1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. サーバーエンジニアの副業で稼ぐ方法は?必要なスキルと案件獲得方法まとめ

サーバーエンジニアの副業で稼ぐ方法は?必要なスキルと案件獲得方法まとめ

目次

サーバーエンジニアとは

サーバーエンジニアは、「基本的には裏側のシステム設計やプログラミング業務」を専門としているエンジニアです。WEBサイトやアプリ開発において、ユーザーの目に映らない部分のシステム処理を担当しています。

Webエンジニアではユーザーが操作する部分を担当するフロントエンジニアがあり、それぞれが協力してシステム開発を行っていきます。サーバーエンジニアはシステム開発の根幹を担うため、担当できる業務が多いほど需要が高くなるでしょう。

フリーランスのサーバーエンジニアになりたい人は、ぜひ最後まで読んでください。

※案件数は2021年10月4日時点の情報です。

バックエンドエンジニアとの違い

「バックエンドエンジニア」と「サーバーサイドエンジニア」は、Webエンジニアの中で同じ意味で扱われる職種です。

バックエンドエンジニアはサーバー側で動く処理はもちろんのこと、データーベースの処理も担当します。会社によって使い分けているケースもあるので、担当業務についてしっかりと確認しておきましょう。

サーバーサイドエンジニアとの違い

「サーバーサイドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」は、Webエンジニアの中で同じ意味で扱われる職種です。

サーバーサイドエンジニアはバックエンドエンジニアのよりも「サーバー側で動作するシステムの構築や管理」をするため、より広い業務を担当できるエンジニアを指します。

サーバーエンジニア副業案件の基本

サーバーエンジニアは、サーバーの構築と運用・保守を担当する職種です。サーバーは24時間365日にわたり安定稼働する必要があり、土日スポットや週1~3日のリモートワークでの稼働も歓迎されます。

サーバーエンジニアの副業案件は、サーバーの安定稼働のために募集されやすい仕事内容です。

サーバーエンジニア副業の業務内容

サーバーエンジニア副業案件は、以下の4つに分けることができます。

  • システムの全体設計
  • データベース設計・API設計
  • バックエンドのコーディング
  • AWSなどのクラウドサービスでのサービス運用

システムの全体設計

予算や希望性能(ディスク容量やCPU、メモリ)に応じて、サーバーに必要な要件定義を行います。さらに、サーバーの稼働台数や接続方法を検討し、サーバーの基本設計設計を行います。

OSやミドルウェアを決定し、サーバーの障害対応を含めた詳細設計も行います。導入後の安定稼働を行うため、システム全体設計を考えなくてはいけません。

データベース設計・API設計

データベースの設計とは、インフラ構築の中でMy SQLやSQL Server、Oracleなどを使用して行います。データ管理者としてデータベースの基幹設計だけではなく、システム全体のデータ管理する方法を決めます。

API設計とはWeb上で公開されており、外部から呼び出しが可能なAPIの仕組みを企業戦略に合わせて構築することです。Amazon APIの活用例を見てみましょう。ブログの記事にAmazonの商品情報リンクを設定すると、簡単に最新価格の商品情報が表示できるようになります。

バックエンドのコーディング

サーバーサイド言語を使用して、アプリケーションの設計や開発を行う場合があります。JavaやPHP、Python、Rubyなどの言語を扱えると良いでしょう。バックエンドの開発では、開発環境に応じたフレームワークの知識も求められます。

JavaやScalaの「Spring」「Play Framework」やPHPの「Laravel」「Cake PHP」、Pythonの「Django」、Rubyの「Ruby on Rails」なども習得していると副業案件の獲得率が上がるでしょう。

AWSなどのクラウドサービスでのサービス運用

Webサービスのインフラを構築することもあるため、AWS(Amazon Web Services)やGCP(Google Cloud Platform)、Microsoft Azureなどのクラウドサービスの運用経験があると強みになります。

サーバーエンジニア副業の報酬額相場

サーバーエンジニア副業の報酬額相場は、週2~3回で27万~90万円です。しかし、副業における報酬額の相場は、実務経験が反映されます。上流工程の経験5年以上で、高単価が狙えるでしょう。

引用元:エンジニアスタイル東京_サーバーエンジニア(週2~3回)

サーバーエンジニアの副業は稼げる?

サーバーエンジニアも慢性的な人手不足のため、副業で稼ぐことが可能です。わりと常駐して仕事をするイメージが多い職種ですが、最近のコロナ禍によりリモートワークや土日案件などが増えてきています。

サーバーエンジニア副業の案件数

サーバーエンジニア副業の案件数は、エンジニアスタイル東京で検索すると、368件が表示されました。週2~3回の稼働で募集している案件も多くあるため、サーバーエンジニアの副業機会は多いと分かるでしょう。

引用元:エンジニアスタイル東京_サーバーエンジニア(週2~3回)

サーバーエンジニアの副業を獲得するために必要なスキル・内容

ここでは、サーバーエンジニアの副業を獲得するために必要なスキルや内容をご紹介します。

バックエンドのプログラミング言語のスキル

副業案件に応じたコーディングするために、プログラミング言語のスキルは必須と言えます。アプリケーションの設計や開発を行うこともあるので、JavaやPHP、Python、Rubyなどの言語を扱えると需要が高まります。

システム設計スキル

システム設計とは、開発工程における「基本設計」と「詳細設計」を担当します。クライアントの要望やシステム条件をしっかり確認し、要件定義の内容を構築するためにシステム設計を行います。

基本設計では画面(UI)やデータベース設計など、開発するシステムの大枠を決めます。次に詳細設計では基本設計で決めた内容を、プログラミングできるレベルに工程を具体化します。

データベースの知識

Webサイトを運用するためには、膨大なデータベースをまとめる作業が必要です。副業案件に応じたデータベースの設計を行うために、My SQLやSQL Server、Oracleなどをの知識が求められます。

オブジェクト指向の知識

オブジェクト指向に対応したプログラミング言語のJava ScriptやPython、Rubyなどの知識があると良いでしょう。オブジェクト思考は分業化しやすいため、構築スケジュールを短縮できます。メンテナンスも行いやすいため、プログラムの品質向上につながります。

フレームワークの知識

アプリケーションを開発する仕組みとして、フレームワークの知識は必要です。時代によって人気なフレームワークが変わるため、日々の知識習得が欠かせません。

サーバーエンジニアとして活躍するためには、Javaの「Spring Framework」やPHPの「Laravel」、Pythonの「Django」、Rubyの「Ruby on Rails」などを学ぶと良いでしょう。

サーバーエンジニアの副業で実際に稼げる案件を紹介

サーバーエンジニアの案件数は膨大で単価の幅も広いです。ジャンルによっても単価の高低は顕著なので、ここでは実際に稼げる案件の例を紹介します。

サーバーエンジニアの副業で稼ぐ方法5選

サーバーエンジニアの副業を探す方法は、以下の5つがあります。

  • フリーランスエージェントに登録する
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • SNSで情報発信する
  • 知り合いから仕事を紹介してもらう
  • 案件検索サイトから応募する

順に解説します。

フリーランスエージェントに登録する

フリーランスエージェントに登録すると、スキルに応じて案件を紹介してくれます。大手企業のプロジェクトや高単価な副業案件に出会える機会も多く、希望条件を細かく相談することも可能です。

専任アドバイザーが契約書の作成やキャリア相談などをサポートしてくれるため、初めて副業案件に挑戦する方も応募しやすいでしょう。

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトとは、仕事を受注したいワーカーと依頼をしたい個人や企業をつなぐマッチングサービスを提供しています。

日本ではランサーズクラウドワークスが有名で、実務経験の少ない初心者でも受注できる可能性は十分にあります。やや単価が安く、報酬額に応じて手数料が5~20%かかりますが、実績を積むためには役立ちます。

SNSで情報発信する

SNSのプロフィールに「サーバーエンジニアの副業案件を募集」や「AWSの知見あり」などのスキルや経験をまとめておきます。TwitterやInstagramなどで興味のある求人情報を見かけたら、DMなど指示通りの方法で応募してみましょう。

採用担当者がSNSを通して人柄や成長性をチェックしやすいため、日頃からSNSの投稿内容には気をつけましょう。

知り合いから仕事を紹介してもらう

ITエンジニアの不足により、以前の職場や友人から副業案件を紹介される場合があります。実績作りとしては良い機会ですが、必ず契約書を交わしましょう。単価や仕事内容などを明確にし、知り合いだからと曖昧にならないように注意することが重要です。

案件検索サイトから応募する

フリーランスエンジニア案件を簡単に検索できるサイトがあるので、おすすめの3サイトをご紹介します。「週2、3から」の案件が探しやすいエンジニアスタイル東京では、職種や対応言語など詳しくチェックできます。

フリーランススタートでは、複数のエージェントが募集中の案件を一括で検索できて便利です。詳細検索で希望案件を探しやすいフリーランスHubなどを活用して、効率的に副業案件を探してみましょう。

サーバーエンジニアの副業案件獲得に使えるフリーランスエージェント

サーバーエンジニア副業の案件を獲得するなら、以下の4つのフリーランスエージェントがおすすめです。

どこも実績・評判共に確かなエージェントです。順番に見ていきましょう。

レバテックフリーランス

無料で簡単に登録できるレバテックフリーランスは、サーバーエンジニアの副業案件を紹介しています。専任アドバイザーが契約や参画後のサポートをしてくれるため、初めてのフリーランス副業を始める方におすすめです。

レバテックケアを利用できるため、「フリーランス支援」や「スキルアップ支援」などの幅広いサービスが魅力のエージェントです。

Midworks

専属のコンサルタントがマンツーマンでサポートしてくれるMidworksでは、正社員並みの保証サービスを利用できます。高単価な非公開の案件を80%以上も保有しているため、まずは無料で登録してみましょう。

「週3からの案件」や「リモート案件」というKWで、案件を紹介しやすくなっています。

ITPRO PARTNERS

ITPRO PARTNERSは週2日から3日の案件を紹介しており、副業からフリーランスの自立や企業をサポートしてくれます。専属エージェントがスキルや希望に応じた案件を紹介するため、トレンド技術を活用できる案件にも参画できます。

利用企業数は2,000社以上で、エンド直契約のため高単価を実現しています。

テクフリ

Webから無料登録できるテクフリは、3営業日以内に担当者より連絡が入ります。丁寧なカウンセリングを受けると条件に応じた案件を提案し、事前に面談のポイントまでも指導してくれるので心強いでしょう。

エージェントのマージン率を公開しており、10%の案件もあるため3人に1名が収入アップを体感しています。オリジナルのフリーランス向け福利厚生サービスを提供しているため、手厚いサポートを期待できます。

在宅・リモートで稼げるサーバーエンジニアの副業案件はあるのか?

在宅・リモート案件で月単価は、週2日~週3日で32万円となっています。AIを用いた保険提案アプリのプロトタイプの検証案件で、バックエンド部分のシステム改修できるエンジニアを募集しています。

今まではサーバーエンジニアは常駐案件が多かったのですが、コロナウイルスの影響でクライアントの意識が変わってきました。今後とも在宅・リモート案件は増えてくるでしょう。

在宅・リモートで稼げるサーバーエンジニアの副業案件

引用元:エンジニアスタイル東京

土日で稼げるサーバーエンジニアの副業案件はあるか?

土日稼働OKの案件は、週2日~週3日で32万円となっています。ECサイトのサーバー側の運用や保守だけではなく、チューニングや開発まで担当します。

サーバーエンジニアは平日に限らず、土日も稼働しなくてはいけません。土日スポット勤務の需要が多く、スキルや経験に応じて週2でも正社員クラスの収入を得ることが可能です。

土日で稼げるサーバーエンジニアの副業案件

引用元:エンジニアスタイル東京

週2、週3で稼げるサーバーエンジニアの副業案件はあるのか?

副業案件は、週2日~3日の稼働で月単価32万円です。APIの設計や実装を担当し、PMとシステム要件のすり合わせまで行います。

フルタイム勤務と同じくらいの月収を期待できるため、フリーランスの独立に向けた実績作りに適しています。PHPを使用したサーバーサイド運用ができれば、安定的に副業案件を獲得できるでしょう。

週2、週3で稼げるサーバーエンジニアの副業案件

引用元:エンジニアスタイル東京

未経験で稼げるサーバーエンジニアの副業案件はあるか?

未経験OKの案件では、週2日~3日の稼働で月単価32万円です。プロジェクトの進行管理がメインですが、サーバー側の作業に参加する場合もあります。

サーバーエンジニアの未経験者が応募できる副業案件は、ほとんどありません。副業案件は即戦力が求められるため、サーバーエンジニアの実務経験が2~3年は必要です。

今回のようにマネージメントスキルを活かして、サーバーエンジニアとしてキャリアアップできる場合もあります。

未経験で稼げるサーバーエンジニアの副業案件

引用元:エンジニアスタイル東京

サーバーエンジニア副業の将来性

サーバーエンジニアは裏側のシステム設計やプログラミング業務しているため、システム開発には欠かせない重要な職種です。

上流工程(要件定義や詳細設計)ができ、セキュリティの専門知識があると需要が高くなるでしょう。副業でサーバーエンジニアとしての将来性は十分にあるので、今後とも活躍する機会は多いと言えます。

サーバーエンジニア副業案件獲得のロードマップ

サーバーエンジニアの副業案件を獲得するロードマップとして、スキルや経験に応じて以下3つの方法があります。

  • 本業でサーバーエンジニアの経験がある
  • Java、PHPのスキルがある
  • Ruby、Pythonの経験がある

順に解説します。

本業でサーバーエンジニアの経験があればすぐ参画できる

本業や前職でサーバーエンジニアの経験があれば、即戦力としてすぐに副業案件に参画できます。サーバーエンジニアとしてシステム設計やデータベース設計、サーバ構築など、何ができるかを伝えることで案件獲得がスムーズに進むでしょう。

Java、PHPのスキルがあると大規模な案件に参入しやすい

JavaエンジニアやPHPエンジニアとしてのスキルがあると、Webアプリケーションの開発や設計を任せられるため大規模な案件に参入しやすいでしょう。バックエンドのコーディングができると、より幅広い仕事内容を経験できます。

Ruby、Pythonの経験があるとベンチャー案件に参入しやすい

RubyはWeb系のベンチャー企業で採用されることが多く、AI開発やビックデータ解析にはPythonが役立ちます。そのため、RubyやPythonのプログラミングや開発経験があると、ベンチャー案件に参加する可能性が上がります。

サーバーエンジニアに役立つ資格

サーバーエンジニアのスキルをアピールできると、副業案件の獲得につながります。サーバーエンジニアに役立つ資格として、6種類の資格について解説します。

LinuC

LPI-JAPANが運営しているLinuCは、レベル1からレベル3まであります。OnVUEオンライン監督試験で受験するため、テストセンターの予約が空いていればいつでも受験が可能です。

レベル1は「物理・仮想Linuxサーバーの構築と運用」が出題範囲のため、サーバーエンジニアの基礎知識の証明となります。

運営 LPI-JAPAN
試験範囲 レベル1: 101試験・102試験

レベル2: 201試験・202試験

レベル3:300試験・303試験・304試験

受験費用 レベル1:16,500円(税込)

レベル2:16,500円(税込)

レベル3:33,000円(税込)

参照元:LinuC公式サイト

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定機構が運営しているPHP技術者認定試験は、PHP5技術者認定初級試験

とPHP7技術者認定初級試験、PHP5技術者認定上級/準上級試験があります。オデッセイコミュニケーションズのテストセンターで随時開催しています。

運営 PHP技術者認定機構
試験範囲 オライリー・ジャパン

「初めてのPHP(PHP7対応版)」

受験費用 一般:13,200円(税込)~

学割:6,600円(税込)~

参照元:PHP技術者認定試験公式サイト

Java SE 8 認定資格

日本オラクル社が主催しているJava SE 8 認定資格は、Javaプログラマ向けのベンダー資格

です。ピアソンVUE公認テストセンターで受験するため、随時お申し込みが可能です。

BronzeとSilver、Goldのグレードに分かれており、Javaのスキル証明に役立ちます。

運営 日本オラクル社
試験範囲 Bronze試験:エントリー資格

Silver試験: 初級Javaプログラマに向け

Gold試験:初級Javaプログラマに向け

受験費用 Bronze試験:16,500円(税込)

Silver試験:32,340円(税込)

Gold試験:32,340円(税込)

参照元:Java SE 8 認定資格公式サイト

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験はRubyアソシエーションが主催しており、プロメトリックのテストセンターで受験します。SilverとGoldの試験があり、Rubyのスキルを証明しています。Gold資格に合格すると、Rubyの開発に必要な設計スキルを身につけているとアピールできます。

運営 Rubyアソシエーション
試験範囲 Silver試験: Ruby基礎レベル

Gold試験:Rubyの設計技術

受験費用 一般試験:15,000円(税抜)

学割 :7,500円(税抜)

参照元:Ruby技術者認定試験公式サイト

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験とは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催しています。4月(春季)と10月(秋季)に試験が実施されるため、計画的に準備しましょう。午前が150分で80問の選択式で、午後は150分の記述式です。ワンランク上のエンジニアとしてアピールできます。

運営 独立行政法人情報処理推進機構
試験範囲 情報技術を活用した戦略立案

システムの設計・開発・運用

受験費用 7,500円(税込)

参照元:応用情報技術者試験の公式サイト

システムアーキテクト試験

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催しているシステムアーキテクト試験は、システムの上流工程をリードできるエンジニアの証明となります。受験は4月(春季)のみで、午前と午後を通して4種類の出題形式に分かれています。

幅広い業務知識が必要なので、過去問題をよく確認して対策しましょう。

運営 独立行政法人情報処理推進機構
試験範囲 情報システム戦略を具体化する構造と設計

システムアーキテクトの業務と役割

受験費用 一般:10,780円(税込)

学割: 8,580円(税込)

参照元:システムアーキテクト試験公式サイト

サーバーエンジニアの習得難易度・勉強方法

サーバー構築や設計の経験が求められるため、大規模なプロジェクトに参画して実務経験を積むことが大切です。現場の経験はもちろんのこと、データベースやバックエンドのコーディング技術を習得すると良いでしょう。

サーバーエンジニアとして実務経験を積むことで成長できるため、役立つ資格を取得しながら幅広いサーバーエンジニアの知識をつけると需要が高まります。

サーバーエンジニアの副業でより高単価を得るには

副業で高単価を得るためには、ITエンジニアとして高度な専門性を身につけることが大切です。サーバーエンジニアの技術にプラスして、AIなどの先端技術やフルスタックエンジニアのスキルを身につけましょう。

経験が浅くとも、大規模プロジェクトでの構築経験をすることで、より高単価な副業案件に参画できる可能性があります。

AIなどの先端領域の技術を身につける

AIやビックデータベースなど、先端領域の技術を身につけると単価アップにつながります。PythonやRuby、データベースの経験を積むと、ベンチャー企業や新規プロジェクトに参画しやすくなるでしょう。

API設計やクラウドの知見もあると、より高単価な案件に参加できる機会が増えます。

フルスタックエンジニアを目指す

フルスタックエンジニアとは、設計や要件定義などシステム開発の全般ができるエンジニアを指します。インフラ周りの経験はもちろんのこと、フロントやサーバーサイド、モバイル開発、データベースなどの幅広い知識が求められます。

サーバーの構築スキルだけではなく、ミドルウェアやOS、クラウド環境などのIT知見を身につけて市場価値を高めましょう。

大規模プロジェクトの経験を積む

サーバーエンジニアとして大規模プロジェクトの経験を積むと、高単価な案件を獲得しやすくなります。システム設計はもちろんのこと、JavaやPHPなどを使用したバックエンドのコーディング開発ができると喜ばれます。

人気のフレームワークやプログラミング言語のスキルを学ぶと良いでしょう。

エンジニアスタイル東京でサーバーエンジニアの副業案件を探す

サーバーエンジニアの副業求人・案件 | 副業エンジニア募集

まとめ : サーバーエンジニアの副業は十分稼げて案件数も多い

ここまで、サーバーエンジニアでの副業の需要、副業をするのに必要なスキル、案件の獲得方法について解説しました。

本記事の要点は、以下の3つのようになります。

  1. サーバーエンジニアは副業の需要が高い
  2. データベースやクラウド知識を持つ
  3. エージェントに案件を紹介してもらう
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でサーバーエンジニアの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください