1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. PHPがフリーランスで案件の単価を上げるコツ

PHPがフリーランスで案件の単価を上げるコツ

PHPでフリーランスする人は増えている

まずは、フリーランスをしている人が増えているという事実をお伝えいたします。フリーランスは、今や珍しい働き方ではなくなりつつあります。

フリーランスを考えている・やり始めている人は増えている

日本におけるフリーランスの人口について紹介します。日本では、副業フリーランスを含めると1,000万人、専業フリーランスだけでもなんと300万人もの方がフリーランスとして活躍されているのです。

(参照:https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/07seisakukadai17-0.pdf

サラリーマンの平均年収は減っている

日本において一番有名な働き方がサラリーマンであると思います。サラリーマンとして就職し、定年まで終身雇用されることが昔は当たり前でした。

しかし、その終身雇用制度も崩壊しつつあり、更にはサラリーマンの平均年収は減少傾向にあります。今では、以前のサラリーマンにおけるメリットがなくなりつつあるのです。サラリーマンとして就職すれば、生涯安泰であると言えるとも限りません。

コロナウイルスの影響によりサラリーマンも減収傾向

2020年の年始以来、新型コロナウイルスの影響により、世界中でいくつもの産業が大打撃を受けました。サラリーマンといえども、その煽りを避けることは出来ません。

大企業でさえも経営不振に落ち込み、夏や冬のボーナスカットを進める企業が見受けられました。更には、出向や出勤時間の短縮により、実質的なコストカットを始める大企業すらも存在します。

PHPのフリーランスで具体的にどれくらい稼げるの?

PHPのフリーランスとしてどのぐらい稼げるのか気になる人もいるかと思います。ここでは、PHPのフリーランスで具体的にどれくらい稼げるのかについてお話しいたします。

まずはフリーランスで月に30万円を目指す

PHPのフリーランスを始めたら、まずは月に30万円を目指しましょう。PHPのフリーランスにおける最低単価は月に20万円であるので、この目標は決して難しいことではありません。

(参照:https://freelance-start.com/jobs/skill-2

フリーランスとして契約し、仕事を受注するサイクルを回すことが出来れば充分に達成を狙える数字です。PHPのフリーランスとして働き始めたら、まずは月に30万円を目標に頑張りましょう。

PHPであれば50万円くらいは稼げる

PHPのフリーランスにおける中央値単価は65万円です。そのため、PHPであれば月に50万円ぐらいは余裕で稼ぐことが出来ます。

月に50万円程度であれば、PHPの他によく用いられるHTMLやCSS、JavaScriptなどのスキルがあれば十分です。PHPは他の言語に比べて単価が高いため、50万円は難しい数値ではありません。

他言語のスキル・経験があれば、100万円以上稼ぐことも可能

他言語のスキルや経験があれば、月に100万円以上稼ぐことも不可能ではありません。MySQLやPythonなどの言語スキルを併用することで、月に100万円以上稼ぐことは可能です。

PHPのフリーランスに関する案件の相場・平均単価

ここでは、PHPのフリーランスに関する案件の相場や平均単価について紹介いたします。全体の総括や、どんな案件の単価が高いのかについて解説いたします。

全体の総括

PHPは他のプログラミング言語と比べても平均単価は高いと言えます。PHPのフリーランスとして働き始めたばかりでも、月に30万円稼ぐことは決して難しいことではありません。

PHPのフリーランスにおいて多い案件は、サーバーサイドの開発です。案件の平均単価は、50万円~60万円ほどです。PHPの他にHTMLやJavaScriptが最低限扱えれば大丈夫な案件が多いと言えます。

PHPの案件で単価が高いものとは?

PHPの案件で単価が高いものとは一体、どのようなものなのでしょうか。PHP単体での案件の単価には限界がありますが、他の言語スキルと組み合わせることで単価のアップが狙えます。

当然ですが、案件の数が少ない上流工程の仕事ほど案件の単価は高いです。そのため、他の言語スキルを習得して上流工程の仕事を受注することがPHPの案件の単価を高くするコツです。

PHPとよく併用される言語には、MySQLやPythonなどが挙げられます。PHPのフリーランスとして案件の単価を上げたいのであれば、これらの学習をすることをおすすめします。

PHPのフリーランスで単価を上げるために必要なこと

先程も少しお話ししましたが、PHPのフリーランスで単価を上げるために必要なことを紹介いたします。PHPのフリーランスで単価を上げたいのであれば必見の内容です。

HTMLとJavaScriptを学習する

PHPでサーバーサイドの開発をする際には、HTMLやCSS、JavaScriptがよく併用されます。そのため、PHPのフリーランスとして活躍したいのであれば、HTMLやJavaScriptの学習は必須と言っても良いでしょう。

PHPのフリーランスとして案件の単価を上げたいのであれば、HTMLやJavaScriptの学習をまずはおすすめします。これらは初学者用の教本も多いので、比較的学習は容易です。

他プログラミング言語のスキルや経験により単価のアップが見込める

PHPのフリーランスとして上流工程の仕事を請け負うには、MySQLやPythonなどの言語スキルも必要です。このような他の言語スキルを習得すれば、月に100万円以上稼ぐことも狙えます。

学習意欲がないと単価は低いまま

残念ながらPHPだけで稼ぐことが出来る単価には限界があります。そのため、学習意欲がなく、他の言語スキルを学習しなければ単価を上げることは出来ません。言語スキルの習得はとても大変なことですが、未来への投資だと思って頑張りましょう。

エンジニアスタイル東京でPHPのオススメ案件を探す

https://engineer-style.jp/jobs/php

まとめ

この記事では、PHPのフリーランスが案件の単価を上げるコツについて解説いたしました。PHPのフリーランスは、他の言語に比べて案件の単価が高いため、それで満足してしまう人も少なくはありません。

しかし、以下にまとめたPHPのフリーランスが案件の単価を上げるコツを理解すれば、PHPのフリーランスで更に案件の単価を上げることが可能です。

  1. 相場(中央値単価65万円)を知る
  2. まずはHTMLとJavaScriptを学習する
  3. 更に上流工程の仕事を狙うには、MySQLやPythonなどの言語スキルが必要
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

エンジニアスタイル東京でPHPの案件を見る

おすすめ&新着求人・案件