1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. C++の副業は本当に稼げるの?

C++の副業は本当に稼げるの?

C++の副業は本当に稼げるの?

この記事を読まれている多くの方が、「C言語++の副業は本当に稼げるの?」「将来的に収入は伸びるの?」と思っている方がほとんどだと思います。今回はそんな方の為にC++言語は本当に稼げるのかについて収入の増え方や初心者の方の副業としての始め方について解説します。

副業の現状

2020年現在副業を始める人は続々と増えています。理由としては、「将来の事を考えた時の為の貯蓄」や「自由に使えるお金を増やしたいなど」それぞれありますが、大きな理由の一つとして「サラリーマンの年収が年々減っている」事があげられます。

平成26年には、サラリーマンの平均年収は361万4000円まで下がっていて現在も減少傾向にあります。他にも最近は新型コロナウイルスの影響でリモートワークや、派遣切りなどの影響を受けて副業を始めたり、考える人も増えています。

【参照】副業増加データ

https://www.works-i.com/columnぬ/teiten/detail014002.html

【参照】サラリーマンの年収減少データ https://www.nenshuu.net/m/salary/contents/kaikyuu.php

そもそもお金を稼ぐ方法

一言に副業と言っても様々な種類がありますが、その中でもオススメの方法の一つが、C++言語スキルを習得しフリーランスマッチングアプリやインターネット上の募集サイトから案件を獲得する方法です。

例えばあなたが、週5日・8時間勤務で土日が休日の会社員としましょう。この場合、平日2時間・休日8時間を副業で稼働したとすると、週に26時間は副業をする事が可能です。

副業初心者にも案件のとりやすいオススメのサイトとして下記の3つがあります。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

いきなりフリーランスなどに独立すると、以下のようなリスクを抱えることになります。

  • 仕事が安定しない
  • 健康保険や国民年金の支払いが全て自分
  • 確定申告を自分でしなければならない。
  • 高い自己管理能力が求められる

そのため、「会社員で安定した収入を得つつ副業で少しずつ収入を増やしていく」と言った働き方が安定+収入増加となって1番精神に負担をかけず、なおかつ自分のペースを保ちながら収入を増やしていく事ができるため、おすすめです。

C++言語の副業における3つのメリット

C++言語の副業のメリットとして主に以下の3つが挙げられます。ここでは特にオススメの理由を3つほど説明します。

1.スキルアップ

1つ目のオススメ理由がスキルアップをする事で、自身の価値を高め、転職する時にプログラミング会社を候補に出来たり、会社で重要な人材となりそれに伴って役職がついたりします。

2.収入アップ

続いてのメリットが収入アップです。

C++言語は、インターネット上で募集している案件が多く覚えたての方でも比較的案件は獲得しやすく、初月で、5〜10万円稼ぐ人も珍しくはありません。また、続けていく事で良い案件を見つけたり、クライアントから高い評価を得る事で単価UPの交渉も可能です。

3.仕事のコネクションができる

最後のオススメ理由が、副業がきっかけで独立ができるかもしれない点です。副業で獲得した案件を丁寧にこなすことで、クライアントから評価され長期依頼のお仕事を任される事も多々あります。そういった長期依頼のクライアントの方を増やしていくことで、将来的に独立も可能です。

C++言語の副業は具体的にどれくらい稼げるの? 

1.まずは副業で月に10万円を目指す

初心者の方はまず月に10万円稼ぐことを目標にしましょう。はじめは、応募しても案件が取れなかったりしますが、数をこなすことで2.3件は契約が取れると思いますので、最初はガンガン応募してみるのがおすすめです。

単価5万円程度の案件はゴロゴロあるので、まずは1ヶ月で1案件をこなす程度で、なれてきたら複数同時に案件を受けるだけで、あっという間に月10万円を超える収入が得られます。

2.高単価案件に絞って応募をすれば、副業で30万円くらいは稼げる

単価数万円の仕事を受注して、ある程度の実績(20〜30件)を納品する頃には仕事の受注の仕方や作業にも慣れてきた頃かと思います。

そしたら次のステップとして、高単価案件に絞って応募しましょう。クラウドソーシングサイトの応募表示には、歓迎スキルの欄があるかと思いますが、そこに表記されているスキルを確認して、出来そうだと思った高単価の案件には迷わず応募しましょう。単価10万円くらいの案件が目安です。

もう一つは長期依頼継続を受け持っている方は、クライアントに単価UPの交渉をしてみましょう。単価を7〜10万円にしてもらうのが理想です。作業をこなすうちに継続依頼は増えていくので、複数ある案件のうち1番単価の低いクライアントに絶えず単価UPの交渉をして、少しずつ単価を底上げする事で月30万円稼ぐ事も十分可能です。

3.他言語のスキルや経験があれば、100万円以上稼ぐことも可能

C++言語だけでなく、JAVAやRuby、PHPのスキルや経験があったり、C++言語だけでも5年以上の開発経験があれば月収100万円を目指すのも夢ではありません。Web上に公開されている大企業の案件は1件50万〜100万円の案件がゴロゴロと転がっています。そういった案件に積極的にアピールする事で能力が認められ案件を受注をする事で月収100万円を目指すのも夢ではありません。

C++言語のの副業の案件相場・平均単価

C++言語の相場単価として、開発経験1年で約25万円5年以上になると約85万円程度の収入を得ています。高収入の案件は、上流工程の開発経験や大規模なシステム開発の経験に加えて、受注案件の専門知識や経験が必要なるパターンが多いです。

低収入の案件としては、仕様がある程度固まっていて、システムの組み込みや、飲食店のタッチパネル式の注文開発などがあげられます。

上記でも少し解説しましたが、大手企業から募集をかけている案件は、高単価な物が多いです。逆に、フリーランスマッチングアプリや、個人で仕事を請け負うと安くなるケースが多い傾向にあります。

【参照】全体の統括データ https://freelance-start.com/articles/44#title1

エンジニアスタイル東京でC++のオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/c++

まとめ

今回は、C++言語は副業で稼げるのか?についてまとめましたが、以下の3点を覚えといて頂ければ問題ないかと思います。

 

  1. 本業+副業で始めるのがオススメ
  2. 大企業から案件を受注する事を目指す
  3. 単価は徐々に上がり継続すればC++言語のスキルで生活(独立も可能)

気になった方は是非副業を始めてみて下さい。

CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件