1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 学習
  4. エンジニアにMacが人気な理由は?開発やプログラミングの観点でのメリット・デメリットについて徹底解説!

エンジニアにMacが人気な理由は?開発やプログラミングの観点でのメリット・デメリットについて徹底解説!

はじめに

最近では、Macを使っているエンジニアの方も多くいます。

ですが、なぜWindowsではなくMacが人気なのか、どんなメリットがあるのかが分からず、Macを選ぶ理由に疑問を持っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、どのOSを使うべきか迷っている方に向けて、Macを利用するメリットを詳しく解説していきます。

  • なぜMacが人気なのか
  • Macのハード面でのメリットとは
  • Mac OSを利用する際のメリットとは

これらの疑問について解説していきます。

この記事を読むことで、Macが人気な理由や開発においてのメリットなどが分かり、実際の業務でもMacの性能を生かすことができます。

エンジニア目線でのメリットを紹介しているので、参考にしていただけると幸いです。

Macがエンジニアに人気の理由

Macは開発・プログラミングの障壁が少ないため、エンジニアからも年々人気になっています。

常にサーバーを動かし続けたいWeb開発などでは、障壁を減らせるためMacが重宝されます。

Web開発に関するエンジニアの方には、よりスムーズに作業が進められるMacがおすすめです。

開発・プログラミングでの障壁が少ないという点以外にも人気の理由はあるので、合わせてそちらも解説していきます。

MacにはWindowsの機能を備えられて、Windowsにはできないことがある

MacはWindowsの機能を備えることができますが、Windowsの場合はMacの機能を備えることができません。

WindowsではWordやExcel、Powerpointなどのツールを使うことができますが、office Macというソフトを使うことで、Macでもこれらのツールが使えます。

逆に、Appleが開発したSwiftやObjective-Cなどのプログラミング言語はMacでしか使えないため、Windowsでは使用することができません。

結果的にMacのほうが使用できるツール、プログラミング言語の幅は広いので、エンジニアの方にも人気となっています。

iOSアプリ開発のXcodeがWindowsで使えない

iOSアプリの開発をする際、「XCode」というツールを使う必要があります。

ですが、XCodeはMac OSでしか使えないため、WindowsでiOSアプリを開発するのはかなり困難です。

他のツールを使えばWindowsでiOSアプリを開発することは可能ですが、Macで開発するほうが手順は少なく済みます。

iOSアプリを開発している、もしくは今後開発する予定があるというエンジニアの方には、WindowsよりもMacがおすすめです。

macは環境設定が楽なことが多い

Macの場合は、環境設定が簡単なことが多いです。

UNIXコマンドを、インストールせずにすぐ使用できるので、手順も短くなります。

また、PHPやPythonなどのプログラミング言語がデフォルトでインストールされているので、こちらもわざわざダウンロードする必要はありません。

環境設定にかかる手間が少ないということもあり、Macを使っているエンジニアの方は増えてきています。

Macを使う際、ハードウェア面のメリットとは

ハードウェアとしてのMacのメリットは、大きく分けて以下の3つです。

  • デザイン性に長けている
  • 軽くて薄いため、持ち運びやすい
  • マルチタッチのトラックパッドで操作がしやすい

これらのメリットは、他のメーカーのノートパソコンでは感じることができません。

Apple独自の工夫も施されているので、ぜひ参考にしてみてください。

外観デザインがおしゃれ

Macの一番の魅力は、外観デザインがおしゃれだということです。

他社のノートパソコンの場合、メーカー名が英語で記載されていたり、様々な位置に複数のスイッチなどがついていたりします。

一方でMacの場合は、Appleのロゴマークのみが記載されており、無駄な文字や装飾は一切ありません。

シルバーやゴールドなどの光沢のあるカラーバリエーションで、シンプルでありつつも高級感が感じられるデザインとなっています。

Macはデザイン性にも長けているので、ビジネスだけでなくプライベートで利用するのにも最適です。

コンパクトで持ち運びが楽

Macはコンパクトな形になっていて、持ち運びが簡単なのも特徴的です。

2021年発売のMacBook Proの場合、14インチは1.6kg、16インチは2.1kgと一般的なノートパソコンと比較しても軽いです。

また、厚さも1.56cmとかなり薄く、鞄やバッグに入れても幅を取りません。

自宅ではなく外出先で仕事をする方にとっては、持ち運びやすいMacがおすすめです。

マルチタッチトラックパッドによる快適な操作性

Macには、Apple専用のマルチタッチトラックパッドがあり、より快適に操作することができます。

トラックパッドとは、マットのような平べったい形をしており、その上を指でなぞることで操作できるという仕組みがあります。

マウスとは違って、持ち運びやすく、パッドが置ける場所であればどこでも静かに利用できるのでかなり便利です。

iPhoneやiPadのように、スクロールやタップで操作できるため、パソコンを使い慣れていない方でもスムーズに使用できます。

Mac OS(ソフトウェア)を利用するメリットは?

Macはハードウェア面だけでなく、OS(ソフトウェア)面でのメリットも豊富にあります。

エンジニアの目線で見ると、OSを切り替えや、UNIXコマンドなどのデフォルトの機能などが注目されています。

また、業務効率化のアプリケーションを活用することで、エンジニア業以外での活動にも役立てることができるでしょう。

OS面でのメリットを押さえて、エンジニア業務をより効率的にこなしていきましょう。

開発環境の利便性が高い

Macは開発環境においてかなり便利なため、開発で困ることが少なくなります。

前提として、OSに関わらず利用できるアプリケーションが増えているため、Mac・Windowsのどちらでも活用できるようになっています。

IDEやエディタ、アプリケーションなども操作でき、開発という点ではかなり便利です。

Apple向けの開発ツールも年々増えているため、WindowsよりもMacのほうが優れているともいえるでしょう。

業務効率化のためのアプリが豊富に用意されている

Macには、業務効率化のためのアプリが多数用意されています。

業務効率化のアプリで代表的なのは、「Alfred」と「Magnet」の2つです。

AlfredはMac専用のランチャーアプリで、アプリの起動やファイルの管理などがキー操作で簡単に行えます。

MagnetもMacのApp Storeでダウンロード可能で、ウィンドウの大きさを変更したり、分割・並び替えたりができるアプリとなっています。

これらのような業務効率化アプリを活用することで、無駄な時間を省くことができ、作業そのものにより多くの時間を注げるのが魅力的です。

Macの付属アプリが豊富かつ優秀

Macには豊富な数の付属アプリがあり、どれも優秀なものばかりです。

付属アプリの中でも、特に優秀で代表的なのが「Time Machine」というアプリです。

Time Machineはバックアップのツールで、自動的にバックアップを取ることができます。

また、書類や写真、メールなどの様々なファイルを保存・復元することができ、様々なビジネス・用途に合わせて活用することができます。

もちろんTime Machine以外にも優秀なアプリが多数付属しているので、1つずつ調べてダウンロードしていく手間がかかりません。

複数のOSを使うことができる

MacとWindowsとの大きな違いは、複数のOSが使えるかどうかという点です。

Windowsで使えるOSはWindowsのみで、MacのOSやアプリを使用することはできません。

一方でMacの場合は、「BootCamp」という付属アプリを使うことで、Windowsを含めた様々なOSを使用することができます。

そのOS専用のアプリをダウンロードすることも可能なので、Mac1台で使えるツールの幅がかなり広がります。

ツールや用途に合わせてOSを使い分けることができるのも、Mac OSの特徴の1つです。

UNIXコマンドが使える

エンジニアの方にとって魅力的なメリットが、UNIXコマンドが使えるということです。

WindowsでもUNIXコマンドを使うことは可能ですが、ソフトをインストールする手間がかかるため、やや面倒です。

対してMac OSの場合は、インストールをせずにUNIXコマンドを使うことができ、より簡単に始めることができます。

また、「Python」や「Rudy」などもデフォルトで搭載されているため、よりプログラミングに適したOSとも言えるでしょう。

iPhoneアプリが作れる

Mac OSを使うことで、iPhoneアプリを作ることができます。

iPhoneアプリを作る場合、基本的には「XCode」というツールを使うのですが、WindowsではXCodeは対応していません。

つまり、XCodeでiPhoneアプリを作るにはMac OSが必要だということになります。

日本だけでなく、世界中にiPhoneユーザーがいるので、より多くの方にアプリを使ってもらうためにもMacがおすすめです。

AppStoreが充実している

Mac OSでは、Appの管理ができる「AppStore」が充実しています。

AppStoreでは、Appの検索やダウンロードができ、ダウンロードしたAppを自動でアップロードする機能もあります。

定期的に開いて確認する必要がないため、アップロードをし忘れる必要もありません。

また、App Storeでは豊富な支払い方法の中から選択できるので、アプリやサービスなどを購入するのにも便利です。

App Storeが充実していることで、普段から何不自由なくアプリケーションを利用することができます。

Macを利用するデメリットは?

Macを利用するにあたって、デメリットも複数あります。

  • Windows側とのデータのやり取りが面倒
  • 一部のアプリが使えない
  • ハードウェア価格が高額の傾向にある

パソコンやOSを選ぶ際は、これらのデメリットも検討したうえで選ぶ必要があります。

購入前にデータ転送や使用不可のアプリについて確認しておきましょう。

Windows側とのデータのやり取りが面倒

MacのデータをWindowsに送る際、手順が複雑化してやり取りが面倒になります。

Windows同士、Mac同士であればワイヤレスで簡単にデータを送ることができます。

ですが、MacからWindowsとなると、ネットワーク(LAN)やDropboxなどを使わなければデータの転送ができません。

転送するデータの形式によっては文字化けすることもあるので、事前に注意しておく必要があります。

一部のアプリが使えない

Macのみでは、一部のアプリが使えないことがあります。

Mac・Windowsのどちらかにしか対応していないというケースもよくあるので、使いたいアプリがどのOSに対応しているのかを確認しましょう。

また、アプリ自体は使えても、上手く動作しないという場合もあります。

そのアプリがMac向けなのか、あるいはWindows向けなのかによって、使いやすさが大きく異なるので注意しましょう。

ハードウェア価格が高額の傾向にある

Macのハードウェア価格は、年々高額になっている傾向があります。

Mac自体の性能や機能が高まっているので、それにつれて価格も徐々に高くなっていきます。

他社のパソコンであれば、Macより安価で手に入れられる場合もあるので、価格面ではデメリットといえるでしょう。

少しでもハードウェア価格を抑えたい方にとっては、Macが必ずしも最適とは言い切れません。

まとめ

この記事では、Macがエンジニアに人気な理由や、ハードウェア・ソフトウェアでのメリットについて解説してきました。

  1. Macは開発の障壁が少なく、環境設定がしやすい
  2. おしゃれなデザインと持ち運びやすさの両方を兼ね備えている
  3. Macは開発環境の利便性が高く、優秀なアプリが豊富

これらの点から、WindowsではなくMacを利用しているエンジニアが多くなってきています。アプリのインストールの手間が省けたり、使えるツールの幅が広がったりと、Macを利用するメリットは豊富にあります。

この記事を参考に、開発やプログラミングをより効率的に進めていきましょう。

CATEGORY:
#学習
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください