1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. Rubyのフリーランスの案件にはどんな種類があるのか

Rubyのフリーランスの案件にはどんな種類があるのか

Rubyフリーランスの現状

フリーランスのエンジニアは在宅勤務というイメージがある方も多いと思いますが、Rubyの案件は※アジャイル方式で行われることが多く、他のエンジニアと細かく打ち合わせをする必要があるので、基本的にクライアント先に赴いての作業になります。

「イテレーション」という短い開発期間の単位を採用することでリスクを低くする手法

件数は少ないですが、在宅で作業可能な案件もあります。Rubyは人気のある言語で、日本で使われているwebサービスやスマートフォンアプリなどで多く使われていて、食べログやクックパッドなどの有名で人気なwebサービスやECサイトなどにもRubyが使われています。Rubyの案件は他のプログラミング言語と比べると数が多く、特徴はweb系に特化した言語ということです。Ruby on Railsというフレームワークが有名です。Rubyのエンジニアになるなら、RubyフレームワークのRuby on Railsの習得をオススメします。

Rubyのフリーランスにおける3つのメリット

①ベンチャー企業の案件がたくさんある

Rubyは、効率よく作業ができるので、短期間で効率よく開発を進めたいベンチャー企業やスタートアップ企業では、最初からRubyを利用することが多くなっています。求人案件ではバックエンドの開発案件を数多く見つけることができます。サーバー関係のスキルと知識を持っていることによって案件の幅が広がり、さらにエンジニアの希少価値が上がるでしょう。

②Railsなどのアプリケーションフレームワークの案件が豊富にある

RailsとはRuby on Railsとも呼ばれるwebアプリケーションフレームワークです。フレームワークに関する案件というのは豊富にあります。特にRuby on Railsを使った案件がかなり多いことで有名です。より多くの案件のなかから仕事を獲得するためにも、セットで習得しておくといいでしょう。

フレームワークには他にも、Sinatra・Padrino・cuba microframework・Ramaze・HANAMIなどがあります。

③案件数が多い

日本で作られたプログラミング言語なので、国内で広く使われていて案件の数が多いです。世界中で利用されている言語ですが、日本での利用率は特に高いです。その理由は、学習のための動画や資料などが日本語で手に入りやすいからです。それによって日本ではRubyを使えるエンジニアや利用率は比較的多いです。また企業もそれに合わせてこのプログラミング言語を使うことが多くなるので、企業とフリーランスエンジニア間の需要と供給がうまく保たれています。開発できる案件の種類も多く、幅広い案件の中から仕事を探すことができます。これからもバリバリに活躍する言語になるでしょう。

Rubyのフリーランスに関する案件の種類

①ECサイトの開発案件

ECサイトとは、サイトで商品を購入できるwebサイトのことです。Rubyだけではなく、他のプログラミング言語を必要とする場合もあります。しかし、RubyのフレームワークRuby on Railsを使えば、簡単にwebサイトを開発することができます。

②webアプリの開発案件

SNSなどのサーバサイドの開発を行うことがあるので、バックエンドの知識を求められます。フレームワークRuby on Railsを使用することが多くなっています。

③システム開発の開発案件

不動産、建設、医療、教育、金融などに関するwebシステムの開発に関する案件です。フレームワークRuby on Railsを使用する場合が多いですが、JavaやPythonなどのプログラミング言語を使用するケースもあります。

④ゲーム、機械学習、AIに関する開発案件

Rubyでもゲームや人工知能の開発ができます。大企業になるとソーシャルゲーム一つに多額な予算をかけることもあるので、案件の報酬も期待できそうです。

Rubyのフリーランスに関する案件の相場・平均単価

週5日の稼働で月に80万円前後が相場になります。(’’https://futurizm.jp/articles/148’’ より参照)

別の言語は月に50~60万円前後の案件が多いです。なので、同じ条件で他の言語と比較するとこの言語の案件は全体的に単価が高いといえます。単価の高い要因としては、このプログラミング言語を理解して書けるフリーランンスエンジニアが不足しているという状況があるからだといえます。なので、しっかりとしたスキルを持っているとフリーランスでも高単価が狙えるのがこのプログラミング言語なのです。また、経験年数による単価の違いもあり、経験が一年のエンジニアだと25万円ほどで、五年を超える経験だと80万円ほどです。(’’https://freelance-start.com/articles/18#title9’’ より参照)

どうすれば単価を高くできるのか

エンジニアとして経験を積めば当然単価は上がるでしょう。ではどのような経験を積めば高単価の案件を獲得できるのでしょうか、説明していきます。

①開発マネージメントやレビュー経験者

プログラミンングスキルが高く、信頼を得ている開発マネージメントやレビュー経験者は単価が10万以上も上がることがあります。スキルが高く経験も積みつつ、信頼も得るということはやはり高単価案件を獲得できるといえるでしょう。

②要件定義や基本設計などの建設スキルがある

要件定義や基本設計などの建設スキルなどがあることによって高単価案件を得ることができます。ビジネスの観点から仕事を理解して技術に落とし込める人材は、エンジニアのスキルが高いと見られる可能性が高く、希少性も高いと判断されます。

③Rubyを使用した大規模なシステム開発の経験がある

資金の安定したクライアント企業から高単価案件を得られる可能性が高いです。

④AI、IoT、SNS、ライブ動画配信に関する経験

新しい分野なので、とにかく今から経験を積むことで有利になっていきます。経験があることで案件を獲得しやすく、高単価案件も得やすいといえるでしょう。これらの分野は、これからの時代需要が高まるといえるので、今から経験を積み上げていきましょう。

⑤フレームワークの開発案件

Rubyの経験があるエンジニアならRailsを使えることが多いので、学習段階で習得しておきましょう。フレームワーク経験があれば、案件も獲得しやすいです。

Rubyのフリーランスの注意点

Rubyには処理が遅いといったデメリットがあります。人気は一時期よりは落ち着き、かつてほど案件は多くありません。ですがメリットが多く、効率的で素早い開発、そしてベストな実装、サービスの提供ができることを考えると選択するプログラミング言語としては今でも優秀といえます。スピード感が重視されるスタートアップ企業やベンチャー企業での人気は特に高く、Rubyで稼働しているシステムも多いことから、Rubyエンジニアの需要はまだまだ続いていくでしょう。将来性もPythonほど華はありませんが様々な現場でこれからも使われていくでしょう。最後の注意点として、Rubyは「動的型付け言語」であるということがあげられます。それによってプログラミングにおいて重要な要素である「クラス(型)」に関する理解がおろそかになるということです。そのため、まずはJavaのような「静的型付け言語」を学び、できればJavaエンジニアとして仕事を経験するのも良いかもしれません。

エンジニアスタイル東京でRubyのオススメ案件を探す

Rubyの副業求人・案件 | エンジニアスタイル東京

まとめ

  1. Rubyは、在宅で作業可能な案件もあり、様々な有名人気サービスに使われている言語
  2. ベンチャー企業やスタートアップ企業の案件が豊富
  3. 他の言語より単価が高い
  4. 日本国内で作られた言語で、企業でも使われていることが多く、案件が多い
CATEGORY:
#フリーランス
TAGS:
#Ruby
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でRubyの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件