1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. 副業
  4. フロントエンドエンジニアの副業は本当に稼げるの?

フロントエンドエンジニアの副業は本当に稼げるの?

フロントエンドエンジニアで副業する人は増えている

フロントエンドエンジニアは、HTMLやJavaScript等を使ってWebサイト制作などを行う仕事で、現在は人手不足と言われています。在宅やリモートワークで仕事がしやすく、副業としての条件がとてもマッチしています。しかし、需要も多く求人もたくさんある中で、経験者や高い技術を持った人が不足しているのが現状です。

副業を考えている・始めている人は増えている

MMD研究所の実態調査によると、コロナウィルスの影響で収入が減った人は31.2%になると言われています。今の生活に不安を感じている人も増えています。

また、67.0%の人は在宅勤務になり、10.5%の人は副業をはじめているという結果が出ていました。通勤時間などが減り、在宅時間が増えた事によって副業を始めた人が多いという事がわかります。

※MMD研究所調べ:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1883.html

クラウドソーシングやオンラインサロンなどで自身のスキルをシェアしている人も多く、現在は副業が始めやすい環境が整っていると言えます。「自給型」「タスク完結型」「スキル型」と、そのスタイルもより充実したものになってきています。

サラリーマンの平均年収は減っている

日本のサラリーマンの平均年収は年々減っていると言われていて、dodaの調査では1年間で6万円減少という結果が公表されています。30代で10万円、40代で21万円、50代で23万円の減少結果が出ています。(2018年→2019年の調査結果)

※doda調べ:https://doda.jp/guide/heikin/

新型コロナウィルスの影響で最近はどんな傾向があるのか?

コロナが日本や世界に与えた影響はとても大きなものでした。世界全体の感染者数は約8070万人(2020年12月現在)と言われています。自粛や制限が決められその影響で在宅時間が増えたり、リモート勤務や在宅での副業を始める人が増え、そのまま継続して在宅勤務になる傾向にあります。出社と比べると交通時間が無く、できた時間でなにをするかを問われる時代になったとも言えます。

※Situation reports調べ:https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports/

収入を増やす方法とは?

収入を増やす前に、そもそもお金はどうやって稼ぐのでしょうか?就職・アルバイト・投資など…。お金を稼ぐ方法はさまざまで、人によって向き不向きもあります。最近では、本業のほかに副業を持ち、できた時間をうまく浸かって稼いでいる人も多くなりました。

独自のサービスを立ち上げて当てる

自分の持っているスキルや趣味を収入に変えていく方法はたくさんあります。今の仕事をやめずに、副業としてサービスを立ち上げる人も少なくありません。オリジナルブランドや、ドロップシッピングなども1つの方法です。

フロントエンドエンジニアのスキルを持っているならば、特技を活かしたビジネスを始めるのも1つの方法と言えます。Web上にはサービスを立ち上げられるさまざまなツールが揃っています。

フリーランスとして働く

スキルや実務経験を活かして、副業としてフリーランスで働く方法もあります。プロフェッショナルとしてのスキルを持っていたら、フリーランスとして成功する事も夢ではありません。就職して実務経験を積んでから、副業としてフリーランスをはじめ独立する人も多くいます。

正社員や契約社員が副業を持ち、フリーランスとして働くことは今では珍しい事ではありまません。特に、エンジニア業界であれば自分の能力を活かして、経済的にも余裕ができ、将来的にフリーランスとして独立も可能です。副業しながらスキルアップができるのも大きなメリットです。

本業と副業が同じになるように調整していく

しかしながら、いきなり退職してフリーランスになるのは危険といえます。フリーランスとして将来的に独立するためには、まずは職種を決めて実務経験とスキルを磨きましょう。副業としての経験も積み上げながら、本業の収入と同じ額の収入をフリーランスで得られるように調整していきます。

まずはじっくりと独立に向けて調整していきましょう。本業の傍ら、空いている時間で仕事をしていくわけですから、体調管理もしっかりと行います。

具体的にどれくらい稼げるの?

副業をやりたいけど、実際はどれくらい稼げるのか不安な方も多いでしょう。本業の傍ら顧客を持って同じ業種の副業を行なっている場合は、スキルアップ次第で独立に繋がる確率は高いと言えます。その場合は収入もある程度の目途が立ち、不安も少ないでしょう。

しかしこれから始めたいと考えている場合、どれくらいの収入が得られるのか気になるところです。副業を始めたいと思いながらもなかなか始められない理由は、収入への不安が大きいのではないでしょうか。

まずは月に10万円を目標に

副業を始める人の多くは「現状よりも収入を増やす」事が、副業を行う一番の目的という調査結果が出ています。(※マネーの達人調べ:https://manetatsu.com/2018/08/139719/)では、実際にはどうしたら副業で収入が増えるのでしょうか。それにはしっかりとした計画を立てて、実行していく事が重要です。

そこでまずは、副業で月に10万円の収入を得る事を目標にして計画を立てましょう。時間管理や専門スキル、コミュニケーション、人脈などの必要なことを書き出して準備を行います。月に10万円の収入が得られるようになると、副業としては成功したと言えます。継続して安定した収入が得られるように、細かい事を積み重ねて地道に管理していきましょう。

フロントエンドエンジニアであれば30万円くらいは稼げる

フロントエンドエンジニアとしてのスキルと実績があれば、副業として30万円ほど稼ぐことは十分に可能です。現在はインターネットでの副業案件はとても多く、求人も機敏に行わています。それに対してフロントエンドエンジニアの技術者の数は少なく、人手不足と言われています。

実務経験が豊富で高いスキルを持っていたら、副業で本業並みに稼ぐことも夢ではありません。副業で働きながらスキルアップする事も可能です。フロントエンジニア技術の発展に伴い作業工程は複雑化していて、技術者への需要は増えています。

フロントエンドエンジニアのスキル・経験があれば、100万円以上稼ぐことも可能

フロントエンドエンジニアはWebサイトの目に見える部分を作成する仕事です。現在のネットショップなどのサイトにとって、なくてはならない存在と言えます。最低でも新卒で300万円、30代で400万円の年収と言われています。

本業では年収1000万円以上も可能と言われるフロントエンドエンジニアは、スキルと経験次第では副業としても100万円以上の収入が可能です。案件によって必要なスキルが異なるので、何を求められているのかをしっかりと把握しましょう。

フロントエンドエンジニアの副業に関する案件

インターネットでの求人も多く、フロントエンドエンジニア募集の求人も豊富に見られます。2019年に政府が打ち出した働き方改革以後、副業を認める企業は増えています。新しい働き方として副業を持ち、自身のスキルを収入アップに繋げていく事が認められています。

プログラミング用語やマークアップ言語などの必要なスキルを把握して、案件ごとの特徴を理解します。自身のスキルと合わせてみて、足りないところは学んで身に着けていきましょう。話を聞いてみて合わなければ断ることもできるので、気になる案件を見つけたら、とりあえず応募してみるのがいいでしょう。

フロントエンドエンジニアによくある案件

フロントエンドエンジニアの求人案件では、報酬時給2500円~の求人が多く見られます。(※WORKER調べ:https://shuuumatu-worker.jp/jobtypes/frontend))自社プロダクトのフロントエンド開発やサービス開発者の募集はニーズが高いです。

最近では、管理画面やダッシュボードの開発、デザインの知見を持ち合わせた技術者の募集も増えています。どちらもフルリモートの募集がほとんどです。出社がない分、交通費や外食などの経費はかからなくなります。

フロントエンドエンジニアの高単価な案件

具体例で見てみると、農業特化型求人サイトのエンジニアの募集は、60~70万と高価格です。(※doocy job調べ:https://doocy.jp/jobs/job_category-2)事業計画へのアイデア出しなど事業開発的な要素もあり、やりがいも高そうです。

農業特化型求人サイトのシステム開発の募集では、80~100万とさらに高価格の案件になっています。新規事業立案などのやりがいもあります。

フロントエンドエンジニアの珍しい案件

bitFlyerのフロントエンジニア募集は60~90万の案件で、国内外200万人のお客様の資産を預かる責任とやりがいのある開発案件となっています。(※doocy job調べ:https://doocy.jp/jobs/job_category-2

他にも、日本最大級のアクションスポーツメディア「FINEPLAY」の開発担当エンジニア募集案件は業務委託で、30~54万円となっています。(※doocy job調べ:https://doocy.jp/jobs/detail/1074)。

エンジニアスタイル東京でフロントエンドエンジニアのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/frontend-enginner

まとめ

現在はコロナによる在宅ワークの流れもあって、副業で収入を得ている人が増えています。フロントエンドエンジニアは求人も多く、専門スキルや実績があれば高収入も可能で、リモートでも働きやすい職種と言えます。案件ごとに必要なスキルが異なるので、多く出ている求人の内容を良く理解して、自分に合っている物を見つけて応募してみましょう。

以下に本記事のまとめを書きます。

  1. フロントエンドエンジニアは、在宅ワークがしやすく副業に向いている
  2. フロントエンドエンジニアなら、副業で月に30万円くらい稼ぐことができる
  3. フロントエンドエンジニアは、スキルと経験があれば高収入の案件も受けられる
CATEGORY:
#副業
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でフロントエンドエンジニアの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件