1. TOP
  2. エンスタマガジン
  3. 副業
  4. Vue.jsの副業で稼ぐには?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

Vue.jsの副業で稼ぐには?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

エンジニアスタイルは、最高単価320万円、国内最大級のITフリーランス・副業案件検索サービスです。Vue.jsのフリーランス・副業案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。


Vue.jsとは

エンジニアとして副業を始める際、Vue.jsとは何のことか気になる人も多いでしょう。

Vue.jsとは、ユーザーインターフェースを開発するために使われる、JavaScriptのフレームワークのことです。

開発のために、必要な機能が取り揃えられたツールというイメージが、最も分かりやすいでしょう。

多くの機能が使用可能で、操作を覚えることで非常に扱いやすく少しのタイピングによって、簡単に実装ができます。

また、Vue.jsは非常に人気の高いフレームワークの1つです。

2018年時点、Vue.jsはソフト開発向けプラットフォーム”GitHub”でのスター数で、1位を誇っています。

順位 プラットフォーム名(スター数)
1位 Vue.js(116,000)
2位 Angular(59,200)
3位 jQuery(50,100)

他のプラットフォームに比べ、約2倍の差があることから、その人気度が伺えるでしょう。

Vue.jsの特徴

プログレッシブフレームワークである

Vue.jsの特徴として、プログレッシブフレームワークであることが挙げられます。

プロジェクト全てに導入する必要がなく、自分が選んだ部分にだけ適用が可能です。

JavaScriptが分かれば簡単に扱える

また、基本的にJavaScriptが分かれば、Vue.jsも扱えます。

Vue.jsはJavaScriptのフレームワークであるため、1から勉強する必要がありません。

柔軟性に長けたフレームワークである

Vue.jsは、可読性に優れていることも特徴です。他にも、さまざまな言語系フレームワークがあります。Vue.jsは、他の言語系フレームワークと非常に相性が良いことも特徴です。

一例として、Laravelは5.3からフロント周りで、公式にVue.jsをサポートしています。

そのため、Vue.jsは柔軟性にも長けているフレームワークと言えるでしょう。

エンジニアがVue.jsで副業案件を獲得するメリット

エンジニアがVue.jsで副業案件を獲得することには、いくつかのメリットがあります。

Vue.jsによる、副業案件獲得のメリットは、下記の5つです。

  • 需要に対してエンジニアの数が足りていない
  • 案件数が豊富にある
  • 繋がりができ、転職やフリーランスへのきっかけになる
  • 新しい技術へのチャレンジができる
  • リモートワーク可能な案件も多い

需要に対してエンジニアの数が足りていない

Vue.jsは、他のフレームワークより比較的新しい仕組みとなっています。

そのため、供給が追いついていません。

現状、Vue.jsを扱えるエンジニアは重宝されています。

案件数が豊富にある

Vue.jsは、案件数が豊富です。

2022年5月時点、Vue.jsのフリーランスエンジニア向け案件・求人紹介サイト”DoocyJob”では、316件ものVue.jsを使用した案件を取り扱っています。

副業でエンジニアの仕事をする場合、フルタイム並みに時間を費やすことは難しいという人も多いでしょう。

案件数が多いことによって、副業としての仕事を獲得しやすいだけでなく、自分に合った条件の案件が見つけやすいです。

繋がりができ、転職やフリーランスへのきっかけになる

Vue.jsは、他言語系フレームワークと相性が良いことから、エンジニア同士の繋がりができます。

会社員エンジニアと一緒に同じプロジェクトに取り組むことで、スカウトされる可能性もあるでしょう。

また、フリーランスエンジニアと同じプロジェクトに取り組むことで、レベル感が分かり自分自身もフリーランスに転身するきっかけになる可能性もあります。

新しい技術へのチャレンジができる

Vue.jsは、2014年から使われ始めたフレームワークです。

さまざまな言語やフレームワークがあるなかで、歴史も浅く新しい技術にチャレンジできます。

また、他の言語系フレームワークと相性が良いことから、Vue.js以外のフレームワークも学んだりスキルアップしたりと、新しい技術取得へのチャレンジがしやすいです。

リモートワーク可能な案件も多い

エンジニアがVue.jsの案件を獲得することの利点は、リモートワーク可能案件が多いことも挙げられます。

Vue.jsは、現場で仕事を行う必要がない、もしくは最小限で良いという案件が多いです。

副業でエンジニアをする場合、本業との兼ね合いから、できるだけ時間と場所に囚われたくないという人もいるでしょう。

Vue.jsの案件を獲得することで、上手く本業との両立や自由な働き方ができます。

Vue.jsの副業案件はどれくらい稼げる?案件例と単価相場

Vue.js案件の平均値は、月70万円ほどです。

当たり前ではありますが、実務経験やその年数によって単価は上がります。

これから案件を獲得するのであれば、経験年数が短いと平均より抑えられることがあることは認知しておきましょう。

また、最高単価は200万円、最低単価は10万円となっています。

Vue.js副業案件の具体的案件

下記は、Vue. jsで副業をする際の具体的な案件です。

単価の高さ、在宅・リモート可能、土日での仕事が可能とそれぞれ、分けて紹介します。

単価の高いVue.jsの副業案件


上記は、単価100万円からの高単価案件です。

Vue. jsの平均単価は70万円ほどとなっているため、上記案件はかなり高単価であることが分かります。

在宅・リモートでできるVue.jsの副業案件


上記は、美容系総合企業での案件です。

フルリモートの案件となっており、時間や場所に囚われることなく仕事ができます。

また、一部リモートの案件も多いなか、上記案件はフルリモートとなっているため、人と直接会う機会がなく、コロナ禍であっても安心して働けるでしょう。

土日でできるVue.jsの副業案件


上記は、週2日から働ける案件となっています。

平日は本業、土日だけVue.js案件での副業が可能です。

ただし、週2日で働く場合は、月単価24万円からとなっています。

そのため、高単価案件を狙うというよりは、本業と並行して少しずつ実績やお金稼ぎをしたいという人におすすめです。

Vue.jsフリーランス案件の単価相場

上記でも少し紹介しましたが、Vue.jsフリーランス案件の単価相場は約70万円となっています。

もちろん案件によって単価に差があり、月100万円を超えるものから、10万円台のものまでと単価はかなり幅広いです。

もちろん過去の実務経験や年数によって、単価は変動します。

実務経験は3年以上を求められる案件が大半で、単価は相場の70万円以上で場合によって100万円を超えるケースも多いです。

また、実務経験の年数は問われないものの、チーム開発経験や上流工程から下流工程までの経験が必要な案件もあります。

初心者や実務経験がない場合は、実績を作るためにも単価相場以下の案件から取り組むことがおすすめです。

実務経験が豊富な人は、いきなり高単価案件を狙っても問題ありません。

相場よりも安い案件であっても、長く携わったり貢献したりすることで、単価を上げてもらえる場合もあります。

React、Angularの副業案件と単価はどれだけ違う?

Vue.jsの副業案件や単価は、React、Angularと比べてどれだけ違うのか気になる人も多いでしょう。

まずReactの単価相場は、71万円ほどとなっています。

Vue.jsの単価相場は70万円ほどであることから、ほとんど差はありません。

リモートワーク可能案件と現場へ出向く案件は、半数ずつです。

Reactは、具体的な実務年数が求められる案件が少ないため、実績や経験がない人でも獲得しやすいと言えます。

チームで1つのプロジェクトを任されることがあるため、コミュニケーション能力や社会人としてのマナーが求められる案件も多いです。

また、Angularの副業案件の単価相場も、71万円ほどとなっており、Vue.jsやReactとほとんど変わりません。

最高単価は180万円、最低単価は10万円とVue.jsに比べて、少しだけ差は小さいです。

2022年5月時点、約1100件ある案件のなかで、リモートワーク可能な案件は約250件となっています。

AngularもReactと同様に、実務経験の具体的な年数は求められない、もしくは1〜2年程度しか求められない案件が多いです。

チームで業務に取り組む案件も多いことから、コミュニケーション能力やマナーだけでなく報連相ができる、長期で案件に携われるなど求められることがあります。

Vue.jsを使用する副業案件を探す3つの方法

Vue.jsを使用する案件を探す方法は、下記の3つです。

  • 副業エージェントサービスを利用する
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • 人脈・SNS経由で紹介してもらう

それぞれ特徴が異なるため、自分に合った方法で案件を獲得しましょう。

副業エージェントサービスを利用する

1つ目に挙げる方法は、副業エージェントサービスの利用です。

副業案件を探す上で、最も一般的な方法でしょう。

副業エージェントサービスは案件獲得の際、契約書締結はサービス内で行います。

そのため、万が一報酬未払いや音信不通など、トラブルが起きた場合でも安心です。

また、担当者がついてくれるサービスもあり、サポート面も充実しています。

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトの利用も、副業案件獲得におすすめです。

クラウドソーシングサイトでは、良い案件があれば自由に応募できます。

また、中上級者向け案件よりも初心者向けの案件が多いです。

案件獲得に向けた競争相手も初心者であることが多く、受注までのハードルは低くなっています。

ただし、単価が安い傾向にあるため、「安くても良いから、実績作りをしたい」という人におすすめです。

人脈・SNS経由で紹介してもらう

人脈やSNSを使って、副業案件を紹介してもらう方法もあります。

身近にエンジニアがいる場合、その人のクライアントから仕事を紹介してもらうことが可能です。

また、本業での人脈を利用して、エンジニアを募集している企業があれば副業案件の獲得ができます。

SNS経由で副業案件を獲得する際は、YoutrustやTwitterの利用がおすすめです。

もちろん他のSNSでも案件獲得はできますが、特にYoutrust・Twitterは案件が見つけやすくなっています。

Youtrustで探す

Youtrustは、転職・副業でのオファー、情報収集に特化したSNSです。

友人の紹介コメントや自身の働きぶりが公開できるため、履歴書だけでは分からないような魅力をアピールできます。

そのため、自分に興味を持った企業からオファーが来るため、信頼度も高いです。

副業から正社員になったケースもあり、新しい挑戦ができる可能性があります。

Twitterで探す

Twitterを利用することも、副業案件を探す方法です。

IT企業やベンチャー企業は、Twitter上でエンジニアを募集しているケースがあります。

ハッシュタグを付けて検索することで、さまざまな案件発注ツイートの観覧が可能です。

また、Twitter上にはVue.jsを使った案件で副業をしているユーザーも多くいます。

フォローしたりリプライを送ったりして仲良くなることで、案件を紹介してもらえることもあるでしょう。

Twitterは、案件獲得だけでなくエンジニア仲間が欲しい人におすすめのSNSです。

Vue.jsの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験とは

Vue.jsの副業で案件を稼ぐ際、「どんなスキルや経験が必要なのか」が気になる人も多いでしょう。

Vue.jsは、全くの初心者から案件を獲得するのは難易度が高いです。

Vue.js以外のスキルや実務経験が求められることが多い為、事前に確認しておきましょう。

スキルや経験がない場合は、Vue.jsの学習と並行して他の言語学習や実務経験を積む必要があります。

サーバーサイド言語の習得

Vue.jsを使用した案件を獲得する際、サーバーサイド言語の取得も必要なケースが多いです。

案件によっては、副業と言えどもVue.jsと同時に、RubyやPHPのフレームワークの力が求められることがあります。

サーバーサイド言語のなかでは、RubyやPHPであれば比較的取得がしやすいです。

Vue.jsの学習やスキルアップはもちろんですが、サーバーサイド言語も取得することで案件が獲得しやすくなります。

また、応募できる案件が増えたり単価も高くなったりするため、サーバーサイド言語の学習をしていて損はありません。

他フレームワークも使えるようにする

Vue.jsだけでなく、他のフレームワークも使えるようにしておきましょう。

案件によっては、Vue.jsだけでなくReact.js、Angularといったフレームワークのスキルが求められます。

Vue.js、React.js、Angularは三大フレームワークと呼ばれることもあり、どれも重要なスキルです。

応募できる案件を増やしたり、高単価の案件を獲得したりする為にも、他フレームワークを使えるようにしましょう。

スクラム開発の経験

Vue.jsを使った案件では、スクラム開発に携わることが多くあります。

スクラム開発とは、1つのプロジェクトで他のエンジニアとチームを組みコミュニケーションを取りながら、ソフトウェアやアプリを開発する方法です。

そのため、Vue.jsの案件ではスクラムの経験を必須としているケースが多く、副業で稼ぐ為には必須事項と言えます。

また、「スクラム開発経験2年以上」「スクラム開発に3回以上携わったことがある」など、長期にわたる過去の経験を必須条件としている案件がほとんどです。

Vue.jsの高単価副業案件を獲得したいのであれば、できるだけ多くのスクラム開発の経験を積みましょう。

上流工程の経験

Vue.jsの副業案件で稼ぐ為には、上流工程の経験も必要になってきます。

要件定義や詳細設計など、プロジェクトを進めていく上で必要不可欠なポジションを担ったことがある場合、アピールポイントになり高単価案件を獲得しやすいです。

また、UIの基礎スキルがあることで、ユーザーが使いやすいソフトウェアやアプリの開発ができます。

UIの基礎スキルも、高単価案件の獲得、副業案件で稼ぐ為に大切な要素です。

Vue.jsのフリーランス・副業関連記事はこちらもオススメです。

まとめ

Vue.jsとは、ユーザーインターフェースを開発する際に使うJavaScriptのフレームワークで、開発に必要な機能が取り揃えられたツールとなっています。

Vue.jsは、需要に対しエンジニアの数が足りていないことや案件が豊富にあることなど、案件を獲得するメリットが多いです。

案件は副業エージェントサービスやクラウドソーシングサイト、SNSなどを使い獲得しましょう。

今回紹介した内容を参考に、自分に合ったVue.jsの副業案件を獲得して下さい。

  1. Vue.jsはユーザーインターフェースの開発時に使用するJavaScriptのフレームワーク
  2. 副業エージェントサービスやクラウドソーシングサイトなどを使い、案件を獲得する
  3. Vue.jsで稼ぐ為には、サーバーサイド言語や他フレームワークのスキル、スクラム開発や上流工程の経験が必要
CATEGORY
副業
TAGS
新規会員登録エージェントとの初面談1社につきAmazonギフト券3,000円分全員にプレゼント!

あわせて読みたい関連記事


おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フリーランスで働くエンジニアに役立つ情報を発信しています。
フリーランス求人・案件の選び方や注意点、単価を上げるコツなどをエンジニアスタイル東京の編集部が発信しています。
フォロー・友達に追加していただき最新の情報をGETしてください。