1. TOP
  2. エンスタマガジン
  3. 副業
  4. Flutterの副業で稼ぐには?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

Flutterの副業で稼ぐには?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。Flutterの副業案件の一例と、案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

Flutterとは

Flutterとは、googleの提供するスマートフォン用のアプリ制作ツール(モバイルフレームワーク)です。

2018年にリリースされたフレームワークで、その性能の良さから多くのアプリ開発者から注目されています。

Flutterの特徴について次節でご紹介していきます。

Flutterの特徴

Flutterの最大の特徴は、単一のソースコードでiOS、アンドロイド、webに対応したアプリを開発できる(ハイブリットフレームワーク)という点にあります。

この応用力は、プログラミング言語として「Dart」を用いることによって実現しています。

そのほかの特徴としては、以下になります。

  • ホットリロード機能(プログラムの変更を即座に反映する機能)
  • 高いパフォーマンス
  • 提供元のGoogleからの手厚いサポート
  • 豊富なデザインパーツを用いたハイクオリティなUI

Flutterは、これらの高い機能を備えており、開発コストを大幅に軽減できます。

エンジニアがFlutterで副業案件を獲得するメリット

エンジニアがFlutterを使用し副業案件を獲得するメリットについて、以下にご紹介をしていきます。

スマホアプリ、Webサイトの全てをスピーディにリリースすることができる

Flutterは、オープンソース・クロスプラットフォームのアプリ開発フレームワークであり、「Android用」「iOS用」と別々に開発する必要がありません。

新たなプログラミング言語「Dart」の習得が必要で、身に付ければ効率の良いアプリケーション開発が可能となります。

少ない学習量で大きなアウトプットができる

DartはC++およびJava Scriptの影響を受けた言語であるため、これらの言語の経験者は比較的容易に習得できます。

また、Javascriptの後継として開発されているので、学習コストや学習時間も低くなります。

そのため、インプットに対するアウトプットの効果が高い特徴があります。

リモートワーク可能な案件も多い

手持ちのパソコンで完結する作業であるため、Flutterのフリーランス求人案件の中にはリモートワーク可能なものが多数存在しています。

働く場所に依存せず、仕事内容や報酬で案件を選ぶことができます。

繋がりができ、転職や副業へのきっかけになる

Flutterのスキルを付けることで新規事業に携わり、新たなクライアントに巡り合うことができるため、多くのビジネスチャンスを得ることができます。

また、JavaScriptやC言語と比較してマイナーであるプログラミング言語Dartですが、学習することによって高い専門性が得られます。

今後、Flutterのさらなる普及によって需要が増えることが予想されます。

新しい技術へのチャレンジができる

Flutterは2018年の12月にリリースされた新しいフレームワークで、Springおよび Railsのようなメジャーなフレームワークよりもユーザーが少ないです。

そのため、募集案件も新規事業が多く、新しいスキルの獲得に挑戦できます。

これらのメリットの反面、全体的に案件数は少ない傾向があり、良い案件をめぐって競争率が高くなります。

次節よりFlutterの具体的な案件についての情報を紹介していきます。

Flutterの副業案件はどれくらい稼げる?案件例と単価相場

Flutterの副業案件はどれくらい稼げるのか?

具体的に想像しやすいように実際の単価相場と案件例を以下にご紹介していきます。

Flutterフリーランスの単価相場

Flutter案件の平均値は月73万円です。

また、最高単価は月155万円、最低単価は30万円となっています。

平均単価の73万円だと、日当たりの給料は約35000円、1日8時間の作業と仮定すると、時給は約4300円となります。

フリーランスエンジニア全体の平均単価が66万円になるため、報酬はやや高めです。

経験年数によって単価は上がり、逆に経験年数が短いと平均より低くなります。

フルリモートの場合、通勤時間などの無駄も省かれ、拘束時間に対する報酬は高いといえるでしょう。

Flutterの副業案件の具体的案件

Flutterの副業案件について、具体的な例を以下にご紹介していきます。

単価の高いFlutterの副業案件

月額の報酬が平均単価を超える案件も数多く存在します。

以下の内容は高単価案件の一例です。

  • 募集内容  モバイルアプリエンジニア
  • 仕事内容  モバイルアプリ開発支援
  • 必要スキル Flutterでの実務経験(1年半以上)がある方
  • 報酬    月80万円~
  • リモート  フルリモート   

在宅・リモートでできるFlutterの副業案件

Flutterの副業案件は、リモートワーク可能な案件が数多く存在しますので、以下を参考にしてください。

  • 募集内容  自動車部品商社のアプリ開発
  • 仕事内容  自動車ユーズドパーツのBtoB向けモバイルアプリ開発・運用
  • 必要スキル React、Flutterを使用した開発経験
  • 報酬    要相談
  • リモート  フルリモート   

土日でできるFlutterの副業案件

Flutterの副業案件は、週2-3から稼働OKの案件も豊富に存在していますので、以下を参考にしてください。

  • 募集内容  教育関連企業向けiOSアプリエンジニア
  • 仕事内容  要件定義から開発、テスト運用
  • 必要スキル Swiftの実装経験2年以上・Gitの経験
  • 報酬    65万円
  • リモート  なし   

様々な業界の案件が存在

Flutterの案件に占める業界の割合について説明します。

  • 一位は医療・福祉業界(33%)
  • 二位は通信業界(30%)
  • 三位は小売業界、エンタメ業界(13%)

そのほかにもゲーム、自動車など多岐にわたる案件が存在しており、ご自身が関心のある分野の案件を選ぶことができます。

Flutterを使用する副業案件を探す3つの方法

これまで具体的な案件について紹介してきましたが、実際にどのようにして案件を得ることができるか?

以下に案件の探し方についてご紹介します。

副業エージェントサービスを利用する

副業エージェントサービスを利用することで、効率よく効果的に副業案件を獲得できます。

エンジニアの約40%が副業を経験しており、本業の合間に収入をアップさせるため、副業をおこなっています。

その手助けとなるサービスが以下にご紹介する副業エージェントです。

主な特徴としては、面談後に条件に合った案件を代わりに探してくれるため、本業が忙しい方には役に立つサービスです。

また、取扱い求人も多く、自身に合った副業案件を見つけることが可能です。

効率よく効果的に副業案件を探す場合、副業エージェントサービスを利用すると良いでしょう。

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトを利用することも有効です。

クラウドソーシングサイトとは、仕事の発注側、受注側をマッチングさせる場として運営されているプラットフォームです。

人気が高いプラットフォームは以下になります。

クラウドソーシングの利用者数は増加傾向にあり、副業エージェントサービスと同様に、クラウドソーシングサイトを利用すれば、多くの案件から選択することができます。

人脈・SNS経由で紹介してもらう

人脈やSNS経由で仕事を得ることも有効です。

多くの企業がSNSを通して案件の情報を発信していたり、企業の担当者が自らアカウントを運用していたりするので、直接的なアプローチが可能となります。

また、フリーランスとして活動していれば人脈も増えてくるので、紹介案件を獲得できる可能性も高くなります。

知り合いでしか効かない融通などもあるため、副業をおこないたい人はこれらを駆使すると良いでしょう。

SNSの中には、クラウドソーシングサイトのような特色を強く持つものから、多目的なものまで幅広く存在していますので、次節でいくつかご紹介していきます。

Youtrustで探す

Youtrustは「幅広い職種の方がアクティブに利用する」というキャッチコピーをもつキャリアSNSです。

SNSとしての特徴を持つため、チャット形式のカジュアルなUIでなじみやすく、知り合いの知り合いなど人脈経由からアプローチが可能です。

前提として案件の募集、応募を目的としたSNSであるため、「人脈を介して仕事を見つけたい」といった人にはお勧めできるサービスとなっています。

Twitterで探す

Twitterなどで案件を募集する人も一定数存在するため、探してみる価値はあります。

しかし、Youtrustのようにビジネス関係に目的が定まったコミュニティーではないため、効率面ではそれらに劣ることが考えられます。

Flutterの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験とは

Flutterを用いた副業で、より稼ぐためには何が必要なのか?

ここでFlutterの副業案件で必要なスキルや経験を以下にご紹介していきますので、参考にしてください。

まずは実際に募集されている単価の高い案件を例として、求められているスキルや経験を抽出しています。

■必須スキル

  • Flutterを用いた開発経験
  • Typescriptの利用経験
  • 以下のいずれかの経験

 -Vue.jsやReact等のフレームワークを利用したSPAの開発経験

 -Android、iOSアプリの開発経験

■尚可スキル

・パフォーマンス向上の知見

  • CI/CDを使った環境での開発経験
  • E2Eテスト、テスト自動化の経験
  • Sketchなどのオーサリングツールの利用経験
  • より良いUI/UXへ改善した経験
  • ネイティブアプリの開発経験

上記案件を参考にして、Flutter以外で必要なスキル、経験について次節より解説していきます。

他言語、フレームワークの習得

Flutterで用いられるDart以外のプログラミング言語の習得は非常に有効です。

上記の例には「TypeScriptの利用経験」とあり、TypeScriptはJavaScriptの上位互換、改良版という位置付けの言語です。

TypeScriptやJavaScriptは最もポピュラーなサーバーサイド言語の1つであり、アプリ開発者の基礎的な部分になります。

また、それに付随してSpring Boot等の他フレームワークの習得も可能となります。

これらのスキルはFlutterによる開発にもつながってくるため、クライアントから求められることが多くなります。

スマホアプリネイティブ言語の習得

Flutterは「Android/iOSなど、様々なプラットフォームに対応したフレームワークである。」と説明しましたが、OS独自の機能(カメラなど)についてはそれぞれ開発する必要があります。

iOSであればSwiftやJavascript、Objective-C、AndroidならJavaやKotlinなどの言語を習得し、フレームワークとともに使えることが重要です。

他ハイブリットフレームワークの習得

市場のニーズとして、持っているスキルや経験の多さが重要視されています。

Flutter以外に様々なハイブリットフレームワークを習得することで、副業案件を獲得することができます。

モバイルアプリ開発に役立つフレームワークとして、以下があります。

  • React Native
  • Ionic
  • PhoneGap
  • Xamarin

これらのフレームワークは、モバイル開発に最適なフレームワークであり、Flutterに似た効率の良い環境開発です。

習得することで、更に選択肢を増やすことができ、副業案件で稼ぎやすくなります。

UI/UXに関する基礎スキル

Flutterに限らずアプリ開発者であれば必要なスキルであり、実際に顧客が触れる面であるUI/UXにおけるスキルの高さはアプリの満足度に直結します。

そのため、UI/UXに関する知識や経験の高さは、副業案件で稼ぐために必要なスキルとなります。

開発スキルの向上

Flutterの副業案件は開発の経験、スキルが非常に重要視される傾向があります。

開発に必要なスキルを高めていくことで、より単価の高い副業案件を獲得できるチャンスを掴むことができます。

例えば、スマホアプリ開発に必要なスキルは以下です。

IOSアプリ開発

  • Swift
  • Xcode
  • UIKit

Androidアプリ開発

  • Java
  • Kotlin
  • Androidstudio

アプリケーション開発に求められるスキルであり、副業案件で稼ぐために役立ちます。

また、知識や技術としては以下を持つと良いでしょう。

  • スケーリング
  • ロードバランシング

アプリケーション開発では、環境負荷を軽減させる方法や技術を求められることがあります。

上流工程の経験

エンジニアは、上流工程の案件が高単価になります。

その理由として、上流工程に求められるスキルが高くなり、エンジニアとしての技術だけではなく、要求から要件定義、マネジメントや営業能力がプラスして求められるからです。

副業案件で稼ぐためには、上流工程に携わることを意識しておくと良いでしょう。

まとめ

副業としてFlutterを使うメリットについて説明していきました。

以下に本記事の要点をまとめています。

  1. ハイブリットフレームワークならではのスピーディーな開発が可能
  2. 単価が高い
  3. リモートワーク、土日のみ業務など融通が利きやすい
  4. 高い専門性を得られる

Flutterを使うことができる人や新しい技術を身に付けたい人は強くお勧めできるものであるといえます。

注目の高いフレームワークFlutterで、副業を探してみてはいかがでしょうか?

CATEGORY
副業
新規会員登録エージェントとの初面談1社につきAmazonギフト券3,000円分全員にプレゼント!

あわせて読みたい関連記事


おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フリーランスで働くエンジニアに役立つ情報を発信しています。
フリーランス求人・案件の選び方や注意点、単価を上げるコツなどをエンジニアスタイル東京の編集部が発信しています。
フォロー・友達に追加していただき最新の情報をGETしてください。