1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. フリーランスが仕事のモチベーションとやる気をアップさせる秘訣を紹介!

フリーランスが仕事のモチベーションとやる気をアップさせる秘訣を紹介!

はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

エンジニアスタイルは、直接契約だからこそ実現できるITフリーランス・副業案件検索サービスです。エンジニアのフリーランス・副業案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。
以下、案件の例ですが、ぜひ一度案件一覧をご覧ください。

フリーランスがやる気やモチベーションが低下する理由

コロナ禍の今、フリーランスとしての働き方が注目されています。フリーランスとは、特定の企業や団体に所属せず、個人が自由に仕事の契約を結ぶことです。
深刻な感染拡大により、会社の業績が悪化し給与がダウンした方も多いことでしょう。実際に、大企業でさえ早期退職や副業解禁などに踏み切っているケースも散見されます。

そんな中、一企業に身を捧げても将来が不安という事で、フリーランスに転向したいという方が増えています。2021年10月時点でフリーランス人口は約1577万人。(新・フリーランス実態調査2021-2022年版-ランサーズ株式会社)

しかし、フリーランスに憧れてチャレンジしてみたは良いものの、長続きせずリタイアしてしまったという声が多く聞かれます。例として、フリーランスのプログラミングの挫折率は90パーセントを超えるともいわれていて、輝かしい面だけではないことを物語っています。

それでは、なぜ会社に縛られない自由な働き方でもそのようなリスクがあるのか。

今回はフリーランスでやる気やモチベーションが低下する理由と、改善するための具体的なマインド・行動について解説していきます。

自分のやりたい仕事ではない

フリーランスの大きなメリットとして、自分自身で仕事内容や契約金を選択できるという事が挙げられます。会社員は会社(上司)から決定権なく仕事を与えられる機会が多いです。

しかし、収入を求めるあまり、自分のやりたくない案件にまで取り組んでいる事が多いのではないでしょうか。特に、フリーランス初心者にありがちです。クライアントとの実績作りの為、不得意な分野、興味のない案件にまで手を出してしまう。これでは本末転倒です。

-その仕事、本当にあなたのやりたい仕事ですか?

業務が面白くない

上記の内容と関連していますが、フリーランスでよく挙げられる業種には、以下のような一見クリエイティブで魅力的な仕事が多いです。

  • YouTubeの動画編集
  • ブログ運営
  • プログラミング
  • フォトグラファー、イラスト制作など

しかし、実際は同じ作業の繰り返しで、地味にコツコツ続けなければ収入に繋げられない事が多いのです。

YouTubeの動画編集を例とすると、動画のカット・テロップ挿入・BGM・アニメーション等、代り映えのない作業が何時間も続くことになります。

それが合っている方は良いですが、興味本位で引き受けてしまった方は、モチベーションが続かず挫折してしまう事が多いでしょう。それほど仕事自体の面白さは、継続力に繋がってくるのです。

報酬や成果が少ない

仕事内容に加え、報酬や成果もモチベーションの向上の重要な要素となります。特に、重視しなければならないのが、「時給換算額」です。

報酬が多いからといって、闇雲に案件にしがみついていてはブラックな案件を引き当ててしまいます。この仕事内容をどれくらいの時間で完結させることが出来るか、計算して案件を受けなければなりません。

クラウドソーシングサイトで募集されている動画編集の例となりますが、

10分程度の動画に、テロップ・BGM・アニメーション・カット編集等を加えて、3000円程度という案件が多いです。

動画1分に30分~1時間程度、編集時間を要することが多く、時給換算すると10分の動画で、時給約300円…。

これではアルバイトしていた方がよっぽど稼げますよね。フリーランスで仕事をしていくと、このような時給換算額が低い仕事を目の当たりにすることが多いです。実績を作りたいからといって、簡単に飛びついてはいませんか?

クライアントから提示されている金額はあなたへの期待値です。期待値が低ければ、モチベーションも下がり、生産性も低下します。必要以上に自分を安売りする必要はありません。

仕事が多く何から作業をすれば良いかわからない

フリーランスは、自分で仕事を選べるがゆえ、自分のキャパシティを超えた仕事量を受注してしまう事が珍しくありません。

会社員でしたら社内に体系的なマニュアルが完備されていたり、同じ部署の同僚に仕事を分配したりすることが可能ですが、フリーランスは完全に自身の裁量で判断する必要があります。

一人の仕事量が多いと、何から手を付けてよいか悩むことが多いです。立ち止まって悩んでいる時間を作ることや、優先度の低い作業から開始して大幅なタイムロスをすることは、大きなモチベーションダウンとなります。

あなたが引き受けた仕事量は適切であったでしょうか?クライアントとのやり取りで、どうしてもタスクが増えてしまうこともあります。

その時に重要となるのが、仕事内容に優先順位を付けることです。緊急度の高い仕事から取り掛かることで、少しでも悩む時間を減らすことができ、効率アップに繋がります。

それがモチベーションのアップに重要なのです。

フリーランスとしてやる気やモチベーションアップの方法

これまではやる気やモチベーションが低下してしまう理由について触れてきました。それを踏まえて、これからはどのような行動をすればモチベーションがアップするのか、具体的な方法を解説していきます。

働く環境を作ってモチベーションアップ

フリーランスで働くにあたって、万全な体制で臨める環境を作りましょう。ここでの環境とは、ワーキングスペースなどの外部環境と、精神的なマインドの内部環境です。

どちらかが欠けていても良くありません。両方バランス良く整えていきましょう。

仕事環境をしっかり整える

自宅で行う場合は、自分専用のデスクを必ず用意しましょう。ベッドの上でスマホを近くに置きながら作業していませんか?それでは誘惑に負け効率も悪くなってしまいます。

きちんと一つの事に集中出来る仕事環境を整えるようにしましょう。

カフェなどで作業して気分転換する

仕事を行う上での環境は非常に重要です。自宅では集中できない方も多いのではないでしょうか。そこで、思い切って自宅以外で作業をしてみましょう。

カフェやレンタルワーキングスペースなど、近年はフリーランスに特化した施設が増えてきています。

少しでも非日常的な環境を作ることで、気分転換になります。

一人で籠って黙々と作業することが美徳ではありません。古い固定観念を捨ててカフェで仕事をするオシャレなビジネスパーソンを目指してみてはいかがでしょうか。

時間を区切ってメリハリをつけた働き方をする

一日中ひたすらデスクに向かっていませんか?仕事量が多いかもしれませんが、3-4時間ぶっ続けでは人間の集中力が途切れてきます。そうなってしまっては、過度に長い休憩を取って時間が逼迫するなど、逆に効率が悪くなります。

午前中は仕事、午後は趣味や外出など時間にメリハリをつけることが大切です。特にフリーランスで家族がいる方は、家事の時間もしっかり作ることで両立ができます。

常に新しいことにチャレンジし、仕事に変化をつけてモチベーションを高める

前述しましたが、フリーランスで挙げられる業種は、単調で地味な作業の繰り返しの事が多いです。同じ作業の繰り返しばかりだと非常に危険です。

「自分はクリエイティブな仕事がしたかったのに、これでは違うじゃないか」といって、挫折してしまう可能性が高くなります。

時代は常に変化しています。同じスキルだけのままでは、案件も次第に取れなくなってしまうでしょう。

YouTubeの動画編集を例に挙げて説明します。

今までは、動画にテロップを入れるだけの簡単なスキルだけの仕事を行っていたとします。いかにも同じ作業の繰り返しで、モチベーションが低下しやすいです。

しかし、カラフルなアニメーションや動画のシナリオ作成のスキルも身につけることで、仕事の幅も広がり、より高額な案件を獲得しやすくなります。

新しいことにチャレンジするということは、自分をレベルアップさせるということなのです。今のままでよいか常に考え、新しいことに積極的にチャレンジしていきましょう。

定期的に気分転換をし、モチベーションコントロールする

いくらフリーランスといえども、仕事は仕事です。会社員と同じでずっと仕事をしていると、気が滅入って来ることもあるかと思います。先ほども述べましたが、修行僧のように黙々と修練を重ねることが美徳ではないのです。

いかに効率よく長続きさせることが出来るかが鍵になってきます。

「今日は本当にモチベーションが上がらないから、休んでどこかに遊びに行こう」、でも良いのです。自分自身でやることを決められるのが、フリーランスの特権です。

定期的に気分転換で好きな趣味に興じてみたり、旅行に行ってみたりするなど、心のゆとりを作ることによって、仕事のモチベーションを上げる余地ができます。

頑張りすぎない方が、かえってうまくいく事があるのです。

ゲーム性を持たせてみる

モチベーションを上げる方法の一つとして、仕事に「ゲーム性」を持たせてみましょう。ここで重要になってくるのは、「数字」です。

案件の単価、一日の納品数、費やした時間など、目に見える「数字」というのは、他者と自分とを比較するのに最も分かりやすい指標です。SNS等で、自分と同じ業種のライバルを探し、「数字」を競い合うことで闘争心が生まれます。

「このライバルには負けたくないから、明日は更に良い結果を出すために頑張ろう」など、時には仕事に「ゲーム性」を与え、競い合うことも必要なのです。

その日の仕事量を決める

一日当たりの仕事量を決めることも非常に重要です。納期日までの時間を逆算し、自分自身の予定と調和させ、無理のないタスクを設定していきましょう。

初心者にありがちなのが、何も段取りを決めず漠然と一から作業を開始してしまうこと。

それでは、苦手な場面や難易度の高い局面において、つまずいてやる気も起きなくなってしまいます。

おすすめなのが、難易度の高い作業は最優先タスクとして、早めに終わらせてしまうことです。クライアントにも早い段階で分からないことを質問した方が、助かるでしょう。

全体の構成を確認し自分のスキルと照らし合わせて、作業量を決めていくようにしましょう。

運動を取り入れ気分転換をする

デスクで同じ姿勢で作業をし続けると、体が緊張し疲労が蓄積されていきます。休憩時間も長くなり、逆に効率が悪くなってしまうので、適度な運動をおすすめします。

家の周りを30分程度ウォーキングするだけでも、脳に酸素が行きわたりリフレッシュできます。ペットの散歩をしてみても良いでしょう。

籠りがちなフリーランスにとっては、仕事の効率性だけでなく、体の健康にもおすすめの運動です。どんな仕事も体が資本となってきます。

フリーランス仲間のコミュニティに入る

会社員と違い、チームで仕事をすることのないフリーランスのデメリットは、「悩みを相談できる人がいない」ことです。

そこで、同業者同志のコミュニティに参加することをおすすめします。フリーランスコミュニティには以下のメリットがあります。

  • 仕事の相談ができる

同業者が集まるので、分からないことは気軽に相談できます。YouTubeやブログにも独学で学べるコンテンツも数多くあるのですが、どうしても断片的な情報が多くなりがちです。

コミュニティには様々なスキルを持った同業者がいるので、積極的に仕事の相談をしていきましょう。

  • 仕事の紹介をしてもらえる

コミュニティでは、クラウドソーシングサイトで募集されていない企業案件や直営業の案件を紹介してもらえます。実績作りが難しい初心者には、ぜひ参加をおすすめしたいです。

フリーランスの方は、こちらの記事もオススメです。

まとめ

今回は、フリーランスが仕事のやる気やモチベーションが低下する理由について解説してきました。自由度が高い反面、自分ひとりで仕事をしていくので壁に直面した時、乗り越えるにはテクニックが必要となります。

最も大切なのが「無理なく楽しく仕事を継続できること」です。

日本社会にまだ残存している、長時間労働が美徳とされる価値観に悩まされる方も多いのではないでしょうか。これでは体も持ちませんし、何よりモチベーションや効率性が度外視されてしまいます。

何としてでも最短で収入を稼ぎたいと意気込み過ぎてもうまくいきません。頑張りすぎないことがモチベーションを向上させながら、仕事をし続けていくのに重要です。

自分で仕事を選び、時間配分をしていけるのがフリーランスの特権です。時には、気分転換してゆっくり休んでもいいでしょう。モチベーションを作れる心のスペースを確保することが、フリーランスとして仕事をしていく上で重要なマインドです。

今回のポイントは以下の3つです。

  1. 自分が楽しく取り組める仕事を選択する
  2. 時には気分転換もしながらメリハリをつけた働き方をする
  3. 新しいことに積極的にチャレンジし自分のスキルを増やしていく

以上のことを意識して、フリーランスとしてモチベーションの上がる働き方を実践していきましょう。

CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください