1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. Railsでフリーランスは稼げる?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

Railsでフリーランスは稼げる?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。Ruby on Railsのフリーランス案件の一例と、案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

Ruby on Railsとは

Ruby on Railsとは、Webアプリケーション開発で使用されるフレームワークです。

使用言語はRubyが使われており、日本人が初めて作ったフレームワークでもあります。

エンジニアの間ではRoRと略されており、簡単なコードを書くだけでWebアプリケーション開発が可能となります。

実際にRuby on Railsが活用されているサービス

実際にRuby on Railsが活用されているサービスは何があるのか?

以下に具体的なサービスをいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

GitHub

GitHub(ギットハブ)とは、日本語に訳すと「拠点の集まり」という意味を持ちます。

運営会社はアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ市に拠点を置く、GitHub社によって運営されています。

GitHubのシステムは、Ruby on Railsによって作成されています。

また、GitHubは分散型管理システムを使用しており、多くの企業がRuby on Railsのアプリケーションを管理するために採用しています。

そのため、Ruby on Railsを使用するエンジニアはGitHubを熟知しておく必要があります。

GitHubの特徴は以下になります。

  • 開発者間でタスクを共有できる
  • セキュリティが高い
  • 柔軟性が高い
  • 簡単なコードで開発が可能

Twitter

Twitterは大手SNSプラットフォームで、Ruby on Railsによって作成されています。

スマホの普及率が上がり、アプリケーションを使用する頻度が増え、Twitterのみで月間3億以上のアクティブユーザーが存在します。

クックパッド

料理レシピのコミュニティウェブサイトです。

こちらのサイトもRuby on Railsで作成されています。

また、社内でもRuby on Railsを使用しており、開発者ブログも掲載されています。

Railsのフリーランス案件に未経験で参画できるか

Railsのフリーランス案件に未経験者が参画することは厳しいです。

その理由として、Railsの案件募集に関する必要スキルでは、実務経験が必要になる場合が多いからです。

正社員の求人募集では未経験者を採用する場合もありますが、フリーランス案件の場合は即戦力が求められるため、Railsの経験がなくともそれ以外の言語を習得しておくと参画できる可能性があります。

Railsのフリーランスが案件を受注しやすくする2つの方法

Railsのフリーランス案件の受注率を上げる方法を2つ紹介します。

以下の内容を参考にして、フリーランス案件を獲得してみてください。

ポートフォリオを充実させる

エンジニアフリーランスとして、ポートフォリオを充実させるメリットは以下になります。

  1. スキルや能力をアピールでき、評価されやすい
  2. 案件受注後のミスマッチを防げる

また、ポートフォリオを充実させる方法としては以下になります。

  1. アプリをリリースする
  2. プラットフォームを作る

上記内容を理解し実践することで、今後の案件獲得へ繋げてください。

知人から仕事を受ける

エンジニアとして働く知人から仕事を受ける方法です。

例えば、正社員時代に働いていた仲間や企業から、外注として受託制作を受けるケースです。

この場合、お互いに能力やスキルを理解しており、納期に関しても調整しやすくなります。

また、知人なので受注はほぼ確定する流れになります。

フリーランスになる3つのメリット

フリーランスになるメリットとは何か?

フリーランスとして活動する場合にどのようなメリットがあるのかを以下に3つご紹介します。

仕事を自分で選ぶことができる

会社員と違い、フリーランスは自分に合った仕事を選ぶことができます。

メリットとして、得意分野の経験を活かしておこなえるので、報酬を得ながら更なるキャリアアップをすることができます。

また、案件を受けるか受けないかは自分で決めることもできるので、経営者としての裁量権も備えています。

収入の増加が見込める

フリーランスとして活動することで、直請け案件の場合に一般的な会社員より高額な報酬を得ることもできます。

以下統計に基づいた具体的な月収です。

会社員の平均年収は542万円で、月収約45万円です。

Ruby on Railsフリーランスの平均年収は約864万円で、月収約72万円です。

要因として、フリーランスは獲得した報酬全てを手にすることができるからです。

ストレスの軽減を見込める

会社員と大きく違う点として、労働契約ではないので働く時間を自由に設定できます。

また、自身の管理を自らおこなうため、人間関係のストレスを感じにくいことも特徴の一つです。

株式会社Warisが370名を対象にしたアンケート調査結果で、メンタルヘルスが良好な人のそれぞれの割合は以下になっています。

  • フリーランス  69.5%
  • 会社員     56.9%

数字から見てもわかるようにフリーランスは会社員と比べてストレスを受けにくいことが明らかとなります。

フリーランスエンジニアのデメリット3つ

フリーランスエンジニアのデメリットを知ることで、どんな問題が想定できるか事前に知ることができます。

以下に3つのデメリットをご紹介しますので、参考にしてみてください。

仕事や収入が安定しない

フリーランスの場合、多くが業務委託契約を締結します。

この場合、期間が定められているため、契約満期が短い案件に関しては長期的に働くことが難しくなります。

そのため、再び自身で案件を探す必要があり、見つからない場合は収入の保障がありません。

社会的信用が不安定

個人で活動する場合、会社員とは違って社会的信用性の保障を担保するブランド力がないです。

更に資金力も低い印象を受けるので、社会的信用性は極めて低くなります。

ローンや融資を受けることは極めて難しいことを覚えておくと良いでしょう。

事務作業を自分で行う必要がある

フリーランスは自己管理をおこなう必要があり、その一つが事務関連です。

請求書の発行から税金関係まで、幅広い知識と幅広い活動内容が求められます。

長時間労働の原因ともされています。

エンジニアがRuby on Railsでフリーランス案件を獲得するメリット

エンジニアがRuby on Railsで、フリーランス案件を獲得するメリットを以下に2つご紹介します。

需要が安定していて案件数が豊富にある

Ruby on Railsの市場ニーズは高く、案件数が豊富にあります。

また、以下の理由でRuby on Railsの案件は多くなります。

  • Ruby on Railsは大規模だけではなく、中規模、小規模の開発でも十分活かされる
  • Ruby on Railsを採用したWebサイト開発は多く、他言語でリニューアルされることも少ない

リモートワーク可能な案件も多い

Ruby on Railsに携わる場合、リモート案件も多くなります。

そのため、副業案件を探すこともでき、ライフスタイルに合わせた働き方を選択することができます。

  • 地方に居ながら働ける
  • 通勤する必要がない
  • 時間の有効活用ができる

Ruby on Railsのフリーランス案件はどれくらい稼げる?案件例と単価相場

Ruby on Railsのフリーランス案件の平均値は月72万円ほどです。

経験年数やスキルによって単価は上がりますが、逆に経験年数が短いと平均より抑えられることもあります。

Ruby on Rails副業の単価相場

Ruby on Railsの副業をする場合、単価相場はいくらなのか?

以下に副業案件の相場をご紹介しますので、探している方は参考にしてみてください。

Ruby on Railsの副業案件の場合

Ruby on Railsのフリーランス案件は時給の場合もあれば、月額で決まっている場合もあります。

一人の1日あたりの計算としては以下になります。

  • 月収  最低最高月収   月収20万円〜70万円
  • 日給 週2~3日勤務   約2万円~7万円 
  • 時給  平均8時間実働  2,500円~8,750円

Ruby on Railsのフリーランス案件の具体的案件

Ruby on Railsの具体的なフリーランス案件をいくつかご紹介していきます。

単価の高いRuby on Railsのフリーランス案件

最も高いRuby on Railsの案件は以下になります。

【動画系SaaSツールの新規事業の開発やバックエンドの開発を担当】

  • 仕事         バックエンドエンジニア
  • 職務内容      動画系SaaSツールの新規事業の開発
  • 月額単価      150万円~
  • 求められるスキル Ruby on Rails 5年以上、AWSの基本業務がある方、Terraformを触ったことがある方、要件定義から開発まで進められる方


在宅・リモートでできるRuby on Railsのフリーランス案件

在宅・リモートでできるRuby on Railsの案件は以下になります。

【機能開発のための調査やディスカッションやRuby on Railsを使用したWebアプリケーションの設計、開発、保守】

  • 募集内容      Railsエンジニア
  • 職務内容      プロダクトの開発
  • 月額単価      70万円~
  • 求められるスキル  Ruby on Railsの経験(2年以上)、開発リーダーの経験、・Webアプリケーションの開発実務経験(2年以上)


土日でできるRuby on Railsのフリーランス案件

Ruby on Railsで、週に2日〜勤務可能な案件は以下になります。

【デジタルマーケティングおよびアナログな業務プロセスのDX化について戦略立案・実行運用・実行するDX人材の育成を行う企業の各種ソリューション】

  • 募集内容      デジタルマーケティングサービス・インフラ構築
  • 職務内容      デジタルマーケティングおよびアナログな業務プロセスのDX化について戦略立案
  • 月額単価      120万円~
  • 求められるスキル  Ruby on Railsを利用したウェブアプリケーションのインフラ構築・保守・運用経験、AWSのサーバー構築/運用経験3年以上、Linux環境でのWebシステム構築/運用、障害対応、トラブルシューティング経験4年以上


Ruby on Railsを使用するフリーランス案件を探す3つの方法

Ruby on Railsを使用するフリーランス案件を探す3つの方法について、以下にご紹介していきます。

探し方を知っておくことで、効率良く効果的に案件を獲得することができます。

フリーランスエージェントサービスを利用する

フリーランスエージェントを活用することで、代行して案件を探してくれます。

そのため、自身で探す手間が省けて時間を有効活用することができます。

また、エージェントサービスによっては、エンジニアとしての経験が方法にある担当者がいるので、利用した方が良いです。

以下にいくつかエージェントサービスを記載しておきます。

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトを利用することで、自らアピールしたりスカウトを受けることができます。

ここではポートフォリオを掲載することで、案件がマッチングしやすくなります。

以下にプラットフォームをご紹介します。

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • ランサーズ

人脈・SNS経由で紹介してもらう

人脈やSNS経由でRuby on Railsの案件を獲得することができます。

特にSNSで自身の情報を発信していると、案件をいただける場合があります。

また、人脈を利用してクライアントを紹介してもらうことも1つの手段です。

  • Twitter
  • YouTube
  • Wantedly

Ruby on Railsのフリーランス案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験とは

Ruby on Railsで稼ぐために必要なスキルや経験をご紹介します。

稼ぐために必要なことは、中長期的にフリーランスとして活動していくために必須条件となりますので、以下を参考にしてください。

他言語の習得

Ruby on Rails以外で習得すべき言語として、アプリ開発時に必要なものを以下にご紹介します。

  • Java
  • Javascript
  • Python

開発の際に役立ちますので、どれか1つでも多く習得しておけば、Ruby on Railsの案件で稼ぐことができます。

他のRubyフレームワークの習得

Rubyのフレームワークは他にも多数あり、以下にご紹介する内容から1つでも多く身に付けておくと良いでしょう。

  • Sinatra
  • Padrino
  • cuba microframework
  • Ramaze
  • HANAMI
  • Camping

1つのフレームワークだけではなく、複数使用できればフリーランスエンジニアとして稼ぐことができます。

クラウド知識の習得

Ruby on Railsで稼ぐためには、クラウド知識の習得は必須です。

アプリ開発において、クラウドアプリの開発が必要となるからです。

例えば、以下の知識を習得しておくと良いでしょう。

  • Saas
  • Paas
  • laas

これらの知識は最低限覚えておくと良いです。

開発スキルの向上

Ruby on Railsで稼ぐ場合、開発スキルの向上が必要です。

実際にRuby on Railsの案件で求められているスキルを以下にご紹介します。

  • AWSのサーバー構築
  • GitHub
  • Docker
  • Laravel

特にAWSのサーバー構築は、多くの企業で必須条件となることが多いので、習得しておくと良いです。

上流工程の経験

Ruby on Railsの案件では、実務経験が必要となってきます。

その中でも上流工程の経験があることで、より単価の高い案件を獲得することができます。

  • 要件定義や詳細設計
  • UIの基礎スキル
  • マネジメント経験

上流工程では、下流工程の知識や経験に加えて、プロダクト全般の管理運用のためのスキルや経験が必要となります。

リードエンジニアの経験

リードエンジニアとは、チームのリーダー的役割を指します。

数名のエンジニアを束ねて開発からリリースまでのタスク管理をおこないます。

リードエンジニアとして必要な能力は以下になります。

  • スケジュール管理能力
  • 采配能力
  • 設計能力
  • レビュー能力

上流工程に近い経験になるため、Ruby on Railsの案件で稼ぐには必要な条件となります。

まとめ

今回、Ruby on Railsについてご紹介をしました。

本記事のポイントをまとめると以下の内容になります。

  1. 高単価案件が多く、市場ニーズが高い
  2. Ruby on Rails以外の言語、フレームワークの習得で単価が高くなる
  3. リモート案件が多い
  4. Ruby on Rails案件を探す場合、SNSやエージェントを活用すると良い

Ruby on Railsは、他の案件に比べると単価が高い傾向にあります。

そのため、他分野のエンジニアとして活躍されている方はRuby on Railsに携わることで、年収アップやキャリアアップが狙えます。

ぜひ、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください