1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. Scalaの副業で稼ぐ方法は?必要なスキルと案件獲得方法まとめ

Scalaの副業で稼ぐ方法は?必要なスキルと案件獲得方法まとめ

目次

はじめに

副業エンジニアの案件でも、Scalaは注目の言語です。JVM上で動作し、国内問わず、海外においてもさまざまな有名企業で採用されていることから、興味を感じている方もいるでしょう。

しかし「Scalaは本当に副業で稼げるの?」「他の言語とどう違うのか知りたい」と思う人も多いはずです。

そこで、この記事ではScalaの副業で稼ぐためにやるべきことを徹底解説します。

主に次の内容に沿って解説します。

  • Scala副業の業務内容
  • 報酬の相場と案件数
  • 必要なスキル
  • 案件を獲得する方法
  • おすすめのサービス
  • Scala習得におすすめの勉強法

Scalaで副業デビューしたい人は、ぜひ参考にしてください。

Scala副業案件の基本

Scalaは、2003年に登場した比較的新しいプログラミング言語です。Javaライブラリを使用でき、オブジェクト指向言語と関数型言語の2つの特徴を持っています。そのため、複雑かち高度な仕組みが必要になるシステムやサービスに対応でき、Javaの後継プログラミング言語として注目を集めています。基本的に、大規模な開発や最新技術を使用するシステムに用いられるケースが多く、Scalaが持つバグの少なさや開発効率の良さ、機能変更のしやすさが高い評価を得ています。

Scala副業の業務内容

Scalaを用いた案件はベンチャー企業や大企業など、沢山ありますが、アプリケーション開発案件が大半を占めています。Scalaはスマホ開発案件や大規模な業務システム、銀行などの金融系システム開発などの案件が多く見られます。今回は、Webアプリケーションのほか、いくつかご紹介します。

Webアプリケーション開発

スマートフォンやタブレット普及により、ScalaがWebアプリケーション開発に使われる機会が増えています。Webアプリケーション開発はほとんどの場合、JavaやPHP、Ruby、Pythonなどが多いため、Scala以外のプログラミング言語やフレームワークの知識も求められます。

システム開発

Scalaは、企業も業務効率化を図るためのシステムや金融機関の金銭管理システム、業務上でのシステム管理など、幅広い業務で採用されています。実行速度が早く、安定性抜群であるScalaは今後もシステム開発において必要とされることが予測されます。

ビッグデータ関連サービス開発

IT業界ではビッグデータの活用が注目されていますが、ビッグデータ関連のサービスにおいて、すでにScalaは採用されています。ビッグデータ関連サービス開発は、大規模なデータ変数作成や加工、データ処理など、企業にとって需要が高いといえます。

広告系ツール開発

広告の分析ツールの開発などの案件において、Scalaが使用されている案件は多数あり、広告ツール開発に対して企業は多額をかけています。そのため、Scalaを使う広告系ツール開発案件は高単価が見込める可能性があります。

ソーシャルゲーム開発

ソーシャルゲーム開発には多額の費用がかかるため、小規模なゲーム会社の案件は少ないといえますが、大手企業のソーシャルゲーム開発案件ではScalaが採用されるケースは増えています。グリー株式会社などでもすでに導入されており、今後も多くの企業でソーシャルゲーム開発においてScalaは採用されるといえます。

Scala副業の報酬額相場

Scala副業案件の報酬額について詳しく見ていきましょう。

単価の動向

ScalaはJavaとの互換性があり、Java案件における高単価の大規模プロジェクトで採用されることが多いといわれています。他のプログラミング言語と比較しても。平均単価84万円、最低単価は30万円、最高単価160万円です。Scalaの案件は開発経験年数に応じて、高単価案件を見込めるため、Scalaの高単価案件を獲得するには、開発経験を積み上げることが大切です。また、高単価案件は、常駐型の案件が大半を占め、ある程度まとまった日数で働くことが求められます。

つまり、Scalaはプログラミング言語において、高単価案件が多く、開発経験年数が高いほど高単価案件を獲得しやすい一方、マイペースに働きたい方には不向きといえます。

エンジニアスタイル東京

Scalaの副業は稼げる?

Scalaはプログラミング言語において案件数は多い上、高単価案件が多いともいわれていますが、単価には大きな差があります。Javaに対する理解のほか、設計に関する経験やスキル、関数型言語の理解を深め、さらに実務経験を重ねることで、より高単価案件を望めます。日本では、Scala自体の普及率は低い状態ですが、多くの有名企業の開発言語として使われ、Javaの後継言語として需要が高まっているため、Scalaの副業も需要が高まる傾向にあります。Scalaの副業は、プログラマーやエンジニアの方の副収入として十分見込めるため、将来性は高いといえますが、学習するためには時間がかかるため、注意が必要です。

Scala副業の案件数

Scalaのフリーランス求人・案件数の推移を見てみると、月により掲載件数は異なりますが、少ない月で10件前後、多い月で250件、平均73件となっています。どのScalaフレームワークが使われている案件が多いかというと、Play Frameworkが86件、Lift1件となっています。Play FrameworkはScalaだけではなく、Javaとの互換性もあるため、今後も案件が増加していくことが予測できます。

エンジニアスタイル東京調べ /2021年10月

Scala案件獲得で必要なスキル

Scalaで副業をするために必要なスキルを5つ紹介します。

  • Scalaの言語スキル
  • システム設計スキル
  • データベースの知識
  • オブジェクト指向の知識
  • モバイルアプリ開発スキル
  • フレームワークの知識

Scalaの言語スキル

Scalaエンジニアとして案件確保するためには、Scala自体の基本文法や考え方を学習しておく必要があります。Scalaを扱う際、Javaはもちろん、C#やC++、GOといったプログラミング言語を扱う必要性もあるため、Scalaと関連したプログラミング言語も知ってことが大切です。

システム設計スキル

システム設計において、ベースとなる構成を作り上げるための基本設計スキルや、プログラミング実施に必要な詳細設計スキルが大切です。システム設計スキルはScala問わず、エンジニアとして活躍するため、上流工程案件の取得に向けて必要なスキルといえます。システム設計においてScalaが扱われる案件は多く、高単価が見込めます。

データベースの知識

システムを開発するためには、Scala自体の仕組みのほか、OSやネットワーク、データベースなどの知識を学習する必要があります。また、Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLなどのソフトに関する知識、SQL言語を扱うスキル、データを操作するための知識を取得することで、幅広いシステム開発へ生かせます。

オブジェクト指向の知識

Scalaは、Javaをベースとしてオブジェクト指向を持つプログラミング言語です。オブジェクト指向は、効率的な開発を可能にさせ、大量のデータ処理や大規模開発に向いています。Scala以外にも、オブジェクト指向を取り入れているプログラミング言語は、JavaやRuby、PHP、JavaScript、Pythonなどがあるため、オブジェクト指向の知識を学習することで、他プログラミング言語の案件確保にもつながります。

関数型プログラミング言語の知識

関数型プログラミングとは、プログラミングの関数を組み合わせてアプリケーションを作るプログラミング手法の1つです。プログラミングの手法には手続き型と関数型がありますが、関数型プログラミング言語の知識を学ぶことで、関数型のプログラミング言語Haskellなどの知識も取得しやすいといえます。関数型プログラミング言語に慣れ、使いこなせれば、エンジニアとしての強力な武器になります。

フレームワークの知識

Webアプリケーション開発では、効率的な生産かつ高品質を目指すため、フレームワークを採用しています。Scalaフレームワークには、Play FrameworkやFinatra、Skinny Framework、Liftなどがあります。利用される機会が多いフレームワークの動向に目を向け、フレームワークの学習も進めておくことで、Scalaのスムーズな案件確保につなげやすくなります。

Scala副業で稼ぐ方法5選

Scalaの副業を探す方法は、以下の5つがあります。

  • フリーランスエージェントに登録する
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • SNSで情報発信する
  • 知り合いから仕事を紹介してもらう
  • 案件検索サイトから応募する

順に解説します。

フリーランスエージェントに登録する

IT業界はフリーランスでの働き方が他業界よりも多い現状があります。フリーランスエージェントを利用すれば、第三者を挟んでクライアントと契約できるため、トラブルの発生なく済みます。たとえ、トラブルが発生した場合でも、エージェントが間に入ってくれるため、ストレスが少ないといえます。また、福利厚生がある案件や次の案件を獲得するまで給与保証があるなど、メリットもあります。フリーランスとして働くこと自体、不安定な働き方であり不安は募るため、安心して働けるシステムの利用として、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。一方、マージンが10~25%程度発生することも多く、高単価案件ほどマージンはさらに高まる可能性があるため、注意が必要になります。

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサービスは、クライアントに対して自分で提案し、仕事を確保する必要があります。応募は自由なので、自分のキャパやスキルがなくても、応募に挑戦できすが、スキルやアピール不足であると仕事の確保が難しくなり得ます。フリーランスエージェント同様、万が一、トラブルがあった場合にはクラウドソーシングサービスが間に入ってくれるため、安心です。もちろん、相場や適正相場を知ることも重要ですが、仕事の確保や収入アップ、スキルアップを見込むのであれば、自分のレベルより少し上の案件に応募することをおすすめします。

SNSで情報発信する

Scala副業案件取得するためには、SNSで情報発信・収集することもできます。他の手段と比べると、クライアントとの距離は近く「話だけ聞いてみたい」という場合でも、気軽にクライアントに声をかけられます。しかし、SNSの場合、企業やクライアントと直接契約を結ぶ必要性があるため、業務内容をしっかり理解して契約を結ばないと、トラブルに巻き込まれやすいといえるため、注意が必要です。また、SNS経由での仕事の確保は、信頼関係などにより左右もするため、他の手段に比べ、難しいともいえます。

知り合いから仕事を紹介してもらう

IT業界ではフリーランスの働き方へ移行する方が多いため、知り合いからの紹介といった手段もあります。知り合いからの紹介であれば、自分の実力に見合った案件を獲得できる可能性は高まります。しかし、自分の交友関係や仕事仲間との関係性や紹介者の業務状況により、紹介数の変動がある、定期的な仕事の確保は難しいといえます。

案件検索サイトから応募する

案件検索サイトからの検索は、常駐から週2~3、リモート・在宅案件など、数多くの働き方・業務内容の案件を取り扱っているため、案件確保に向けた選択の幅は広がります。その反面、自分が求める案件を見つけるまで時間がかかってしまう可能性もあります。自分のスキルや求める収入に見合った案件確保するためには、検索サイトでの無料相談や案件の紹介を依頼するのも1つの手です。

Scalaの副業案件獲得に使えるフリーランスエージェント

Scalaの副業案件確保ができるフリーランスエージェントは、レバテックフリーランスやITプロパートナーズ、Midworks、Bizlinkなどがあります。

レバテックフリーランス

常時1,000件以上の豊富な案件数から業界No.1であり、希望に沿った案件が多く掲載されているため、利用者満足度も高いといわれています。そのため、フリーランスエージェントに登録するなら、「とりあえず、レバテックに登録しよう」といった方が多く見られます。高単価案件も多く、紹介してもらえる分野も幅広く、専任コーディネーターによる手厚いサポートもあるため、安心して利用できます。

ITプロパートナーズ

週2、3稼働の案件を多く取り扱っているのが特徴的で、フリーランスエンジニアをサポートする会社では先駆者的な存在でもあります。そもそも、起業フリーランスの支援をするために始まったサービスのため、リモートワークやフレキシブルな働き方ができる案件も多いため、マイペースに働きたい方におすすめです。

Midworks

フリーランスエージェントとして手厚いサポートが、Midworksの最大の特徴です。フリーランス案件にもかかわらず、正社員並みの保証付き案件の案件や必要経費支援の提供など、それぞれに見合った案件を紹介してくれます。

Bizlink

Bizlinkでは、リモート案件やコンサル案件、週1案件など、自由な働き方に見合った案件や他にはない高単価案件が揃っています。実務経験をある程度積み、よりハイレベルな案件へ挑戦したい方におすすめです。

在宅・リモートで稼げるScalaの副業案件はあるのか?

在宅・リモートにおけるScala副業案件はほぼありませんが、フリーランスでの案件であれば230件程度です。業務内容は、ソフトウェア開発やプラットフォーム開発、サーバーサイド開発が挙げられます。Scalaのフリーランスエンジニア向け案件・求人でよくある仕事において、リモートワーク案件は上位を占めることから、リモートワークを希望する方は増えていることが分かります。今後、よりフレキシブルな働き方を支援する企業が増えれば、Scalaにおける在宅・リモートOKの案件は増える可能性があります。

在宅・リモートで稼げるScalaの副業案件1

在宅・リモートで稼げるScalaの副業案件2

▲出典:エンジニアスタイル東京

週2、週3稼働で稼げるScalaの副業案件はあるか?

週2、週3稼働で稼げるScala副業案件はほとんどありませんが、フリーランス案件であれば少なからずあり、現在の掲載数は53件程度です。業務内容は、Webサービス開発やプラットフォームのシステム開発、サーバーサイドエンジニアなどが挙げられます。Scala案件自体少ないことが原因として挙げられますが、常駐や週4日以上の稼働案件が多くなっているためといえます。交渉次第では週4、5日稼働の案件でも週2、3稼働に変更可能な企業もあるため、案件応募の際には交渉してみることをおすすめします。

週2、週3稼働で稼げるScalaの副業案件1

週2、週3稼働で稼げるScalaの副業案件2

▲出典:エンジニアスタイル東京

土日で稼げるScalaの副業案件はあるか?

土日でのScalaの副業案件・フリーランス案件はともに、全く掲載されていません。Scalaの案件自体、Javaなど主流とされるプログラミング言語と比べると少ないといったことや、Scala案件は上流工程やある程度実務経験を要する案件が多いため、土日稼働といった少ない日数での業務は難しいことが考えられます。Scalaの副業案件を探す場合、最低でも週2、3稼働は必要です。

未経験で稼げるScalaの副業案件はあるか?

未経験で稼げるScala案件は、ほとんどありませが、フリーランス案件であれば8件程度あります。基本的にScala案件は3年以上の実務経験が必要とされます。Javaの知識はもちろん、他プログラミング言語の知識、開発経験などがあることで、未経験でも獲得できる案件の幅は広がります。未経験でもScala案件を獲得したい方は、他スキルの取得をおすすめします。

未経験で稼げるScalaの副業案件1

未経験で稼げるScalaの副業案件2

▲出典:エンジニアスタイル東京

Scalaの将来性

Scalaは業務システムやWeb開発、ソーシャルゲーム、SNS、AIなど幅広く利用されており、代表例として、多くの方が使っているTwitterやChatwork、SmartNewsなどが挙げられます。また、Scalaは人工知能に関する実装にも使用されているため、今後もプログラミング言語として注目を浴びることが見込まれます。プログラミング言語において主流とされるJavaのライブラリが使えるため、日本でScalaを採用している企業も多くあり、ドワンゴやサイバーエージェント、GMOメディアではすでに導入されています。今後、ビズリーチやフリュー、セプテーニなどの企業でもScalaを導入予定のため、国内企業の開発現場に導入される可能性は高く、将来性高い人気のプログラミング言語といえます。

Scala案件獲得のロードマップ

Scala案件獲得するためには、いくつかの工程を踏む必要があります。

Scalaを学習する

まず、Scalaの基礎知識を取得する必要があります。Scalaを学習するとなると、独学やオンラインスクールなど、さまざまな方法があるため、自分に合った方法で学習を進めることをおすすめします。

Scalaの仕様を理解する

Scala案件獲得に向け、Scalaにおける基礎知識だけではなく、仕様を理解し、実務経験を積む必要があります。プログラミング学習サイトでは、プロのエンジニアからScalaについて学ぶことができ、実際にアプリ開発などの経験を積むこともできます。案件獲得に向け、実務経験はあるに越したことはないといえます。

ポートフォリオを作る

Scalaの基礎知識を取得し、仕様を学び、開発経験を積んだあとは、ポートフォリオの作成もしていくことをおすすめします。インプットしたことはアウトプットすることで、Scalaをより理解でき、効率的にプログラミングスキルの向上へつながります。

Scala習得に役立つ資格

Javaの後釜であるScalaを活用するためには、Java利用のために必要な資格やスキルは持っておくことをおすすめします。

Javaプログラミング能力認定試験

2000年から始まり、サーティファイ情報処理能力認定委員会が実施する民間の資格です。資格取得により、Javaに関する知識量やプログラミング作成能力の実力を企業へ示せます。資格は1~3級まであり、1級を取得していれば、高度な知識を要する人材として、就職・転職時に重宝されます。Javaの後釜であるScalaを活用するためには、当資格を取得しておくことをおすすめします。

応用情報技術試験

基本情報技術者試験の上位資格かつ、サーティファイ情報処理能力認定委員会が実施する民間の資格です。戦略立案やコンサルティング技法、システムアーキテクチャ、ITサービスマネジメント、情報システム開発など、Scalaエンジニアとして幅広い知識と応用力、スキル管理能力が身についていることを証明できます。

ITストラテジスト試験

システム開発における事業戦略から事業計画への参加、経営的視点からIT戦略の立案と実行まで主導するためのスキルを証明できる資格です。IT系国家資格の中でも最難関といわれ、幅広い内容が出題範囲とされているため、IT技術と知識などのテクニカルスキルのほか、ヒューマンスキルが必要となります。Scalaエンジニアを含む全てのエンジニアが持っておくと良い資格です。

システムアーキテクト試験

経済産業省が認定するIT系国家資格の1つで、システム開発における難易度が高い工程の作業もこなせるということを示せる資格です。毎回、合格率は15%程度と低めですが、資格取得することにより、上流工程の理解や知識の向上につながります。上流工程を経験したいScalaエンジニアにおすすめの資格ともいえます。

Scalaの習得難易度・勉強方法

Scalaは比較的新しいプログラミング言語であり、柔軟性高く、Javaとの互換性に優れていることから需要性ありますが、Scala初心者であれば取得難易度は高いといえます。ある程度の実務開発経験やJavaの知識・経験なども必要とされますが、短期間で効率的に取得するためには、学習サイトを利用することがおすすめです。

オンラインスクール

十分な時間が取れないという方でも、自宅で簡単にScalaを学習できるのがオンラインスクールになります。

  • テックアカデミー

Scalaを学習するのに最適なオンラインスクールが「テックアカデミー」になります。最短4週間でScalaを学習し、Webアプリを開発できるプログラミングのオンラインブートキャンプです。マンツーマンでのメンタルフォローによりモチベーションを保ちながら学習を継続でき、毎日のチャットサポートで学習内容の管理などを図ることで、効率よく、Scalaスキルを獲得できます。スクールとなると、費用は気になるところですが、139,000円、月々にすると5,792円といった安い学費での受講可能です。Scalaでのシステム・アプリ開発における知識だけではなく、他言語についても学べる機会になります。また、難易度が高いという点から、参考書を購入して学習するより安く済む可能性もあるでしょう。どの学習方法を選択するかは人それぞれですが、将来に向けた自己投資の1つと考え、オンラインスクールを選択するのもおすすめです。

(※テックアカデミー:https://techacademy.jp/)

  • ドットインストール

動画によるプログラミング学習サイトです。初心者向けの動画も沢山あり、動画1本あたり、約3分程度で見られるため、マイペースにScalaを学習したい方におすすめといわれています。初級動画であれば無料で見放題ですが、月額1,080円支払う「プレミアム会員」になれば、中級・上級者向けの動画も閲覧できます。

(※ドットインストール:https://dotinstall.com/lessons/basic_scala)

  • Udemy

世界最大級のオンライン動画学習プログラムです。多くのプログラミング言語の学習と図ることができ、初心者から上級者向け、それぞれの対象に向けた講座が揃っています。教えたい人が講座を開き、学びたい人は好きな講座を受講して、動画で学べるのが特徴的です。会員登録は無料ですが、各講座により料金が異なり、受講料金の相場は3,000円~24,000円程度となっているため、自分の予算に合わせて受講すると良いでしょう。

(※Udemy:https://www.udemy.com/)

書籍で学習する

オンラインスクールは金銭的にきついという方もいるはず。そんな方には、書籍を利用した独学がおすすめです。現役Scalaエンジニアの方などがおすすめの書籍として5つ挙げられます。

プログラミング初心者の方向けの本になります。Scalaは難易度が高いプログラミング言語であるため、プログラミングの基礎知識を固める目的であれば、1冊は持っておきたいと思える本です。

Scala学習初心者向けの本であり、Scalaの基本的知識をざっくりと学習できます。手頃の値段であり、軽く読めるため、コストパフォーマンスは良いです。

Scala学習初心者向けで、Scalaの知識がない方でも読みやすいといえます。Scalaプログラミングのノウハウを得られ、実用的な開発スキルへとつなげられるため、おすすめです。

Scala学習中級者向けで、Scalaの特徴であるオブジェクト指向と関数型を徹底的に学べる本です。Java知識獲得済みの方やJavaでの開発などの実務経験がある方にとって、ステップアップするために効果的といえます。

Scala学習初心者~上級者向きの本ですが、辞書のように内容が事細かに記載されており、理解するのにある程度の知識が必要なため、比較的上級者の方が利用する機会は多いです。

他にも、Scalaが学べるチュートリアルサイトとして、Scala入門やScalaツアー、JAVAプログラマー向けのチュートリアルなどもあるため、ぜひ、利用してみてください。

エンジニアスタイル東京でScalaの副業案件を探す

実際に、エンジニアスタイル東京でScalaの副業案件を探してみると、ほぼありません。しかし、フリーランス案件であれば、955件程度見られます。Scalaのフリーランス案件は通信業界、広告業界、EC業界といったものが多く、稼働日数であれば週3~稼働が多く見られます。Scalaの案件獲得を目指したい方は、副業としてではなく、フリーランス案件を検索し、案件応募の際に企業と直接交渉等を行うことをおすすめします。

Scalaの副業求人・案件 | 副業エンジニア募集

Scalaの副業でより高単価を得るには

Scalaは他プログラミング言語と比較し、高単価案件が多いため、稼ぎやすいといえます。さらに高単価を目指すためには、常駐などまとまった日数を要する案件への応募のほか、実務開発経験をより積み、案件に生かせる資格取得を目指すことが大切です。また、当記事でご紹介した必要スキル取得や他プログラミング言語やフレームワークの習得、資格取得をしてみることもおすすめします。

まとめ : Scalaの副業は十分稼げて案件数も多い

  1. ScalaはJavaとの互換性や将来性の高さから、副業においても需要増加が期待できる
  2. 副業として受注できる案件は少ない物の、大規模案件は高単価を見込める
  3. Scala案件確保するためには、ある程度の実務開発経験や他プログラミング言語やフレームワーク等の知識が必要である
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でScalaの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください