1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. JavaScriptのフリーランスは30代でも可能なのか?

JavaScriptのフリーランスは30代でも可能なのか?

JavaScriptでフリーランスする人は増えている

日本において、フリーランスとして働いている人は増加傾向です。副業フリーランスを含めると約1,000万人以上、専業フリーランスだけでも300万人もの人がフリーランスとして働いています。今や、フリーランスという働き方は珍しくありません。

(参照:https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/07seisakukadai17-0.pdf

今まではサラリーマンであれば人生安泰と言われてきましたが、残念ながらサラリーマンの平均年収は減ってきています。最近では、ANAなどの大企業の航空会社でさえもコストカットを始めています。

(参照:https://nensyu-labo.com/fireworks/heikin_suii26.gif

新型コロナウイルスの影響で経営状況が厳しい企業が増えたこともあり、フリーランスという働き方は以前にも増して注目を浴びています。この記事では、JavaScriptエンジニアのフリーランスは30代でも可能であるのかについて解説いたします。

JavaScriptでフリーランスできるのは若い人だけではない

JavaScriptエンジニアとしてフリーランスで働けるのは、決して若い人だけではありません。30代でも、JavaScriptエンジニアとして働くことは十分可能です。ここでは、30代のJavaScriptエンジニアが若い人に比べて有利な理由を紹介いたします。

即戦力を求めるJavaScript案件が増えている

JavaScriptというプログラミング言語は、応用の幅がとても広いです。JavaScriptはプログラミング言語の中では始めやすい言語でもあるので、副業でJavaScriptを始めようという人は多く存在します。しかし、そのような副業で片手間でJavaScriptをやっている人たちでは経験が足らないため、即戦力を欲しているクライアントは多いです。

30代のJavaScriptエンジニアであれば、それ相応の経験を積んでいるはずです。そのため、即戦力として活躍することができるのでとても重宝されます。

例えば、JavaScriptエンジニアとして長年働かれている人の中で、PHPやRubyなどの言語スキルを習得している人もいるかと思います。そのような人はサーバーサイドの開発もできるため、大きな武器になります。

転職において年齢が足かせになることはありますが、フリーランスであればスキルを求められるので、むしろ30代のJavaScriptエンジニアが欲しいというクライアントも多いです。

これまでの経験やスキルを活かせる30代のマッチングが増えている

30代でJavaScriptエンジニアとして活躍されている方は経験やスキルが豊富です。そのような方は即戦力として期待できるため、30代のマッチングが増えています。何度も言いますが、フリーランスであれば30代は負の要素になるどころか武器にもなり得ます。

年齢が理由でフリーランスになることを踏み切れない方もいるかもしれません。しかし、培った経験やスキルを活かせるため、30代のマッチングが増えているという事実はとても重要です。

即戦力を期待するクライアントが増えているため、30代のJavaScriptエンジニアは引く手あまたです。仕事が見つからなかったらと心配に思う人もいるかもしれませんが、それは杞憂です。

JavaScriptのフリーランスの案件例

JavaScriptのフリーランスの案件例についてご紹介いたします。JavaScriptは応用できる範囲が広いため、様々な案件が存在します。これを読めば、メジャーなJavaScriptのフリーランスの案件や高単価な案件の例を知ることが可能です。

JavaScriptのフリーランスのメジャーな案件の傾向

まずは、JavaScriptのフリーランスのメジャーな案件の傾向について解説いたします。メジャーであるが故に単価は安いですが、フリーランスとして働き始めたばかりでも受注可能な案件の例を知ることが可能です。

JavaScriptのフリーランスのメジャーな案件として、中小規模のWebサイトのコーディング案件が挙げられます。JavaScriptを用いて、ブログやWebサイトなどのコーディングを担当します。

フリーランスのJavaScriptエンジニアとして特別必要なスキルはないので、これからフリーランスのJavaScriptエンジニアとしてやっていこうという人にもおすすめの案件です。誰にでもできてしまうために単価は残念ながら安いですが、その分気軽に始めることができる案件と言えます。

JavaScriptのフリーランスで高単価な案件の例

次に、JavaScriptのフリーランスで高単価な案件の例をご紹介いたします。先程の案件と比べると求められるスキルは高いですが、その分案件の単価は高いです。フリーランスのJavaScriptエンジニアとして経験を積んだ人におすすめの案件と言えます。

JavaScriptのフリーランスで高単価な案件の例としては、サーバーサイドの開発に携わる案件が挙げられます。サーバーサイドの開発に携わる案件では、それに対応したJavaScriptのフレームワークが必要であったり、RubyやPHPなどの言語スキルが必要であったりします。

JavaScript以外の知識が必要であったり、JavaScriptの中でも特殊な技術が求められるため、その分案件の単価は高い傾向にあります。フリーランスのJavaScriptエンジニアとして働くことになれてきたら、このような案件にも挑戦することで高収入が見込めます。

他にも、JavaScriptはWebデザインに応用することもできるのですが、デザインの知識があれば単価のアップが狙えるでしょう。デザイン設計に知見のある人は、そのようなJavaScriptの案件を探してみるのも一つの手です。

20代(若い人)向けの案件には注意

30代のフリーランスのJavaScriptエンジニアが案件を探す際に注意すべき点がいくつかあります。特に、20代向けの案件には注意して下さい。20代向けのJavaScriptの案件には、以下のような特徴があるので応募する際に避けましょう。

上流工程の仕事が少ない案件

クラウドソーシングなどで案件を見つける際に、JavaScriptを習得したての20代向けの案件も多く存在します。30代でJavaScriptの経験を積まれた方であれば、そのような案件をこなす意味はあまりありません。

上流工程の仕事が少なく、単なるJavaScriptのコーディングしか求められていないような案件には注意して下さい。当たり前ですが、20代向けの案件はそれ相応の単価であるため、自分の機会損失にも繋がります。

自分のスキルや経験を活かせる案件に応募することが重要

30代でJavaScriptエンジニアとして活躍されている方であれば、サーバーサイドの開発スキルやデザイン設計のスキルを持ち合わせている人も中にはいるでしょう。そのような人は、自分のスキルや経験を活かすことの出来る案件に応募することが重要です。

フリーランスであれば、自分がやる仕事を選ぶことが可能です。そのため、自分のスキルや経験にあった案件を選ぶことで、収入の増加にも繋がります。サラリーマンであれば与えられた仕事をこなすしかありませんが、フリーランスであれば自分で考えて案件を選ぶのも重要です。

エンジニアスタイル東京でJavaScriptのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/javascript

まとめ

JavaScriptのフリーランスは30代でも可能です。むしろ、30代であれば経験やスキルがあるため、即戦力として期待されることも多いと言えます。年齢を理由にフリーランスになることを躊躇っている人もいるかもしれません。しかし、フリーランスにおいて年齢はウィークポイントどころか武器にもなり得ます。

30代のJavaScriptエンジニアは若い人向けの案件に注意してください。案件の単価が安いため、本来得られるはずであった収入の機会損失にも繋がります。30代のフリーランスのJavaScriptエンジニアは特に、自分のスキルや経験に応じた案件に応募することがとても重要です。

  1. JavaScriptのフリーランスは30代でも可能
  2. 30代のフリーランスは即戦力として重宝される
  3. 30代のJavaScriptエンジニアは若い人向けの案件に注意
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でJavaScriptの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件