1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. Webアプリケーションエンジニアの副業で稼げる事例5選

Webアプリケーションエンジニアの副業で稼げる事例5選

目次

副業は増加傾向

平成29年、総務省統計局が『就業構造基本調査』を公表しました。この調査結果は、副業者の比率かつ副業希望者についてのデータを示しています。

以下の図を見ると、副業者の比率は平成24年と比較して0.4ポイント増加。さらに就業中で副業を希望している人の割合は、平成14年と比較して1.3ポイントも増加する結果となりました。

就業構造基本調査

引用元:統計局ホームページ/平成29年就業構造基本調査

Webアプリケーションエンジニアの副業は増えている

業種を問わず副業が増加している傾向にありますが、Webアプリケーションエンジニアが行う業務についても副業が増えています。理由は、以下の2つです。

  • Webアプリケーション制作の需要増加
  • リモートワークの普及

IT業界規模の拡大に伴い、Webアプリケーション制作の需要が増加しています。経済産業省が調査した『国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)』によると、デジタル系分野にて2018年と2019年で比較すると、2兆382億円から2兆1,422億円に市場規模が増加。伸び率においては5.11%も上昇しました。

次にリモートワークが普及し、オンラインでの開発環境が整ってきている点です。Webアプリケーションの開発においては、ソフトウェアを活用することで、Web上ですべて完結しやすいところも大きな理由の1つです。

Webアプリケーションエンジニアの副業の3つのメリット?

副業は労働者と企業の双方にメリットがあります。ここではWebアプリケーションエンジニアの副業における代表的なメリットを3つ紹介します。

  • 本業以外で収入を得ることができる
  • 本業と並行して自身のキャリアを主体的に形成することができる
  • 自由な働き方を実現することができる

本業以外で収入を得ることができる

副業をする理由として多いのは、収入を得ることではないでしょうか。本業での収入は生活費に充て、副業で得た収入は趣味や自己投資に使うことでしょう。また、副業で収入を得ることは、こころの安定にも繋がります。気持ちの自由度を高め、将来に対する不安が解消されるためです。

本業と並行して自身のキャリアを主体的に形成することができる

次に本業で収入を得ながら、独立に向けての準備やスキルアップを行うことができます。本業と同時に副業をすることで、収入が減るリスクを抑えることが可能です。しかし、本業と副業を同時に行うには時間の管理をしなければいけません。副業を継続するために、朝の時間を活用するなどの工夫が必要でしょう。

自由な働き方を実現することができる

Webアプリケーションエンジニアの副業で、収入以外の大きなメリットとして自由な働き方を実現することが可能です。自身のスキルや希望する収入に応じて、週何日働くなどといった選択をすることができます。また、Webアプリケーションエンジニアの仕事は、リモートワークが可能な案件が増えてきている点も、メリットと言えます。

Webアプリケーションエンジニアの副業案件の見つけ方3選

ではWebアプリケーションエンジニアとして副業をする上で、どのように案件を探せばよいのか。ここでは以下3つの方法を紹介します。

  • エージェントサービスを利用する
  • SNSで探す
  • 営業して案件を獲得する

エージェントサービスを利用する

エージェントサービスを利用することは、副業をする上で最もポピュラーな方法です。IT業界に精通したエージェントが案件の獲得から業務中、さらに収入が途絶えないよう次回の案件獲得までサポートします。また、エージェントサービスによって受注できる案件や福利厚生などに違いがあります。詳しくは次で紹介するので参考にしてください。

SNSで探す

TwitterやFacebookなどのSNSから案件を獲得することも可能です。SNS経由なら、エージェントサービスを利用する際の手数料を取られずに副業収入を得ることができます。ただ、SNSにおいて自身の影響力がどの程度あるのかや、実績を証明できるポートフォリオが必須になること。これらの課題をクリアすることが必要です。

営業して案件を獲得する

3つめに自身が営業して案件を獲得する方法を紹介します。まず、dodaGreenなどのエンジニアに特化した求人サイトを閲覧。次に、応募してみたいと思う企業をいくつかピックアップしてください。そのピックアップした企業のホームページで、お問い合わせフォームにてメッセージを送ります。この方法もSNSと同じく実績が必要になる上に営業力が求められます。しかし、単価アップは確実に見込めるでしょう。

Webアプリケーションエンジニアで副業にオススメなエージェントサービス3選

次に、Webアプリケーションエンジニアの副業でオススメするエージェントサービスを、3つ紹介します。

  • レバテックフリーランス
  • ITPRO PARTNERS
  • クラウドテック

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスのエージェント業界認知度・登録者数・利用者の平均年収のいずれもNo.1を誇るエージェントサービスです。月あたりの最高単価は160万円で、平均年収は862万円。取引をしている企業の数は3,000社以上で業界最大規模といえます。紹介する案件は、契約を結んだ企業に常駐して業務を行うものが多いです。

ITPRO PARTNERS

ITPRO PARTNERSは、週2日から働ける案件を紹介してくれるエージェントサービスです。その上、直接案件を受注できるので、手数料を取られにくく高単価という特徴を持っています。例えば、Pythonエンジニアの報酬単価は50〜120万円ほど。紹介される案件は常駐型がほとんどですが、クラウド上に開発環境を持つ企業においては、リモートワークによる仕事が可能とのことです。

クラウドテック

クラウドテックは、紹介する案件の7割以上でリモートワークが可能です。さらに週3日から働くことができ、案件の報酬単価は60〜110万円ほど。クラウドテック最大の特徴は、登録企業数が14万社と豊富なことです。運営会社がクラウドソーシングを手がけるクラウドワークスだから実現できる数値でしょう。

以下の表にそれぞれのエージェントサービスの内容をまとめました。

レバテック フリーランス ITPRO PARTNERS クラウドテック
フリーランス案件数 28,029件 3,727件 8,365件
リモート案件数 3,741件 1,751件 442件
平均単価 76万円 50〜120万円 60〜110万円
最短勤務日数 週3日〜 週1日〜 週1日〜
対応エリア 【関東】東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県【東海】愛知県【関西】大阪府・兵庫県・京都府【九州】福岡県・長崎県・熊本県・大分県 全国※地方はごく僅か 全国※地方はごく僅か

※案件数や単価などについては、2021/5/31時点で公式サイトにて検索した情報です。非公開とされる求人はカウントの対象としていません。

Webアプリケーションエンジニアの高単価ランキング

Webアプリケーションエンジニアの案件で、単価の高い順に5位までまとめました。職務内容から稼働日数、開発環境などを募集中の案件からそのまま記載しています。

【PM/PMO】大手国内外EC事業会社向けERPパッケージ開発の求人・案件

  • 職務内容:大手国内外EC事業会社のERPパッケージ開発
  • 単価:〜1,150,000円/月
  • 稼働日数:5日
  • リモートワーク可
  • 開発環境:Ruby、Swift、kotlin、Unity、GitHub、Docker
  • 求めるスキル:PM・PLのご経験
  • 歓迎スキル:生産工程管理の経験

【PHP/リードエンジニア】クラウドシステム新規開発の求人・案件

  • 職務内容:シフト管理システムの開発チームにてリードエンジニア
  • 単価:〜1,050,000円/月
  • 稼働日数:5日
  • リモートワーク:不可
  • 開発環境:PHP

【Ruby】協働学習向け授業支援システム開発の求人・案件

  • 職務内容:教育クラウドプラットフォームサービスの開発
  • 単価:〜1,000,000円/月
  • 稼働日数:3日〜
  • リモートワーク:可
  • 開発環境:Ruby、JavaScript、Ruby On Rails、React、GitHub、Docker

【Python】通信キャリア向けWEBアプリケーション開発の求人・案件

  • 職務内容:通信キャリア向けWEBアプリケーション開発
  • 単価:〜900,000円/月
  • 稼働日数:5日
  • リモートワーク:可
  • 開発環境:Python、MySQL、GitHub、Jenkins

【iOS】ビジネスSNS開発の求人・案件

  • 職務内容:ビジネスSNSサービスの開発
  • 単価:〜800,000円/月
  • 稼働日数:3日〜
  • リモートワーク:可
  • 開発環境:Swift、iOS、BigQuery

ここまでWebアプリケーションエンジニアが関わる仕事で、高単価である案件をまとめました。高い総合力を求められ、プロダクト全体を統率するプロジェクトマネージャーが最高単価という結果に。続いてエンジニアチームのリーダー職ともいえる、リードエンジニアが上位に入ります。高単価である案件の特徴として、稼働日数は最低3日から選択可能。さらにリモートワークでの業務ができます。

Webアプリケーションエンジニアの案件数が多いランキング

Webアプリケーションエンジニアの案件でも、使っているプログラミング言語はさまざまです。その中でも案件数が多い5つのプログラミング言語を紹介します。

  • JavaScript
  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • Python

JavaScript

  • 案件数:1,319件(※レバテックフリーランスの検索結果による)
  • 単価:800,000円〜1,150,000円
  • 稼働日数:週3〜5日

プログラミング言語別で案件数を比較すると、JavaScriptが1位です。JavaScriptはWebサイトやWebアプリケーションの開発において、必要不可欠といえるでしょう。ただ、JavaScriptがそのまま使われることは少なく、ReactやVue.jsなどのライブラリを使うことがほとんどです。そのため案件を受注するためには、ライブラリの知識と技術を使ったポートフォリオが必要になります。

Java

  • 案件数:1,279件
  • 単価:800,000円〜1,150,000円
  • 稼働日数:週3〜5日

続いてJavaが2位です。Javaは開発効率に優れ、JVMがあることで開発環境に依存しません。また、ライブラリが豊富であることで、開発の簡易化に優れるという特徴を持っています。このことから副業としての案件数も多く、仕事に直結させやすいといえます。

PHP

  • 案件数:1,132件
  • 単価:800,000円〜1,050,000円
  • 稼働日数:週3〜5日

PHPはWebアプリケーションの作成に向いていることから、案件の多さにつながっています。ただ、PHPに限ったことではありませんが、PHP以外にもJavaScriptなどの他のプログラミング言語の知識が必要になることは多いです。実際に募集されている案件を閲覧し、必要なスキルの洗い出しを定期的に行いましょう。

Ruby

  • 案件数:1,031件
  • 単価:800,000円〜1,150,000円
  • 稼働日数:週3〜5日

Rubyも他の上位にランクインするプログラミング言語と同じく、Webアプリケーションの開発を得意としています。ただ、Rubyの案件ならそのフレームワークである、Ruby On Railsの知識と実務経験が必要になります。案件に参画できるよう、データベースを使ったものアプリの開発や、GitHubなどのバージョン管理ツールといった使い方をしっかり身につけましょう。

Python

  • 案件数:747件
  • 単価:800,000円〜1,150,000円
  • 稼働日数:週3〜5日

PythonはAI(人工知能)の開発において注目されているプログラミング言語です。さらにプログラミング言語としての汎用性の高さから、Webアプリケーションの開発にも採用されています。案件数を他のプログラミング言語と比較すると1,000件を下回りますが、Pythonは人工知能開発において最先端で使われている言語であり、将来性は非常に高いといえるでしょう。

総括

案件数が多いプログラミング言語を5つ紹介しました。エンジニアとして活動していると、いずれも聞いたことのある言語だと思います。JavaScriptで説明したとおり、安定して案件を受注し続けるためには1つのプログラミング言語だけではなく、複数のプログラミング言語の知識が必要です。そのため案件を通じて現場経験を積み、スキルアップのために学習を継続しましょう。

Webアプリケーションエンジニアのオススメランキング

Webアプリケーションエンジニアが稼ぎやすい案件には、どのような特徴があるのか。これまで紹介したプログラミング言語を使い、稼ぎやすいと思われる代表的な案件をランキング形式で5位まで紹介します。

【機械学習|リソース応相談】異物検出のAI開発を推進してくださる方募集!!

  • 職務内容:AI開発について推進方法のアドバイス
  • 課題内容:スライサー×AIで野菜の異物を取り除く技術の開発と精度アップ
  • 単価:〜190,000円/月
  • 稼働日数:1日
  • リモートワーク:可
  • 開発環境:Python、AWS、OS:Ubuntu、google colaboratry
  • 歓迎スキル:画像処理関連の豊富な知見

はじめに紹介するのは、人工知能(AI)開発をPythonで行う案件です。Pythonの案件は単価が高い傾向にあります。なぜなら、機械学習などの先端テクノロジーを扱うエンジニアが希少であるためです。そのため、Pythonで人工知能(AI)開発を行えるフリーランスエンジニアは高い報酬が期待できるでしょう。さらにこの案件では週1日から働くことができ、リモートワークも可能です。

【フルリモート】導入実績1500台以上!自社システムなどの開発をお任せします!

  • 職務内容:フレームワークを用いたバックエンドとAndroidアプリ開発
  • 単価:〜600,000円/月
  • 稼働日数:4日〜
  • リモートワーク:可
  • 開発環境:Java(サーバーサイド) or Java(Android) での開発経験
  • 歓迎スキル:数百〜数千規模のテーブル数での開発経験がある方

Javaは大規模な案件で使われる傾向にあります。そのため、Javaを使ったWebアプリケーション開発の案件を、大企業で多く発注しているようです。また近年では、Androidのアプリ開発もJavaで行われるようになり、スマートフォンアプリの開発案件も増えてきています。ただ、Javaのリモート案件は他の言語と比べて多く見られません。ですがJavaの需要は高く、稼ぎやすい案件が非常に多いといえるでしょう。

【PHP・Laravel】MEO対策ツールに新機能追加実装をしてくださる、優秀なエンジニアを募集!

  • 職務内容:自社サービスの新機能追加
  • 単価:〜400,000円/月
  • 稼働日数:3日〜
  • リモートワーク:不可
  • 開発環境:PHP、Java
  • 歓迎スキル:PHP( Laravel)を用いたWebサービスの開発ご経験

PHPで紹介するのは、自社開発の案件です。PHPはWeb制作やWebアプリケーションの開発で使用され、複数の言語と併用されることが多いです。そのため、PHPを軸として案件を獲得するのは時間がかかる可能性もあります。ですが、PHPはRuby以上に案件数が豊富です。実務経験が多いほど単価も伸びるので、しっかりスキルを身につけて案件を受注できるようにしておきましょう。

【VueJS/Typescript】インスタグラムを活用した自社ソリューションサービスのエンハンスを推進するフロントエンドエンジニア募集

  • 職務内容:エンハンス対応、品質改善を目的とした追加開発の対応
  • 単価:〜600,000円/月
  • 稼働日数:4日〜
  • リモートワーク:可
  • 開発環境:【フロント】Vue.JS/Nuxt.JS/TypeScript/Node.JS、【サーバー】Node.JS/C#/.NET CORE
  • 歓迎スキル:Node.JSを用いた開発経験

JavaScriptの案件数は非常に多く、単価も高いためオススメできるプログラミング言語です。しかし、フレームワークの実務経験や他言語の習得が必要不可欠なため、稼ぐまで時間がかかる可能性が高いといえます。

【フルリモート可】急成長!ブロックチェーンに興味関心のあるバックエンドエンジニア募集!

  • 職務内容:会員制リサーチメディアの開発
  • 単価:〜500,000円/月
  • 稼働日数:3日〜
  • リモートワーク:可
  • 開発環境:Ruby、Rust、Golang、Solidity、TypeScript
  • 歓迎スキル:リードエンジニアの経験

最後にRubyを使ったバックエンドの案件を紹介します。この案件では、仮想通貨に使われるブロックチェーンにも携わることが可能です。Rubyで開発を担当する案件の平均単価は、JavaやPHPなどの言語と比較すると高め。しかし、Rubyエンジニアが未経験で受注できる案件はほぼありません。最低3年から5年ほどの実務経験が必要になります。Rubyを使う案件は高単価である一方、稼ぐまで時間がかかるといえるでしょう。

総括

Webアプリケーションエンジニアとして稼ぎやすい案件の例を紹介してきました。2006年にディープラーニングや、2010年代以降にビックデータが登場してから10年以上経ちますが、人工知能(AI)は時代の最先端技術として浸透し続けています。そしてこれらの技術を扱える人材になることが、稼げる案件を受注できる最も早い近道です。将来自分がどの分野で稼げるようになりたいのか、現在の立ち位置を確認しつつ、キャリアを積み上げていきましょう。

Webアプリケーションエンジニアの副業は稼げる

Webアプリケーションエンジニアの案件で特に高単価なものや、案件数の高いプログラミング言語について紹介してきました。次に案件の種類において、どの工程が稼げるのかをご覧ください。

工程ごとの単価比較

※引用元:フリーランスエンジニア専門エージェント【ハッピーエンジニア】

上の図は、首都圏で活動するフリーランスエンジニアの月収相場です。ご覧のとおり、運用保守やテストといった工程の案件での月収が低めである反面、PMといった上流工程であれば単価もアップします。スキルアップと実務経験を重ね、案件を受注できるように実績を積み上げましょう。

Webアプリケーションエンジニアの副業の注意点

ここまでWebアプリケーションエンジニアで副業を行うメリットや、仕事の内容について紹介してきました。しかし、副業をするにあたり3つ注意点があります。

  • 本業と並行して副業を行う
  • 時間の管理が必要になる
  • 稼げるようになるまで時間がかかる

本業と並行して副業を行う

副業をする上で最も大切なことは、安定した収入の有無です。収入面の不安を減らすことは、気持ちを安定させるとともに副業の成果に直結します。本業で収入がある状態で、じっくり腰を据えて副業に取り組みましょう。

時間の管理が必要になる

本業と並行して副業を行うため、必然的に時間の管理が必要です。副業で成果を出すためには休日だけではなく、移動中や休憩などの時間も使うことがあるでしょう。副業をする上において、一度に時間を使う必要はありません。脳は実行したタスクの内容を記録し続けるからです。ですので副業で効率よく稼ぐためには、短い時間を有効活用することが重要になります。

稼げるようになるまで時間がかかる

Webアプリケーションエンジニアの案件は、ご覧のとおり非常に高単価です。しかし、仕事を受注するためには、実務に必要なスキルの習得と実務経験を積まなくてはいけません。ここで大切なことは、いきなり高単価の案件を希望しようとしないことです。エージェントという第三者からの視点で、自分の市場価値を確認してもらいましょう。このように、理想と今自分が持っているスキルのギャップを埋める工夫が必要です。

エンジニアスタイル東京でWebアプリケーションエンジニアのオススメ案件を探す

Webアプリケーションエンジニアのフリーランス求人・案件 | エンジニアスタイル東京

まとめ

Webアプリケーションエンジニアの副業で稼げる事例について紹介してきました。本記事の内容についてまとめます。

  1. Webアプリケーションエンジニアの副業は高単価だが実績が必要になる
  2. 副業で稼ぐなら本業と並行してエージェントサービスを活用しよう
  3. 単価アップを狙うにはスキルアップと実績を積んで上流工程の案件を受注しよう

副業をすることで得られるメリットはたくさんあります。本業以外に収入を得られ、エンジニアとしてキャリアの形成に役立つでしょう。しかし良いことばかりではなく、稼げるようになるまで時間がかかるのは事実です。

そこでエージェントサービスを利用して、案件を獲得するためには何が必要なのか客観的に見てもらいましょう。自分だけでは気づきにくいところを教えてくれます。

さらに、今自分が受けたい案件の情報を見てみましょう。そこから必要なスキルを逆算して知識を増やすことで、副業で稼げる一歩を踏み出せるはずです。

CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でWEBアプリケーションエンジニアの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件