは需要が高く案件数も多い

スマホアプリエンジニアの中でも、Androidアプリに特化したエンジニアは需要が高く案件の数も比較的多いです。しかしながら相場は平均よりも低く、週5で常駐する場合25万円〜85万円になります。さらに副業の場合は週5で常駐することが難しいと思うので、もっと低くなる可能性もあります。そのため案件選びには注意しましょう。

エンジニアスタイル東京でスマホアプリエンジニアのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/appli-enginner

どうすれば単価を高くできるのか?

スマホアプリエンジニアに限らず、クライアントを仕事をする副業では案件の単価を上げることがたくさん稼ぐためのかぎになります。副業は特に本業ほど時間がとれないので、少ない時間でも稼げるように単価を上げらければいけません。そこでここからは、スマホアプリエンジニアとして稼ぐための単価アップのコツを解説します。

マネジメントスキルを持つ

アプリを開発するときは、当たり前ですが1人で作業するのではなくチームで作業します。その中でスマホアプリエンジニアは作業全体をマネジメントする役職になることが多いので、マネジメントスキルは必須になります。このスキルは読書をしたり、実際現場で作業してみないと身につくことはないので、働きながらスキルを身につけましょう。

資格を取る

スマホアプリエンジニアで副業する場合、資格を取っておくと収入アップに繋がります。取るべき資格は同じスマホアプリエンジニアでも用途によって異なり「基本情報処理技術者試験」や「システムアーキテクト試験」など様々です。特に基本情報処理技術者試験はエンジニアとしての基礎知識があることを証明できるので、スマホアプリエンジニアを副業でしたいのであれば、取得しておくことをおすすめします。

使用できるプログラミング言語の数を増やす

アプリを開発するときに使うプログラミング言語は様々で、使える言語が多いほど参加できる案件も増えます。特にJavaやC言語などのオブジェクト指向のプログラミング言語は、大規模な開発に使うことがとても多く、案件相場も高いです。こういった点から使えるプログラミング言語の数が多ければ多いほど幅も広がり、収入アップにも繋がります。

スマホアプリエンジニアで副業する際の注意点

スマホアプリエンジニアに限らず、副業をする際の注意点を紹介します。

会社の規則や確定申告について把握する

まずは現在就職している会社が副業をして良いのか確認しましょう。副業OKの会社であれば問題はありませんが、副業をしてはいけないのに副業をしてバレてしまうと、解雇になる可能性もあります。このようなことにならないように、就職している会社の規則をしっかり確認しておきましょう。さらにスマホアプリエンジニアに限らず副業での収入が20万円を超えると、確定申告が必要になるので、スマホアプリエンジニア以外のことも勉強しておくことが大切です。

エンジニアの副業はリスクも高い

エンジニアとして副業をする場合、会社で仕事するのとは違い、自分自身でクライアントと直接契約して仕事をします。そのため契約違反などをしてしまった場合、訴訟や賠償金を求められたりなど、自分自身で弁護士を雇い対応しなければいけないこともあります。

そうならないためにも契約する前の確認事項をしっかりとチェックし遵守しましょう。

まとめ

ここまでスマホアプリエンジニアとして副業をする場合、案件相場や収入アップのコツ・注意点などを解説してきました。最後に本記事のまとめを書いているので、学習に役立ててください。

  1. サラリーマンの平均年収は年々減っており、副業に興味を持つ人は増えている
  2. スマホアプリエンジニアの需要は高く、JavaやC言語といったプログラミング言語を使う案件は単価が高い
  3. エンジニアの副業は契約違反ををしたときのリスクが高いため、ルールを必ず遵守すること
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でスマホアプリエンジニアの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件