1. TOP
  2. エンスタマガジン
  3. 学習
  4. Reactエンジニアが資格を取得するメリットとオススメな資格一覧

Reactエンジニアが資格を取得するメリットとオススメな資格一覧


はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

エンジニアスタイルは、最高単価320万円、国内最大級のITフリーランス・副業案件検索サービスです。Reactのフリーランス・副業案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

Reactエンジニアに資格が必要?

Reactエンジニアになるために資格が必要になるかといえば、そのようなことはありません。

しかし、Reactエンジニアに関連する資格は数多くあります。そのため資格を取得することは、自身が有している知識の証明に役立てることが可能です。

例えばクライアントや社内メンバーへ向けて提案する際にも、根拠や事例に正当性があるため、提案に説得力を持つことができます。

資格の学習は体系的に学ぶ機会にもなるため、エンジニアとしての実務経験があると理解が早く習得もスムーズです。

実務に通じる資格であれば、学習した知識を現場の業務にも活かせるため、実務に関連する言語や領域から選ぶことをオススメします。

Reactエンジニアが資格を獲得する4つのメリット

Reactエンジニアになるための資格はありませんが、関連する資格は存在します。

こちらでは、Reactエンジニアが資格を獲得することで得られる4つのメリットについて解説します。

スキルの証明になる

資格は一定のスキルを保有していることを客観的に証明してくれるものです。

そのため、Reactエンジニアとして有している知識や技術を明確にアピールできます。

例えばReactを使った開発現場にて、関連する言語などの資格を取得していれば、クライアントやチームからスキルの高いエンジニアとして信頼を得られるでしょう。

資格手当が出る

所属している会社によっては資格の取得を推奨し、資格手当を定めています。

資格手当は給料とは別に一時的もしくは恒久的に得られるため、収入面でのメリットがあります。また資格の難易度が高いほど、受け取れる金額も大きくなるのが一般的です。

社内評価も上がる傾向にあり、Reactエンジニアとして開発規模の大きな現場を任されるようになれば、昇進や昇給に近づくことも考えられます。

転職の際に有利

資格を取得していることで、転職の際にエンジニアとしてのスキルや向上心をアピールすることが可能です。

転職先で使用する言語や関連する資格を保有していれば、資格のない人よりも優位に立てるでしょう。

さらに、Reactエンジニアとしてフロントエンド開発やUI構築の実務経験があれば、現在よりも好条件で転職できる可能性もあります。

年収アップにつながる

資格はエンジニアとしてのスキルを明確に証明できるため、社内評価を高めることに有利です。

さらに関連する言語や専門性の高い資格を取得することでスキルアップし、仕事の領域を広げることもできるでしょう。

特定の資格を昇進や昇給の条件にしている企業もあり、エンジニアにとって資格の取得は年収アップにつながるひとつの手段と言えます。

Reactエンジニアにオススメしたいベース資格

こちらでは、Reactエンジニアとしておさえておきたいオススメのベース資格を紹介します。

基本情報技術者試験

  • 各資格の特徴と概要

基本情報技術者試験は、IT全般に関する基本的な知識や技能を身に付けるための国家試験です。

IPA(情報処理推進機構)が実施しており、幅広く総合的な知識を問われる試験で、ITエンジニアの登竜門として位置づけられています。

  • 取得する価値・メリット

システム開発についての基本的な知識・技能だけでなく、情報戦略に関する予測や分析など、広範囲に渡る知識を習得できるため、ITエンジニアとしての基礎を築くことに役立ちます。

参考URL:制度の概要:基本情報技術者試験

応用情報処理技術者試験

  • 各資格の特徴と概要

応用情報処理技術者試験は、基本情報技術者試験と同様にIPAが実施する国家試験です。

基本情報技術者試験の上位資格という位置づけで、幅広い知識と併せてより高度な応用知識・技能が必要になるため、ITエンジニアとしてレベルアップを図れます。

  • 取得する価値・メリット

技術から管理、経営に至る知識・技能を求められる難易度の高い資格であるため、一定のスキルを有している証明が可能です。

また国家資格として知名度もあることから、Reactエンジニアが活躍の場を広げるために有効な資格と考えられます。

参考URL:応用情報技術者試験(AP) ~ ワンランク上のITエンジニア ~ [ Applied Information Technology Engineer Examination ]

ITパスポート

  • 各資格の特徴と概要

ITパスポートは情報技術に関する基礎的な知識を身に付ける国家試験です。

基本情報技術者試験よりもさらに基礎的な内容となっており、ITに関わる社会人全般やこれから社会に出る学生が備えておくべきIT知識と言えます。

  • 取得する価値・メリット

ITに関する幅広い分野の基礎を学ぶため、Reactエンジニアとして活動する前に、IT業界に携わる人材として知っておくべき知識の習得ができます。

参考URL:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:ITパスポート試験

Reactエンジニアにオススメしたい資格

こちらではベース資格よりも専門性が高く、Reactエンジニアとして活動するのにオススメの資格を紹介します。

OpenJS Node.js Application Developer (JSNAD)

  • 各資格の特徴と概要

Node.jsを使用してWebアプリケーションを開発するスキルを証明する試験です。

試験はオンラインで行われ、受験条件にあった環境を整える必要があります。また、言語は英語か中国語の利用が可能で、試験時間は2時間です。

  • 取得する価値・メリット

Reactエンジニアとして、JavaScriptおよび関連テクノロジーに関する幅広いスキルを有している証明ができます。

Reactと同様にWebアプリケーションの開発に使用するNude.jpの理解があれば、幅広く対応できるエンジニアとして、クライアントや開発チームからの信頼も得られるでしょう。

参考URL:OpenJS Node.jsアプリケーション開発者(JSNAD)試験

JavaScript Certification

  • 各資格の特徴と概要

IJSI(International JavaScript Institute)による認定プログラムで、こちらの試験ではJavaScriptの能力だけでなく、一般的なWeb知識に関しても出題されます。

試験は英語のみで行われ、試験時間は90分です。問題数は70問あり、70%以上の正解率で合格となります。

  • 取得する価値・メリット

国際資格のため、海外で活躍することを視野に入れているReactエンジニアにオススメです。

またJavaScriptだけでなく、Webに関する広い知識も学習できるため、ITエンジニアとして基礎的なスキルを高めることにも役立ちます。

参考URL:JavaScript Certification for IT professionals | Free Full JavaScript Course

Webクリエイター能力認定試験

  • 各資格の特徴と概要

Webクリエイター能力認定試験は、国際基準のW3Cに準拠したWebサイト制作のスキルを測定する認定試験です。

サーティファイWeb利用・技術認定委員会が実施しており、知識・実技問題のエキスパートと実技問題のみのスタンダードの2種類があります。

合格にはエキスパート・スタンダードともに、65%以上の得点率が必要です。

  • 取得する価値・メリット

Webサイト制作におけるデザインやコーディングなど体系的に学べるため、デザインにも精通するReactエンジニアとして差別化を図ることができます。

参考URL:Webクリエイター能力認定試験|資格検定のサーティファイ

HTML5プロフェッショナル認定試験

  • 各資格の特徴と概要

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5やCSS3、JavaScriptなどWeb開発に重要なマークアップの技術と知識を認定する試験です。

特定非営利活動法人エルピーアイジャパンが実施しており、Webコンテンツ制作の基礎的な実力を測るレベル1と、開発や設計の能力も認定するレベル2の二段階に分かれています。

試験問題数はレベル1が約60問、レベル2が40〜45問で、試験時間は90分です。

  • 取得する価値・メリット

HTML5関連はフロントエンド開発に必須のWeb技術です。そのため資格の学習を通じて、Reactエンジニアの実務に活かせる知識やスキルを獲得できます。

参考URL:HTML5プロフェッショナル認定試験

CIW JavaScript スペシャリスト

  • 各資格の特徴と概要

CIW JavaScript スペシャリストはJavaScriptのスキルレベルを測る国際認定試験です。

Certification Partnerが実施しており、JavaScriptの幅広いスキルが問われます。試験は英語で行われ、問題数は55問、制限時間は90分です。

  • 取得する価値・メリット

国際資格のため、エンジニアとして海外への進出や案件獲得に向けてアピールできます。また、試験は英語になるため、資格の学習を通じて語学力の向上も見込めます。

参考URL:CIW JavaScript Specialist

Reactエンジニアとして差別化できるスキル

ここからは、Reactエンジニアとして他のエンジニアと差別化できるスキルについて紹介します。

SPAの経験がある

SPA(Single Page Application)とは、単一のページでひとつのアプリケーションを構築する設計構造のことです。

従来のWebページのように遷移時にページ全体を書き換える必要がないため更新が速く、UX(ユーザー体験)を大きく向上させることができます。

SPAの主なフレームワークにはReactの他にAngularとVue.jsがあり、ブラウザに縛られないUXの実現や高速なページ遷移、またWebアプリとして作成したものをネイティブアプリに流用させることが可能です。

UIを幅広く実装できるSPAの経験があると、市場価値の高いReactエンジニアとして他と差別化を図ることができます。

Reduxのスキルがある

Reduxはアプリケーションの状態管理を行い、複数のコンポーネントから共有データにアクセスすることが可能です。

アプリケーション構築には、コンポーネント間においてデータの受け渡しが必ず発生します。そのため、propsのようにコンポーネントの関係性によってデータ受け渡しの可不可があると、作業効率が落ち進行にも影響します。

Reduxを利用すればどのコンポーネントからでも共有データへアクセスすることができるうえ、データ更新も可能です。

大規模な開発現場になればなるほど取り扱うデータ量は増え、アプリケーションの状態管理が煩雑になるため、Reduxのスキルを発揮できます。

Reactエンジニアとして実用的なReduxのスキルを習得しておけば、他のエンジニアと差別化を図れ、開発の幅を広げることにも役立つでしょう。

他言語の開発経験がある

JavaScriptフレームワーク、ライブラリでは数多くの言語が使用されるため、Reactと併せて他言語のスキルや開発経験があると他のエンジニアと差別化を図れます。

例えばReactをベースに開発されたJavaScriptフレームワークのNext.jsが扱えれば、クライアントサイドだけでなくサーバサイドでReactのレンダリングが可能になります。

Google Mapなどに使われるAngularやさまざまな開発規模に対応するVue.jsは、前述したSPAの開発にも使用される人気の高いJavaScriptフレームワークのため、Reactエンジニアとしておさえておきたい言語です。

UIパーツの構築に特化したReactのスキルに加えて、関連の深い他言語の開発経験を積むことでWeb制作全体の理解を深められるため、広い開発現場での活躍が望めます。

UI/UXのスキルがある

Webアプリケーションの開発において、ユーザーを意識したUI/UXのスキルは重要です。

Webサイトのデザインや使い勝手などを考えるUI/UXの設計は、ユーザーに有益なサービスを提供するためのスキルと言えます。

UI/UXのスキルを有していれば、ユーザー満足度の高い開発が可能なReactエンジニアとして、他のエンジニアとの差別化を図れるでしょう。

上流工程の経験

上流工程はシステム開発の初期段階から深く関わり、計画全体の流れを把握できます。

クライアントヘのヒアリングから交渉、進行のマネジメントなど高度なスキルを要求されるため、幅広い知識とコミュニケーション能力が必要です。

そのため上流工程の経験があるエンジニアは他のエンジニアよりも評価が高く、開発現場で重宝される傾向があります。

Reactエンジニアのキャリアパス

ここからは、Reactエンジニアとして目指せるキャリアパスについて紹介します。

フロントエンドエンジニアとしてスペシャリストを目指す

フロントエンドエンジニアのスキルを磨き、スペシャリストとして活躍するキャリアパスです。

スペシャリストとして活躍するためには、コーダーやマークアップエンジニアの上位職としてHTMLやCSSはもちろん、JavaScriptを駆使してWebサイトの構築などの高いスキルが必要になります。

また近年の傾向ではJavaScriptのフレームワーク、ライブラリを使ったフロントエンド開発が増えているため、自分が得意な分野に限らず、幅広い知識や新しい技術を積極的に取り入れる姿勢が重要です。

Webデザイナー

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーが制作したデザインをもとに、Webサイトを構築するため、非常に関連の深いポジションです。

Webデザイナーはクライアントのニーズや課題解決に応えながら、ユーザー満足度の高いデザインを制作することが重要になります。

デザイン制作にはPhotoshopやIllustratorのグラフィックソフトのスキルと、デザインについての知識が必要です。

ReactエンジニアとしてWebデザイナーのスキルがあれば一貫して作業を行えるため、目指しやすいキャリアパスと言えます。

UI・UXエンジニア

UI・UXエンジニアはユーザーがより使いやすく満足できるように、Webサイトの視覚的な表現と操作性を考えて実装します。

フォントやボタンだけでなく、アニメーションなどの動きのあるデザインにも関わるため、幅広い知識とスキルが必要です。

成果を出す製品やサービスを追求するUI・UXの開発に関わることで、ユーザーにとって有益なWebサイトの知識や理解が増します。

UI・UXエンジニアのスキルや経験があれば、Reactエンジニアとして仕事の幅が広がり、キャリアパスを目指せます。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアとは複数のスキルを併せ持ち、開発業務に広く関わるオールラウンダーなエンジニアを指します。

複数の役割をこなす必要があるため、基本的な言語やOS、フロントエンドだけでなくバックエンドに至るまで多岐に渡るスキルが求められます。

企業にとっては別々にエンジニアを雇う必要がなく、人件費を抑えられる利点もあることから高いニーズのあるポジションです。

またフルスタックエンジニアはクライアントの要望に的確に応えていく必要があるため、コミュニケーション能力も重要です。

広範囲なスキルの習得が必須のフルスタックエンジニアですが、核となる専門分野を作るとキャリアパスを目指しやすくなります。

Webディレクター

WebディレクターはWeb制作現場の責任者として、プロジェクトを円滑に進めるためにチームへの指揮や管理を行います。

そのためコミュニケーションやヒアリング、マネジメントなどのヒューマンスキルの習得が必須です。

さらにWebデザインやコーディングについてのやり取りが発生するため、フロントエンドのスキルに加えて、WebデザインやUI/UXの知識が必要になります。

ReactエンジニアのキャリアパスとしてWebディレクターを目指す場合、Webデザイナーとしての実務経験を積んでおくとよいでしょう。

プロジェクトマネージャー(PM)

Reactエンジニアとして下流工程の経験を積んだあとに、キャリアパスとして上流工程のプロジェクトマネージャーを目指す道です。

プロジェクトの企画から予算や人材確保など一連の業務を担います。プロジェクト運営を円滑に進行させるためには、コミュニケーションやマネジメントなどのヒューマンスキルが欠かせません。

また下流工程であるエンジニアとも関わるため、問題が起きた際にはフォローできるようシステム開発業務に精通している必要があります。

プロジェクトマネージャーを目指す際には、IPAが実施している「プロジェクトマネージャー試験」を取得しておくとスキルの証明ができるのでオススメです。

フリーランス

Reactエンジニアとしての知識や技術、実務経験を活かして、フリーランスへと独立することもキャリアパスのひとつです。

Reactは数あるJavaScriptのフレームワーク、ライブラリのなかでも高い導入率があります。

そのためフロントエンド開発のエンジニア募集においては、Reactの経験者を求める企業も多く、案件獲得もしやすいでしょう。

しかし、フリーランスの案件獲得にはエンジニアとしてのスキルだけでなく、営業力やコミュニケーション力も必要です。

まずは、フリーランスエンジニア向けの求人サイトなどで案件を探してみるのがオススメです。営業に自信がない場合には、エージェントを利用することも検討してみましょう。

まとめ

本記事ではReactエンジニアが資格を取得するメリットとオススメの資格を紹介してきました。

ReactはWebサイト制作において、UIの構築に欠かせない人気の高い言語です。

Reactエンジニアが資格を取得するメリットやポイントについて、もう一度確認しておきましょう。

  1. Reactエンジニアになるために資格は必要ない
  2. 資格を取得することでスキルを明確に証明できる
  3. 資格手当の受給や転職に有利に働くため年収アップにつながる
  4. 他のエンジニアと差別化を図り評価を高めることができる
  5. 資格を取得することで数多くのキャリアパスを目指せる

資格の取得はエンジニアとしてのステップアップに役立ちます。

Reactエンジニアとして成長するためにも資格を活用し、キャリアパスを目指しましょう。

CATEGORY
学習
TAGS
新規会員登録エージェントとの初面談1社につきAmazonギフト券3,000円分全員にプレゼント!

あわせて読みたい関連記事


おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フリーランスで働くエンジニアに役立つ情報を発信しています。
フリーランス求人・案件の選び方や注意点、単価を上げるコツなどをエンジニアスタイル東京の編集部が発信しています。
フォロー・友達に追加していただき最新の情報をGETしてください。