1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. フリーランスWebマーケターは稼げる?フリーランスWebマーケターに求められる3つの要件と年収1000万を実現するためのポイントを徹底解説!

フリーランスWebマーケターは稼げる?フリーランスWebマーケターに求められる3つの要件と年収1000万を実現するためのポイントを徹底解説!

はじめに

Webマーケターは、Webサイトの運営やWeb広告作成、SNS運用などを通して、マーケティング全般に携わる仕事です。市場規模が拡大し、注目を浴びているWebマーケターです。フリーランスWebマーケターとして走り始めたものの、「高収入を獲得できる方法を知りたい」といった方も多いはずです。今回は、フリーランスWebマーケターの仕事内容や求められるスキルはもちろん、誰もが憧れる「年収1,000万円」を実現するための具体的な方法などをご紹介します。

フリーランスWebマーケターの仕事の種類

まず、フリーランスWebマーケターの仕事内容について簡単にご紹介します。

広告運用

時間や費用をかけて、Webサイトへのアクセスへつなげる方法が広告運用です。Webコンテンツなどと比べ、予算や時間に限界があるため、広告を運用するための媒体やアプローチするユーザーを絞るなど、見定めていく必要があります。広告運用といっても、検索広告・バナー広告・SNS広告・動画広告・アフィリエイト広告など様々です。

SEO対策

SEOとは、「検索エンジン最適化」のことをいいます。そして、SEO対策とは、検索のアクセス数の上昇や検索上位、Web集客を狙い、「どんなキーワードで上位表示させれば良いか」を考えて、Webサイトの作成・調整をすることです。Web広告や運用において、検索ユーザーがどのような情報を求めるか想像し、ユーザーが満足できるようなコンテンツを制作・提供することが大切といえます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとするユーザーに対して、価値のあるコンテンツを発信し、最終的に商品・サービスの購入へつなげ、顧客の定着を図るためのマーケティング方法をいいます。ユーザーのニーズに合わせながら、自社の商品・サービスにおける情報を分かりやすく記事や動画にし、コンテンツとして発信するため、広告作成に比べ、低コストで済み、SNSでの拡散にもつなげやすく、長期間で集客を狙えるメリットがあります。

SNS運用

SNSを利用して情報発信や広告配信していくことも、Webマーケティングにおいて重要な点です。SNSといえば、LINEやInstagram、Facebook、Twitterなどがありますが、それぞれ利用目的や利用者数、利用年齢層が異なります。その中から、自社が提供したいサービスをより多くのユーザーへ知って、利用してもらえるようなSNSを選択し、運用します。

データ分析

Webマーケティングにおいて、データ解析は一番大切です。ユーザーが、どのような検索キーワードを利用してサイトへたどり着いたのか、他にはどんな情報に興味があるのかなどを分析します。また、Webサイトをより多くのユーザーが満足できるコンテンツとなるよう改善を図ります。分析・改善といった同じことの繰り返しですが、改善を図っていくことで、商品購入やサービス利用へつながります。

Webディレクション

ユーザーにとってより価値のあるWebサイトを提供し、クライアントや自社の売り上げの貢献や知名度の向上につながるよう、企画や編集、デザイン、制作などを円滑に進めていくための業務をいいます。Webサイト制作全般の責任者であるため、管理能力や責任能力、コミュニケーション能力といった幅広いスキルが求められます。

Webマーケターは、多岐にわたる仕事内容をこなしていく必要があるため、見合ったスキルも必要となることが分かります。

フリーランスWebマーケターに求められる3つの要件

フリーランスWebマーケターとして活躍していくためには、いくつかのスキルが必要になります。Webマーケターとして求められる必要なスキルとはどのようなものなのか、見ていきましょう。

Web業務への専門性・スキルがある

WebマーケターとしてWeb業務をこなすためには、Webサイト構築に関する基礎知識やWeb広告・SNS運用などの知識、データ収集・分析といった専門性が必要です。ターゲットに合わせた広告作成やWeb制作はもちろん、ユーザーが求めるサービスを提供できるよう、統計や市場動向からデータ収集・整理し、時間をかけた調査も行います。Webマーケターとして実績を積んでいくためには、Web関連スキルを兼ね備え、そのスキルの専門性を高めていくことが重要です。

どれかひとつでもWebマーケティングスキルを持っている

Webマーケターとして必要なスキルは、デジタル・ITスキルや論理的思考力、コミュニケーションスキルなどです。Webマーケターであればデジタルに精通し、Microsoft利用による資料作成やデータ抽出、サービスの実現化に向けて論理的に物事を考え、答えを導き出すことが求められます。また、クライアントとのやり取りもあり、相手の要望や意向を把握することも大切です。これらのWebマーケティングスキルを最初からすべて獲得することは難しいといえますが、これらのうち1つでもスキルを獲得することで、フリーランスWebマーケターとして活躍の幅が広がります。

事業理解力が高い

Webマーケターは、事業全体に対する理解力が必要になります。フリーランスWebマーケターには、新規事業の相談(製造業、メディア企業など)や、企業側からの課題解決・新しい考え方を組み込むといった目的の案件が多く舞い込んできます。客観的に事業内容を理解でき、ターゲット・市場規模・利益・顧客への貢献度など分析し、自分の成果を上げることのみならず、企業の売り上げUPにつながるかを考えられているかが鍵となります。

フリーランスWebマーケターとして年収1000万を実現するための月収

フリーランスWebマーケターとして年収1,000万円というのは誰しも憧れるでしょう。企業で働くWebマーケターの平均年収は500万円程度といわれていますが、年収1,000万円獲得となると、月収いくら必要なのでしょうか。

月収だといくら必要なのか

年収1,000万円となると下記の計算になり、1ヶ月83万円程度の収入獲得が必要です。

例:月収83.34万円 × 12ヵ月 = 年収1,000万円

フリーランスは会社員と異なり、毎月一定の収入や定期的にボーナスをもらえるわけではありません。企業に勤める会社員Webマーケターが月収40万円程度といわれています。倍の金額以上を毎月稼ぐとなると「そんなに稼げるかな。」「難しそう」と不安を感じる方も多いでしょう。しかし、高単価案件を複数獲得することにより、年収1,000万円は可能ともいえます。

フリーランスWebマーケターが年収1000万を実現する3つの具体的パターン

では、フリーランスWebマーケターが年収1,000万円を獲得するための具体的な方法をいくつかご紹介します。

月収83.34万円を獲得する手法①

週5日勤務で月額85万円の仕事をするという方法です。リスティング運用やSEOコンサルタント、リサーチャー、データアナリスト、マーケティングコンサルタントなど、高単価案件を見つけ、案件確保することができれば、月額83万円以上を目指せます。

月収83.34万円を獲得する手法②

週3日勤務で月額50万円の仕事をする+週2日勤務で月額35万円の仕事をする

月収83.34万円を獲得する手法③

25万円のスポット案件(リモートワーク)を3~4個行う

最初から月収83万円以上を目指すというのはハードルが高いといえます。まずは、企業で働くWebマーケター同様、月収40万円程度獲得を目指し、徐々に高単価案件を獲得していくことで、年収1,000万円への道も近づきます。

また、Webマーケターとして年収1,000万円獲得するためには、Webマーケターとしての実績はもちろん、さまざまな方法や活動をし、自己のアピールやプラスαで収入確保していくことも大切です。例えば、Webマーケターとして、自己のノウハウを提供したブログにてアフィリエイト収入を得たり、セミナーや取材にて収入を得たり、SNS利用により知名度を上げ、案件確保につなげるなどです。

年収1000万を実現するためのポイント

実際に、年収1,000万円獲得を実現するためのポイントはどのような方法があるか、見ていきましょう。

マーケティング以外の柱を作る

年収1,000万円を獲得するためには、一般的なWebマーケターとの差別化を図るためにも、マーケティング以外にさまざまな能力を身につけることが重要です。

一般的な高単価案件は、以下の能力を兼ね備えることで、より高月収を目指せます。

プログラミング能力

Web業務全般をするにあたり、Webサイトの完成イメージの想像化や構築、プログラムのエラー確認、改善するためのプログラミング能力も必要といえます。Webマーケターは、サービスなどの価値をどのように提供するかを考える仕事でもありますが、サービスが完成するまでのプログラミングに関する知識やスキルも大切です。

ライティング能力

Webマーケターは多くの人と関わり、文章のやりとりを行います。エンジニアへの指示書作成やクライアントへのメールや資料作成、同業マーケターとの進捗状況確認、案件内容のすり合わせなどをします。適切な言葉づかいで誤解のない文章を、正確かつスピーディに伝える必要性があります。

ディレクション能力

Webサイト制作におけるディレクション業務は、企画力やコミュニケーション能力、マネジメント能力、提案力、分析力、問題解決力などが求められます。Webサイト作成にあたり、エンジニアへ的確な指示を出すためにも必須です。

レポート作成能力

マーケティング業務関連の仕事において、レポーティングがあります。マーケティングレポートを作成するにあたり、進捗数字や目標数字のほか、結果数字、課題、対策など、必要な情報を整理・編集し、クライアントやスタッフへ提供・報告することが求められます。レポート作成能力もWebマーケターとして大切なスキルです。

折衝能力

クライアントと事業内容やサービスについて、それぞれの意向を汲み取りながら、駆け引きをし、最終的にそれぞれの利害を一致させ、納得いく結果・問題解決につなげるよう、交渉するスキルが必要になります。自分の要求や考えを伝えることはもちろん、相手の立場に立ち、物事を柔軟に考え、それぞれがwin winとなるような代替案を提示できれば、Webマーケターとしてなお、活躍の幅は広がります。

ブランディング・人脈づくり

月収1,000万円を獲得するようなWebマーケターは、ブランディングが抜群に上手いといえます。TwitterやYou tube、InstagramなどのSNSはもちろん、ブログで情報発信し、知名度を上げ、自己に付加価値をつけることで、高単価案件確保につなげています。

また、人脈作りも重要で、元々の知り合いとのコネクションから、案件を受注できるようにしています。案件確保に向けて、さまざまな相手にアンテナを張っているのもトップWebマーケターとしての特徴です。

上流のマーケティング戦略を練れるようになる

上流のマーケティング戦略を練れるようになると、より高単価である上流工程案件の受注、さらに定期契約などへつなげられます。上流マーケティング戦略が必要となる案件は、1つ1つが高単価案件である場合が多いため、数を少なくとも獲得できれば、年収1,000万円の道もすぐそこです。

まとめ

フリーランスWebマーケターは、企業で勤めるWebマーケターに比べ、さまざまなスキルや能力を求められます。複合的にスキルを身につけ、多角的にアンテナを張り、アピールしていくことで、フリーランスWebマーケターとして年収1,000万円を獲得できます。フリーランスWebマーケターとして高収入を目指したい方はぜひ、参考にしてみてください。

  1. フリーランスWebマーケターは、Web全般(広告運用、SEO対策、SNS運用・広告、コンテンツマーケティング、ディレクションなど)の業務スキルの獲得や事業理解することが大切である
  2. フリーランスWebマーケターとして年収1,000万円を目指すためには、月収80万円程度の収入獲得が必要となる
  3. Webマーケティング以外に、ブランディングや人脈作り、上流マーケティング戦略を練る能力が求められる
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください