1. TOP
  2. エンスタマガジン
  3. 副業
  4. 【2022年最新版】Djangoの副業で稼ぐには?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

【2022年最新版】Djangoの副業で稼ぐには?案件の傾向と単価を上げる方法を徹底解説

はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。Djangoの副業案件の一例と、案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

Scalaの具体的なフリーランス・副業案件の一例と、案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。

Djangoとは

メジャーなプログラミング言語のPythonのフレームワークの1つであるDjangoを知っているでしょうか。Djangoは、無料公開されているオープンソースのフレームワークです。フレームワークとは、システム開発やアプリ開発を効率良く実施するためのツールと言えます。

この記事では、Djangoの副業で稼ぐという視点で、Django案件の傾向と単価を上げる方法を中心に徹底解説していきます。すでにエンジニアをしている方やこれからエンジニアを目指す方におすすめの記事です。

Djangoの特徴

ここからはDjangoの特徴について、4点挙げて解説していきます。それぞれ説明します。

管理画面が自動生成される

Djangoでは、管理画面が自動生成されることが特徴です。管理画面を手動で作成することも可能ですが、自動生成機能は画期的な機能と言えます。管理画面が自動生成されることで、開発にかかる工数を削減可能です。

特別なこだわりがない場合は、管理画面の自動生成機能を活用して、開発を行うと良いでしょう。

フルスタックフレームワークのため、汎用性が高い

Djangoはフルスタックフレームワークである点が、特徴の1つです。フルスタックフレームワークとは、WebサイトやWebアプリケーションを開発するために必要な機能をほぼ全て揃えているフレームワークのことで、汎用性が高いです。

つまり、様々な用途の開発に使用することができます。Pythonのフルスタックフレームワークは、他にも「web2py」や「Pylon」などがあります。Pythonのフルスタックフレームワークを最初に習得する際は、Djangoから習得するのがおすすめです。Djangoを習得してから、さらにスキルアップするために他のフレームワークを習得するのも良いでしょう。

セキュリティ性に優れている

Djangoは、セキュリティ性に優れている点が特徴です。各種サイバー攻撃に対する対策を取ることができます。具体的には、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなどの攻撃に対する対策が可能です。

開発業務において、セキュリティを考慮に入れることは当然のことです。IT技術の発展に伴い、サイバー攻撃も激しくなりつつあります。Webシステムやアプリケーションで、セキュリティを高める必要性が、今後ますます高まるでしょう。

Pythonの豊富なライブラリを流用できる

Djangoでは、Pythonの豊富なライブラリを流用できる点も特徴と言えます。Pythonのライブラリを流用することで、より容易な開発が可能です。ライブラリとは一般的に、プログラミングでよく使われる機能をまとめた開発のための部品と言えます。

システム開発やアプリ開発をするためにライブラリの活用ができることが、重要な条件の1つです。

Djangoを採用するメリット

ここからはDjangoを採用するメリットについて、3点挙げて解説していきます。

Python経験者であれば学習コストがとても小さい

多くのフレームワークに共通して言えることかもしれませんが、フレームワークの元となる言語で開発経験があれば、そのフレームワークを習得する学習コストは小さいです。Djangoにおいても同様に、Python経験があれば学習コストがとても小さいことが、Djangoを採用するメリットと言えます。むしろPythonを使えるならDjangoを採用することが、開発をする上で、メジャーな方法と言えるでしょう。

保守・運用が楽

保守・運用が楽なこともDjangoを採用するメリットです。具体的には、DjangoのCMSツールやマルチテナント機能を利用することで、管理を一元化することが可能です。管理を一元化することによって、保守・運用にかかる工数を削減でき、結果的に楽になると言えます。

マルチテナント機能とは、システムの運用コストやリソースを削減するために、1つのシステム上で複数のユーザーサービスを同時に管理する機能です。システム開発やアプリ開発をする中では、保守・運用のフェーズも必須のため、それらが楽にできることは大きなメリットと言えます。

英語圏コミュニティから得られる情報が多い

Djangoに限った話ではないかもしれませんが、英語圏のコミュニティから技術的な情報が多く得られることは、メリットの1つです。近年自動翻訳の精度も向上しているため、日本人エンジニアで英語が不得意な方にとっても、英語圏のエンジニアのコミュニティは貴重な情報源と言えます。

ただし、Djangoに関しては逆に日本語の情報が、比較的少ないと言えるかもしれません。日本人エンジニアの方は、英語圏の情報を積極的に取り入れる習慣を身につけると良いでしょう。

エンジニアがDjangoで副業案件を獲得するメリット

ここからは、エンジニアがDjangoで副業案件を獲得するメリットについて、4点挙げて解説していきます。

副業を通じて新しいサービスや技術に携わることができる

エンジニアがDjangoで副業案件を獲得するメリットの1点目が、副業を通じて新しいサービスや技術に携わることができることです。日本においてもDjangoを使用してのサービス開発や技術開発が活発です。つまり、Djangoの副業案件の経験を通じて、新しいサービスや技術に携わることができる可能性があります。

AI・機械学習など面白い案件に携わることができる

エンジニアがDjangoで副業案件を獲得するメリットの2点目が、AI・機械学習など面白い案件に携わることができることです。Djangoの基になるプログラミング言語であるPythonは、AIの開発や機械学習に関わるシステムの開発で、使われやすい傾向があります。つまりDjangoの副業案件においても、AI・機械学習など面白い案件に携わることができる可能性があります。

比較的案件単価が高い

エンジニアがDjangoで副業案件を獲得するメリットの3点目が、比較的案件単価が高いことです。Djangoの副業の案件数は多く、そのため案件単価も高い傾向にあります。つまり、Djangoエンジニアのニーズが高いです。

ただ、案件単価が高いということは、エンジニア側の競争も激しいと言えるかもしれません。もちろん単価が高い案件は、それに比例した実務経験年数や高いスキルを求められる傾向にあります。

リモートワーク可能な案件も多い

エンジニアがDjangoで副業案件を獲得するメリットの4点目が、リモートワーク可能な案件も多いことです。リモートワーク案件と客先常駐案件の割合は、まだまだ常駐案件のほうが高い状況にあります。なぜならセキュリティを重視する案件の割合が多いためです。

しかしながら、近年Djangoの副業案件でリモートワーク可能な案件も増えつつあります。副業では、常駐が難しい方も多数いるでしょう。もしDjangoの副業案件の獲得を目指すなら、リモートワーク可能な案件かどうかも重要な確認ポイントです。

Djangoの副業案件はどれくらい稼げる?案件例と単価相場

ここからは、Djangoの副業案件でどれくらい稼げるか、具体的な案件例と単価相場について解説していきます。Djangoの副業案件に限らず、エンジニアの副業案件では、実務経験の有無が重要です。エンジニアの実務経験年数に比例して案件単価が高くなる傾向があります。

経験年数に応じた単価傾向

  • Djangoの実務経験1年未満:37万円前後 (年収438万円)
  • Djangoの実務経験1年~2年:44万円前後 (年収526万円)
  • Djangoの実務経験2年~3年:62万円前後 (年収745万円)
  • Djangoの実務経験3年~5年:73万円前後(年収876万円)
  • Djangoの実務経験5年以上:88万円前後 (年収1051万円)

参照:https://freelance-start.com/jobs/skill-132

Djangoの副業案件においても、経験年数に応じて案件単価が高くなる傾向です。Django案件の平均単価が月額71万円で、単価の幅が月額10万円から月額140万円までと、金額に幅があります。経験年数を求められる案件が多いので、経験が少ない方は注意が必要です。

Djangoの具体的副業案件

ここからは、Djangoの具体的な副業案件を紹介していきます。単価の高い案件やリモートワーク可能な案件、土日OKの案件について記載します。

単価の高いDjangoの副業案件


週2から対応可能な金融関連のアジャイル開発案件です。

内容:アジャイル開発

単価:週2日勤務の場合、400,000円/月

職種:フロントエンジニア・サーバーエンジニア

言語:Python・Go言語・TypeScript

在宅・リモートでできるDjangoの副業案件


週3から対応可能なフルリモートのバックエンド開発案件です。

内容:【フルリモート】新規事業のバックエンドを担うエンジニア募集!

単価:週3日勤務の場合、600,000円/月

職種:Python(Django)エンジニア

言語:Python・Go言語・PHP

土日でできるDjangoの副業案件

フリーランスエンジニア向けIT求人・案件サイトのエンジニアスタイル東京においては、土日でできる案件は、直近ではありませんでした。土日でできる案件を探す場合は、クラウドソーシングサイトなどを活用すると良いでしょう。

Djangoを使用する副業案件を探す3つの方法

ここからは、Djangoを使用する副業案件を探す3つの方法について解説していきます。

副業のエージェントサービスを利用する

Djangoを使用する副業案件を探す方法の1つ目が、副業のエージェントサービスを利用することです。近年、エンジニアの副業案件を紹介するエージェントサービスが増えています。中には週1から対応可能な案件もあることが特徴です。

ただし、エージェントサービスで案件を獲得した場合、手数料を取られます。エージェントサービスに登録する場合は、どれくらいの手数料が取られるかということを予め確認すると良いでしょう。なおエンジニアの副業案件を紹介するエージェントサービスは、具体的に「レバテックフリーランス」・「ランサーズエージェント」・「ITプロパートナーズ」などがあります。

クラウドソーシングサイトを利用する

Djangoを使用する副業案件を探す方法の2つ目が、クラウドソーシングサイトを利用することです。クラウドソーシングサイトは、エンジニアの仕事に限らず、様々な仕事をマッチングするサイトです。エンジニアの仕事のニーズは高いため、Djangoを使用する副業案件も豊富にあります。

クラウドソーシングサイトによって、対応可能な案件が異なるため、可能であれば複数のサイトに登録すると良いでしょう。ただし、クラウドソーシングサイトも案件を獲得すると、報酬を受け取るタイミングで手数料を取られます。なお、クラウドソーシングサイトは具体的に、「クラウドワークス」・「ランサーズ」・「ココナラ」・「ビズシーク」・「クラウディア」などがあります。

人脈・SNS経由で紹介してもらう

Djangoを使用する副業案件を探す方法の3つ目が、人脈・SNS経由で紹介してもらうことです。エージェントサービスやクラウドソーシングサイトは、営業の手間が省ける反面、一定の手数料を取られます。そこにデメリットを感じる場合は、人脈やSNS経由で案件を紹介してもらう方法もあります。

場合によっては手数料を取られないというメリットがあるものの、営業が簡単ではないことやスキル・実績が少ない場合は、案件の紹介が難しい点がデメリットです。またSNSの人脈では、急に連絡が取れなくなるなど、SNS特有のトラブルにも注意が必要です。

Djangoの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験とは

ここからは、Djangoの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験について、3点挙げて解説していきます。

開発スキルの向上・開発経験を積むこと

Djangoの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験の1点目が、開発スキルの向上・開発経験を積むことです。Djangoの案件に限ったことではありませんが、開発スキルを向上することや開発経験を積むことは、開発エンジニアに必須のことと言えます。

なぜなら、多くの案件において開発経験年数によって、受けられる案件の多さや単価が異なるためです。効率的にDjangoの副業案件で稼ぐ為には、なるべく高単価な案件の獲得を目指すことをおすすめします。そのために、開発スキルの向上や実務経験を積むことは重要です。

関連するフレームワークの習得

Djangoの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験の2点目が、関連するフレームワークの習得をすることです。DjangoはPythonのフレームワークの1つですが、他にもBottleやFlask、Tornadoなどのフレームワークがあります。

Pythonをメインに開発をするなら、Djangoの他に関連するフレームワークを複数習得することをおすすめします。1つのプログラミング言語に対して、複数のフレームワークを使えることは、エンジニアの強みとなるためです。

上流工程の経験(要件定義、基本設計)

Djangoの副業案件で稼ぐ為に必要なスキルや経験の3点目が、上流工程の経験(要件定義、基本設計)です。開発業務での要件定義や基本設計などの上流工程の経験を積むことで、より高いスキルが求められる案件を受けられる可能性があります。

なぜなら上流工程の開発業務は、高いスキルが必要だからです。決して簡単にできることではありませんが、Djangoの副業案件で稼ぐ為に、上流工程の経験を積極的に積むことをおすすめします。既にDjangoのエンジニア経験がある方は、業務を行う上で上流工程の実務を意識すると良いでしょう。

こちらの記事もオススメです!

まとめ

この記事では、プログラミング言語のPythonのフレームワークの1つであるDjangoについて、Django案件の傾向と単価を上げる方法を中心に解説してきました。既にPythonを習得しているエンジニアの方には、Djangoを習得してDjango案件を獲得することをおすすめします。

またこれからエンジニアを目指す人にとっても、Djangoを習得することは、副業案件で稼ぐ上でメリットと言えます。副業案件で稼ぐためにエージェントサービスに登録したり、クラウドソーシングサイトを活用したりするなど、この記事に掲載した方法を実践すると良いでしょう。皆さんもDjangoの副業案件で稼いでみてはいかがでしょうか?

  1. Pythonのフレームワークを習得するならDjangoがおすすめ
  2. 副業案件を獲得する前に開発経験を積む必要がある
  3. 副業案件を探す場合はエージェントサービスやクラウドソーシングサイトを使うのがおすすめ
CATEGORY
副業
TAGS
新規会員登録エージェントとの初面談1社につきAmazonギフト券3,000円分全員にプレゼント!

あわせて読みたい関連記事


おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フリーランスで働くエンジニアに役立つ情報を発信しています。
フリーランス求人・案件の選び方や注意点、単価を上げるコツなどをエンジニアスタイル東京の編集部が発信しています。
フォロー・友達に追加していただき最新の情報をGETしてください。