1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. プログラマーの副業とフリーランスを徹底比較

プログラマーの副業とフリーランスを徹底比較

プログラマーの副業とフリーランスの違いは?

プログラマーとは、会社組織で例えるならば経理をやる人、営業の人、事務の人と、その人のスキルや得意分野によって仕事内容が分かれているように、プログラマーが行うプログラミングにも様々な種類があります。

身近なもので例えるならば、スマホアプリのゲームを作成したりエラーを改善したり、ブログのホームページを白紙の状態から色や、リンク先等を思うがままに作れる人の事です。

近年、知識を身に付ければ稼げると話題のプログラマーの仕事で、副業で稼ぐのとフリーランスで稼ぐ事の比較を紹介致します。

副業とは

本業の仕事をしながら、空いた時間にプログラマーとして副業をしようとするとプログラミングの知識がどのくらいあるかによって、収入の差が出てきます。

プログラミングには、ソースコードといったシステムの動作を細かく指令を出す英字で文字列が連なったコードの知識スキルを初心者、中級者、上級者と大きく区分けされる事が多いようです。

そして、プログラマーとしては依頼人が居ないことには成り立たない仕事です。

本業が別の職種にありながら、独学で2.3ヶ月もあればスキルを習得できるとYouTubeとかで講師をしている人も多く見受けられます。

独学の場合は経験も浅ければ、依頼があったとしても大したお金にはならないようですが、スキル知識がある人ならば副業でも10万以上の金額が収入を得ることもできます。

副業の中でも多く見受けられるのは二通りあります。

一つ目は、クラウドソーシングという企業や個人が依頼したい項目をネットを通じて不特定多数の人に依頼をして契約を結ぶシステムです。

二つ目は、プログラマーのスキルをYouTube等ネットを通じて教える事で収入を得ることです。

少しの収入でも良ければ副業でも数万円から収入を得られるのでプログラミングに興味のある方は初心者の方でも独学であっても多少得られると思います。

フリーランスとは

フリーランスとは近年で聞き慣れてきた言葉で、最近ではアナウンサーでもテレビ局の所属ではなく退社をして、個人として契約を結び仕事を選んで仕事をする人が増えてきました。

スキルがあれば誰でも自らフリーランスの道を選ぶことができます。

自ら仕事を取りにいき、全て自分で責任を負うことになります。

フリーランスと個人事業主は同じ扱いになりますが、法人として税務署に開業届を提出しているれば、クライアントからの信頼を得ることが出来て、仕事の幅が広がるかと思います。

プログラマーの副業とフリーランスのメリット・デメリット

副業のメリット

初心者でも独学で学べばプログラミング知識を活かして収入を得ることができます。

副業の場合は知人に依頼者を紹介してもらったり、クラウドソーシングでは条件を選び納得した上で契約する事が出来て、時間の合間に納期もクライアントと相談した上で契約を結ぶことができるので自分のスケジュールを管理しながらお金を稼ぐことができます。

本業が別にあるので、辞めたい時に簡単に辞めることができて合間があれば稼げるという自分の体調や生活事情に合わせることもメリットです。

副業のデメリット

知識があってもプログラミングのスキルが少ないと出来る仕事が絞られてしまいお金にならない事もあります。知識があればあるほど儲かりますが理解した上でないと、稼げないと思い悩む人も多いようです。

本業の会社には中小企業や大手企業の場合は、副業を禁止する会社もあるので副業をしたくても本業の会社が受け入れているかの確認は必要です。

フリーランスのメリット

企業に属さないので毎日のスケジュールが自分の思うように組み立てられるので、納期に間に合えば起きる時間も休憩も休日も自由です。自分のスキルを活かせるので、個人の評価に繋がり自信を持つ事もできます。コミュニケーションが苦手な人でも仕事の交渉のみなので会社の仕事仲間と仲良くしなければいけないという職場関係の上下関係などのプレッシャーはありません。

自分が社長という認識で好きなように自分の仕事をカスタマイズ出来るのが一番のメリットだと思います。

信頼できる人と契約が一度できればずっと仕事を続けて、そこから色々な人へ紹介したりで仕事を増やしていけます。

フリーランスのデメリット

契約から解約する時も全て自分で対応する必要があります。確定申告を自ら対応する必要があり、何か問題があったときは自分で全て対応しなければならず、フォローしてくれる人も自分で探さなければいけません。

コミュニケーションが苦手な人は値段交渉や価格の駆け引きも必要なので仲介者をお願いする必要があると思います。

仕事を探すにも、プログラミングの種類が知識豊富でないと難易度が高く仕事の幅が広がらないので、フリーランス一本でやっていくには独学のみの知識だけでは難易度が高いようです。

プログラマーの副業では

エージェント(仲介業者)を活用しよう 

エージェントとは企業からの紹介の為、エージェントの人が仲介に入ってくれるので交渉もやりやすくなります。

契約から終了まで、コミュニケーションが苦手な人ならば一番良い方法だと思います。

シューマツワーカー

文字通りに週末にできる案件が多いので、少しの時間で行える副業の方には良いと思います。

Work ship

在宅仕事が条件で仕事を紹介してくれます。

リモートでの案件が多いので、契約の交渉をするのにも会社に出向く必要がないので、空いた時間にオンラインで相談しながら契約を結べるので、とても楽です。

ITプロパートナーズ

週2日から働くことができて在宅プログラマーとして条件を探してくれます。

定期的に契約を結びたい人にはオススメです。

プログラマーのフリーランスでもエージェント(仲介業者)を活用しよう

フリーランスであっても依頼者が必要なので知人の紹介も良いですが、仲介業者が一番良いのでエンジニア専門の契約サイトがあります。

TECH STOCK(テクスト)

無料登録をしてサイトと契約をし幅広い案件があるので初心者レベルからスキルアップしていき50万ほどの収入も得られます。

FRESTA

個人的に一番オススメのエージェントで確定申告の仕方の講習等があるのでプログラミング知識があっても他の細かな手続きの知識がない場合教えてもらう事もできます。

契約をしたら担当者から連絡がきて希望により前払い制度もあります。

レバテック

エンジニア専門のエージェントで企業から直接契約ができるので手数料は少なく、安心と信頼がありレベルを高く仕事したい方にはオススメです。

エンジニアスタイル東京でプログラマーのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs

まとめ

プログラマーで収入を得るにはどれだけの知識があるかによって変わってきます。

プログラマーの副業に関して、初心者の人でも独学で学んで金額は少ない金額からになりますが始められる仕事は多いです。

プログラマーのフリーランスに関しては、プログラミングは様々な種類がありスキルによって収入も変わってくるので、スキルがあれば月50万以上稼げるので自分のペースで仕事をすることが出来ます。

副業にしてもフリーランスにしても、プログラミングの講義をして収入を得るのも良いのですが、教える相手とのスケジュールや対応が必要になるので、人と関わり続けたい人にはオススメです。

自分の知識で評価を得るためには、仲介人のいる企業と契約をして依頼にそってプログラミングをすることによって、信頼と評価をもらえます。

会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件