1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. Webディレクターの副業の案件おすすめランキング

Webディレクターの副業の案件おすすめランキング

フリーランスの現状

Webディレクターのフリーランスの案件についてお話しする前に、まずはフリーランスの現状についてご紹介いたします。

フリーランスをやり始めている人は増えている

日本において副業フリーランスは増えていますが、それに隠れて専業フリーランスで働く人の割合も増加傾向です。副業フリーランスを含めるとその人口は1,000万人、専業フリーランスだけでも300万人を超えています。

(参照:https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/07seisakukadai17-0.pdf

サラリーマンの平均年収は減っている

社会保障費の負担増加などが原因で、サラリーマンの平均年収は減少傾向にあります。そのため、サラリーマンであれば人生安泰とも言えなくなってきました。

(参照:https://nensyu-labo.com/fireworks/heikin_suii26.gif

コロナの影響で大打撃を受ける企業も

新型コロナウイルス感染症の影響により、ANAなどの大企業でさえもコストカットを行い、副業の推進を始めました。新型コロナウイルス感染症の影響が大きくなれば、この傾向は更に強まるはずです。

フリーランスであれば、個人の力量や努力次第なので、このような不況下で稼ぐことも不可能ではありません。この記事では、Webディレクターのフリーランスのおすすめの案件についてご紹介いたします。

Webディレクターのフリーランスにおける3つのメリット

Webディレクターのフリーランスにおける3つのメリットをご紹介いたします。それでは、順番に解説いたします。

スキルアップが可能

Webディレクターのフリーランスにおけるメリットとして、スキルアップが可能であることが挙げられます。Webディレクターでは、その経験に応じてスキルアップしていくことが可能です。

フリーランスとしてWebディレクターに従事すれば、経験を多く積むことができます。最初は簡単な案件しかこなせないかもしれませんが、案件をこなしていくことでスキルアップできます。

収入アップが見込める

フリーランスとしてWebディレクターの経験を積めば、収入アップが見込めます。サラリーマンであれば、仕事内容を直接評価して貰えることはあまりありません。しかし、フリーランスとしてWebディレクターで成果を挙げれば、それに応じて収入は増加します。

Webディレクターの案件で経験を積めばスキルアップが可能ですが、それに応じて当然収入アップも見込めます。フリーランスであれば、色々な保障がない代わりに収入アップを狙うことができます。

仕事のコネクションができる

フリーランスとしてWebディレクターの活動をしていると、仕事のコネクションが出来ることがあります。仕事のコネクションができれば、それを通じて仕事を受注することも可能です。

フリーランスであれば、契約に縛られないのでプロジェクトごとの契約も可能です。そのため、得られた仕事のコネクションを活かした活動をすることもできます。

Webディレクターのフリーランスで案件の単価が高い案件ランキング

Webディレクターのフリーランスで案件の単価が高い案件ランキングについて紹介いたします。ここで紹介するのは案件の高いものであり、経験を積んだWebディレクター向けのものが多いです。Webディレクター初心者の方は頭の片隅に置いておいて、経験を積んでから是非挑戦してみましょう。

1位 開発スキルを必要とするWebディレクター案件

Webライターやプログラミングエンジニアなどをマネジメントするだけでなく、中にはPHPなどの言語を使ってWebサイトの開発に携わるWebディレクター案件も存在します。開発スキルを必要とするWebディレクター案件は、プログラミング言語の学習が必要なこともあり、傾向としては案件の単価が高いです。

フリーランスとしてWebディレクターを極めるつもりであれば、PHPやJavaScriptなどの言語を学習することで単価のアップに繋がります。Webディレクターとプログラミングはあまり繋がらないかもしれませんが、それ故に収入のアップには有効です。

2位 大規模Webサイトのディレクター案件

企業や地方自治体のWebサイト制作では、当たり前ですが普通のブログやWebサイト制作に比べて規模が大きくなります。大規模Webサイトの案件では、Webディレクターを更にマネジメントするWebディレクターも存在します。

そのような大規模Webサイトのディレクター案件は普通のWebディレクター案件よりも単価が高いです。Webディレクターとして経験を積み、手が回るようになってきたら大規模Webサイトのディレクター案件に携わることで単価を上げられます。

3位 専門的なWebサイトのディレクター案件

例えば、法律事務所のWebサイト制作であったり、薬事法に関係してくるようなWebサイト制作では、Webディレクターもそれに応じた専門的な知識を持ち合わせているのが望ましいです。

もしも何か資格を持っていてフリーランスのWebディレクターとして働いているのであれば、その資格を有効活用することもできます。何かしらの資格を持っていながらWebディレクターをやっている人は多くはありません。そのため、資格を持っていれば他のフリーランスのWebディレクターと差別化を図ることが出来ます。

Webディレクターのフリーランスでおすすめのランキング

ここでは、Webディレクターのフリーランスでおすすめのランキングについてご紹介いたします。これを読めばフリーランスとしてWebディレクターの案件を選ぶ際に、何が重要であるのかがわかります。

1位 在宅ワークが可能なWebディレクター案件

Webディレクターの案件では、在宅ワークが可能なものをおすすめします。フリーランスであれば色々なプロジェクトに同時に関与することもできますが、出社が必要ですとそれもなかなか難しいです。

在宅ワークが可能なWebディレクター案件であれば、複数のプロジェクトを同時並行することも可能です。また、在宅ワーク可能な案件であれば、クライアントと住んでいる場所が遠くても、仕事をすることができます。

在宅ワーク可能なWebディレクター案件であれば、通勤にかかる時間も必要としないので実質的な時給も上がります。フリーランスとしてWebディレクターをするのであれば、在宅ワーク可能な案件をおすすめします。

2位 予算が決まっているWebディレクター案件

Webディレクター案件の中には、それぞれの仕事の報酬を相談で決める案件も多いです。しかし、Webディレクターにおいては、予算の配分も腕の見せ所と言えます。あらかじめ予算がしっかりと決まっていて、自分の報酬も明確なWebディレクター案件がおすすめです。

予算が決まっているのであれば、そのサイトの特性に応じて予算を割り振ることができます。例えば、Webサイトのデザインが重要であるならば、腕のいいデザイナーを雇うことができます。予算の配分を上手くできれば、プロジェクトの成功にも繋がります。

3位 作業範囲が明示されているWebディレクター案件

Webディレクターとして経験が浅い人は特にこれを意識してください。Webディレクターという仕事は求められるスキルが多いですが、中にはWebサイトの開発スキルを要求される案件も存在します。

ディレクションだけでなく、その他の作業を要求されていないかを事前に確認しておくことをおすすめします。Webディレクターという仕事は作業範囲が広い故に、クライアントとの作業範囲の確認が重要です。

エンジニアスタイル東京でWebディレクターのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/web-director

まとめ

新型コロナウイルスの影響などもあり、副業の注目度は増すばかりです。その一方で、副業フリーランスだけでなく、専業フリーランスの人口も増加しているのは注目すべき点です。フリーランスのWebディレクターは、経験に応じてスキルアップが可能で、それに応じて収入アップも見込めます。

フリーランスの長所を活かすのであれば、在宅ワーク可能なWebディレクター案件がおすすめです。複数のプロジェクトに携わることができ、スキルや収入の増加が見込めます。

  1. 専業フリーランスの人口も増加傾向にある
  2. フリーランスのWebディレクターはスキルと収入アップが見込める
  3. フリーランスのWebディレクターは在宅ワーク可能な案件がおすすめ
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でWebディレクターの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件