1. TOP
  2. エンスタマガジン
  3. 転職
  4. プログラマーの仕事がなぜ激務になるのか?

プログラマーの仕事がなぜ激務になるのか?

はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

エンジニアスタイルは、最高単価320万円、国内最大級のITフリーランス・副業案件検索サービスです。プログラマーのフリーランス・副業案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

プログラマーの具体的な副業案件の一例と、案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

プログラマーの勤務体系は?

プログラマーの勤務体系は、企業によりさまざまです。

企業に勤めるだけでなく、自由に勤務体系を選べるのがプログラマーです。

さまざまな勤務体系ができるプログラマーですが、今回は下記の3つの働き方をご紹介します。

  • フルリモート
  • 常駐型
  • ハイブリッド型

それぞれの働き方が、どのような働き方なのかを説明していきます。

フルリモート

フルリモートワークとは、オフィスに出社せず、自宅やコワーキングスペースですべての仕事をするという働き方のことです。

近年では、プログラマーなどのITエンジニアはリモートワークがしやすい職種といえ、リモートワークが増えつつあります。

打ち合わせもオンラインで行えるアプリも普及しているので、オフィスに出社する必要もなくなっています。

常駐型

常駐型とは、技術者を求めている企業に派遣され、客先常駐して働きます。

どの企業でもプログラマーが必要とされているため、プログラマーが足りていないのが現状です。そのため、未経験でも比較的採用されやすい傾向があります。

また、プログラマーの中では、残業が少ない働き方です。

さまざまな人と関わり、さまざまな仕事を経験することができる働き方です。

ハイブリッド型

ハイブリッド型とは、企業へ勤務しながら、空いた時間や休日を使って働く、自由な働き方です。

副業ができる企業が増えているので、収入も自らどんどん増やし、ステップアップにも繋がります。

今では、個人と企業をマッチングするサイトもあります。隙間時間を有効に活用し、スキルアップする人が増えています。

プログラマーの勤務時間は

プログラマーの勤務時間は、企業や部署によってさまざまですが、原則実働8時間に休憩1時間が多いです。

現在はフレックス制を導入している企業も多いので、日中4~6時間のコアタイムが設定されていることもあります。

勤務時間は、原則8時間と定められていますが、納期により、残業する必要が出てくるため、1日3〜4時間、残業することもあります。

プログラマーが激務と言われる4つの理由

プログラマーの仕事は、今まで深夜までするような残業や休日出勤が多く、激務だと思われることが多いイメージを持っている方が多いと思います。

現在は、働き方の変化や、働き方改革などの法的な制限もあり、以前よりもかなり負担は緩和されています。

ただ、少なくとも厳しい仕事であることに、変わりはありません。

プログラマーが激務だと言われる理由を説明していきます。

残業時間

激務と言われる大きな理由は、一般企業に比べて、規定時間を大幅に超える残業時間です。

長時間労働の壁にぶつかることがよくあります。

プログラマーの仕事の大半は、納期が設定されています。

日によっては、長時間の残業をしてでも、納期までに終わらせる必要があります。平均的な残業時間は月80~90時間にも及びます。

休日出勤がある場合がある

プログラマーが激務と言われる理由は、休日出勤があるからです。

必ずしも休日出勤しないといけないというわけではなく、休日出勤が少ない企業もあります。

しかし、休日出勤の機会は一般企業に比べると多いです。

納期間近には、平日だけで終わらない場合もあり、休日出勤してでも仕事を終わらせる必要があることも、時にはあり得ます。

勉強しなくてはならない

プログラマーが激務と思われる理由は、IT技術が日々進化していくため、常に最新情報を入手する必要があるからです。また、新しいプログラム言語やフレームワークの技術などを習得し、仕事に生かせるよう勉強し続けなくてはなりません。

業務外での勉強時間を設ける必要があります。

多くの人から求められるプログラマーになるためにも、需要の高いPHPやJavaなどの需要の高いプログラミングを学び、チャレンジする気持ちを持って取り組むことが重要でしょう。

仕事内容の多さ

プログラマーが激務と言われる理由は、業務内容の多さが膨大であるといえます。

プログラマーの仕事は、チームでおこなうことが多く、細かい作業を分担して行われます。そのため、関わる人も多く、工程も多くなり、膨大な時間がかかってしまいます。

どのような工程なのかを紹介していきます。

  • 打ち合わせ

打ち合わせは、プロジェクトが大きい仕事の時の行程として入ってきます。

チームで進行していくため、共通認識を持ってもらう必要があり、不明点を解決させるためにも、現場での打ち合わせはとても重要です。

  • コーディング

プログラマーといえば、コーディングがメインの仕事です。

システムエンジニアが設計したシステムへ、プログラミング作業を行います。使用するプログラミング言語は、Java、PHP、Objective-Cなどさまざまです。このようなプログラム言語を使用し、クライアントの希望に沿ったプログラムを完成させるための下地を作成します。

  • 動作テスト

プログラムのコーディングが一通り作成できたら、システムが問題なく正常に動くのか動作テストを行います。システムエンジニアの計画通りに設計しても、意図しない動作が起きることもあります。なにか1つでも不具合が見つかると納品ができなくなるので、動作テストはとても大切な作業です。コーディングよりも長い時間かけ、細かく丁寧にチェックする場合もあります。テストを繰り返して、不備のない状態で納品できるように修正します。

  • マニュアルなどの書類作成

プログラマーの最後の仕事は、システムのマニュアル作りです。

納品するシステムを、プログラミングの知識がない人でも安心して使用できるように、システムに関するマニュアルをまとめる必要があります。

他にも、進捗状況に応じて報告書や、動作テストなどの説明文などの書類を作ることもあります。

プログラマーになるメリット

プログラマーの大変な面を説明してきましたが、もちろんプログラマーになることでのメリットもあります。

需要が高く転職しやすい

プログラマーのメリットの一つは、技術を習得できるので、手に職を持てるということです。一度身につけておけば、将来の選択肢が広がります。

プログラマーはどこの企業でも必要とされているため、これからますます需要が高まっていきます。

ある程度の技術を身につけ、自分の条件にあったところへ転職がしやすい職種です。

収入が良い

プログラマーのメリットは、収入が高いことです。

技術を習得するのに労力を費やした分、成果を出していけば、収入にも反映していきます。

また、副業やフリーランスとして独立すれば、自分でどんどん収入を増やしていくことも可能になります。

多様な働き方ができる

プログラマーのメリットは、多様な働き方ができることです。

プログラマーは、労働形態が「Sler」「社内SE」「フリーランス」とさまざまです。

スキルを身につけて仕舞えば、自分の希望にあった働き方を選択していくことが可能となります。

プログラマー関連記事は以下もオススメです。

まとめ

今回は、プログラマーの激務と言われている理由や、プログラマーのメリットについてご紹介しました。

プログラマーといえば、残業が多い印象が強くマイナスイメージを持たれがちですが、一生の技術を手に入れると考えると、とても魅力的な職種だと思います。

自分次第で好きなように働くことを選択でき、収入も増やせていける職種です。

どんな職種の仕事についても、大変な一面は必ずあると思います。楽しいと思える仕事かどうかが大事だと思いますので、興味がある方は一度勉強を始めてみてください。

  1. プログラマーの勤務体系
  2. プログラマーが激務と言われる理由
  3. プログラマーの働き方とメリット
CATEGORY
転職
新規会員登録エージェントとの初面談1社につきAmazonギフト券3,000円分全員にプレゼント!

あわせて読みたい関連記事


おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フリーランスで働くエンジニアに役立つ情報を発信しています。
フリーランス求人・案件の選び方や注意点、単価を上げるコツなどをエンジニアスタイル東京の編集部が発信しています。
フォロー・友達に追加していただき最新の情報をGETしてください。