1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. フリーランスプログラマーの受託案件は辛い?受託案件の良し悪しを見極める方法について徹底解説!

フリーランスプログラマーの受託案件は辛い?受託案件の良し悪しを見極める方法について徹底解説!

目次

フリーランスで働くプログラマーが年々増えている

会社にエンプロイメントされずに仕事をしているフリーランスプログラマーですが、実際のところ需要は増加傾向にあります。その遠因としてはリモートワークの増加が関係しています。自宅では基本的にパソコンを利用しますが、パソコンを利用しない場合はあまりありません。基本的にリモートワークでパソコンを利用する仕事と適合性が高いのは、『リモートワークでなくてもパソコンを利用する仕事をしている職種』です。

プログラマーは『パソコンを利用する職種』の条件を満たしていることで、リモートワークとの適合性が高いために需要が増加しているのです。リモートワークは現在も増加しており、将来的にもより一層そのようなワークスタイルが可能であるために需要は増加していくでしょう。それだけでなく、プログラマーを確保するためのハードルが年ごとに高くなっていることも影響しています。

フリーランスプログラマーになる方法は?

ITエンジニアの人数が足りなくなっている現状において、さほど難易度が高くないためにキャリアやスキルをもとに仕事を選べます。それだけでなく経験が足りない状態からでも案件を継続して掌中にすることで活躍できるため、基本となる手法として『スキルを身につける』『仕事を受注する』を意識することが大切です。

スキルを身につける

まず大切なことは、注文を受けた仕事を納品できるスキルを自分の能力として身につけることです。プログラミングを生活手段として営む仕事とする以上、これは避けられないものであるといえます。参考書を購入して人から直接教えてもらわず、自分なりに習得することでスキルを身に付けましょう。

仕事を受注する

スキルを身に付けて受注した仕事を為し遂げることで、収入が発生するといっても大げさな言い方ではありません。仕事を見つけるために有効利用することとして、求人サイトやエージェント、友人の紹介などが挙げられます。

フリーランスプログラマーのメリットは?

フリーランスとして仕事をすることで、収入や業務の面で獲得できるメリットが多くなります。

同じスキルであればほぼ必ず収入がアップする

同じスキルで企業において就労する場合と比較すると、ほぼ必ずと言っていいほど収入がアップします。その理由は会社員のように年功による賃金体系の影響を受けず、福利厚生や管理費の給与天引きが一切ない状態で報酬を得られるからです。

思いのままに副業できる

副業に関しても思いのままに就労できるので企業においては副業禁止の場合もありますが、企業に属して就労していないために企業と直接契約していたとしても副業については制約されません。趣味の範囲で副業をしたり副業をベースとして事業を起ち上げることも可能となり、リフレッシュや可能性の幅を広げるきっかけにもなります。

仕事を選べる

企業に就労していると専門ではない業務への辞令を受けることや勤務地が変更されてしまうことも少なくはありません。言うまでもなく、いつでも自分のやりたい仕事と一致するものが見つかるわけではありませんが、得意とするスキルを自己アピールしたり、勤務条件を検討することで所望する仕事内容を選ぶことが容易になります。

経費を自由に使用できる

経費を自由に使用できます。一例を挙げると、スキルを向上させるために書物を購入した場合、会社員は給与からの支出となりますが経費の支出として計算できることで、所得控除や非課税制度を活用して税負担を軽減できるため、結果的に生計をたてるための金がプラスされることにつながります。

人間関係のストレスが減る

会社員のような上司・先輩・後輩といった上下関係がなく、同僚に気づかいする必要もないため、このような絶ちがたい関係が気になる人にとっては、働きやすい環境を作れます。

自由な場所・時間に働ける

リモート型の場合は決まったように午前中から夕方の範囲で就労する必要がないため、自宅やカフェで自分の思い通りに進められます。時間のしがらみとは無縁であるため、自分で日程管理する必要性がありますが、マイペースで就労したいと考えている人にはフィットした働き方であるといえます。

育児に参加しやすい

特にリモート型のように在宅でも仕事ができる場合は、仕事の合間に配偶者と協力して育児することが可能となります。保育園が見つけ出せない時や子どもと落ち着いて念入りに向き合って育児をしたいと意識している人にとって、育児と両立できる働き方であるといえます。

家族の介護がしやすい

場所を選ばずに就労できることが多いため、育児と同様に家族の介護がしやすくなります。両親が高齢で介護が必要となった場合、会社員として勤務することが決して簡単ではないという人もいます。介護が必要な家族がいる場合、介護の合間に就労することも可能であるため、家族のために時間を使いたいと考えている人にとっては臨機応変にその場で適切に対応できる働き方となります。

すべて自分で決断できる

企業に属して就労していないために業務内容をすべて決断できます。例えば、契約する金額や納品までの期日を設定して決断が可能となります。自分で決断して仕事をする場合は大きな責任が伴いますが、そのことによって敢えてスキル向上といった自分の成長にしっかりつなげられます。

フリーランスプログラマーのデメリットは?

ここではどういったデメリットが存在するのかをまとめてみました。仕事をするうえではその両方を前もって理解しておくことは大切ですので、しっかりチェックしておきましょう。

社会的信用が落ち込む

企業の所属などとは関係なく独立した一人の人間になることで、特に独立したばかりの時は後ろ盾がなくなるため、収入が安定しないといった事情から社会的な信用が得られないこともあるため、住宅ローンの審査が通りにくくなる場合もあります。独立を色々な角度からしっかり考えている場合は、こういったデメリットもあらかじめ考慮する必要があります。

福利厚生がなく収入が安定しない

会社員と違って収入が安定せず、会社員の給与のように福利厚生などの天引きがないため、全部まとめて入金される金額は大きいものの契約終了直後ではなく数カ月先に支払われる場合があります。契約している状況によっては収入が多い月もあれば少ない月もあるため、普段から貯蓄をまめに行っておくといった工夫が必要です。

技術者としてやるべきことの幅が広がらない

気に入った担当業務を専門にしてスキル向上を図れますが、一方で仕事を指示する上司が不在であるため、従前に経験のない業務やきわめて困難な案件が少なくなるからです。自分の好きな業務だけを中心にすると専門知識は高度になりますが、仕事の幅をせまくするというリスクが発生します。

企業の教育環境がなくなる

個人で活動しますので、企業側が獲得したノウハウを伝える研修を受けられません。企業に属していると周囲と協力して行動するための団結や連係にサポートされますが、そういった助けがまったく受けられなくなることに対しての覚悟を持っておく必要があります。

人との交流が減ることによる孤独感

ほぼ全て個人で就労するため、人との交流も減ってしまうことで、時には孤独を感じることもあります。企業で就労している時は面倒くさいと感じがちな人間関係ですが、それが回顧の念を催させるため、余計に仲間がなく孤独だという意識に苦しめられる人もいるようです。このような事態に耐えられるかどうかもあらかじめ考慮しておくことが大切です。

仕事をしっかり把持するための営業力が不可欠

個人で就労する場合が多い職種となりますが、仕事をしっかり把握するためには営業力が必要となります。企業が仕事の準備を整えてくれるわけではありませんので、率先して仕事を取りにいく心がまえが大切です。そのためにクライアント側へ自分の意気込みをアピールするための営業力は欠かせないことを頭の片隅に入れておきましょう。

自己管理が不可欠

すべての仕事を管理しなければなりません。仕事を納期までに納品するための日程はもちろんのこと、金銭についてもすべて自分で管理しなければいけません。このことがままならないと信用にかかわる問題にも発展しますので注意を徹底することが大切です。

フリーランスプログラマーの稼ぎはどれぐらい?

一番気がかりなことは、年収がだいたいどれくらい稼げるかということです。会社員と比較しても、実際の能力や仕事の成果を重視して評価を決める考え方であるため、能力次第で高年収を目指せる一方、仕事をうまく受注できないと低収入の様相を呈することもあります。ただし、同様の業務内容であれば、会社員と比較すると報酬は高くなるため、多くの場合は約2倍程度の収入になります。

企業に属している限り、ある程度は年功序列の影響を受けますが、若くても技術・経験・実力があれば高年収を狙えるといえます。ただし健康保険や年金の支出は全額自己負担となるため、病気をしたり怪我をした時の保証や退職金・福利厚生は一切ありません。そのような点を考えの中に含めると、会社員時代の1.5倍前後の収入を得たいところです。

フリーランスプログラマーは受託案件の将来性を判断する必要がある

これから長期にわたって立派な働きをしたいと意識している人にとって、将来性は疑問や不満を感じる点となりますので、将来の需要について解説します。

IT人材が不足しているため案件も多い

専門的な知識やスキルを持った人材の確保が課題となっている現状において、年齢や経験を問わずに需要は高まっており、今後もますます高まることが予想されています。案件の需要に対するものとして、満足させるほどの用意する人材がいまだ確保できていない状況であるため、仕事の取得が容易な傾向にあります。

家事や養育するのと同時に自宅でも採算が取れる時代に

今までは会社に出社して勤務するスタイルが大多数でしたが、国による働き方改革でも積極的に推進されていることで、自宅で仕事をするスタイルが浸透していきます。共働きの家庭環境が多数あるなかで、ITスキルを活用した在宅・リモートワークのスタイルをとって家事や子育て、家族の介護などをしながら、所得を獲得できる時代に入っているのです。

企業経営者としてのスタンスを持つ

自分のスキルを活かして独立を果たすからには、目標としていたことを最後まで終えることに憧れを抱くものです。しかし成功できるかどうかは、他ならぬ自分の腕にすべてがかかっています。成功するためには、一人の就業者として仕事に対峙するだけではなく、企業経営者としてのスタンスを持つことも不可欠となります。中長期的な収入計画を立て、スキルアップを積極的に行い、使い勝手がよい事務作業ができるシステムを創出するといった創造性が要求されます。

フリーランスプログラマーは受託案件の見極め・報酬の良し悪しを判断する必要がある

働くスタイルが主流ではないために実態が見えにくい部分もありますので、ここからは収入や働き続けられる年齢といった実情について紹介します。

年収・単価相場

副業として働くケースと比較して年収金額が上がるのが通例です。また、単価が高い仕事を数多く実績を積み上げていけば、必然的に年収は上がります。このようなわけで、収入は引き受ける業務内容や働くスタイルによって違ってくるものです。

案件が多数あるのは40歳代後半まで

定年制度がないため、やるぞという心意気さえあればいくつまででも、わずかな暇もなく働きつづけられます。しかし実際のところ、依頼が寄せられる案件がなかった場合は仕事になりません。案件がふんだんに来るのは40歳代後半までといわれています。高い年齢だと仕事のオファーが減少するのは、発注するスタッフの年齢が30〜40歳代で、年代が近いほうが一緒に仕事がやりやすいため、年齢の高い人は遠ざけられる傾向にあります。

フリーランスプログラマーは受託案件では、要件定義・プロジェクトマネージメントのスキルを求められる

働き方は正規の社員として企業に勤務するだけでなく、契約社員として案件単位で担当業務に従事する、もしくは独立するという方法もあります。しかし誰でも成功するわけではありませんので必要なスキルを紹介します。

幅広いプログラミングスキル

ジャンルによって習熟すべき言語が違いますので、個々の言語に対する豊富な知識を求め続けることはスキル向上には欠かせません。ありとあらゆる言語を網羅するのは現実の問題として決して簡単ではありませんが、扱える言語が広ければ時期に影響されること無く案件を受注できるようになり仕事の幅も広がります。多くのスキルを兼ねそろえることで、時代の趨勢を掴みとれない会社にとっては必ず価値ある存在になるため、長期にわたる稼働も受注できる人的財産となれます。

常にコンピュータプログラムを書く知識を学習する姿勢

プログラム言語に関する広範な知識は、システム開発の意見調整においてもテクニカルタームや業界の動向としてよくトピックとして挙げられます。こうした情報はそのたびごとに確かめるのではなく、普段からアンテナを張り、マーケットの動向や需要の高いプログラム言語や最新技術の情報を自分から集めておくことが重要です。

プログラミング以外にも求められるスキルがあります。とても素晴らしい実力を持っていたとしても、条件に適うように日程調整して、関係者と意思疎通がうまくいかないと仕事が円滑に進みません。

自己管理能力

働く時間や休日を制限されずに決定できる点は代表的ですが、日程のマネジメントを取りこぼしなく行わなかった場合は決してうまくはいきません。並はずれた仕事を入れすぎると仕事と生活のリズムが狂い、コンディションを崩してしまうかもしれないため、普段から体調管理に気をつける必要があります。

コミュニケーション能力

上司や依頼主と対面する必要がない在宅で作業する人もいますが、それでも根本的なビジネスマナーは必要です。電話対応やメールのやりとりなどは、在宅勤務であったとしても行いますし、最近ではウェブ会議も行われているので最低限のマナーは押さえておく必要があります。

フリーランスプログラマーは幅広い知識が必要

依頼を受けたらすぐに専門的な態度で仕事をやり始めることが要求されます。1年位の実務経験があれば容易に仕事は見つかりますが、初心者が独立を果たすことは簡単ではありません。ただし、経験が何もないところから独立を果たすことは不可能ではありません。

開発言語を勉強して知識を身につける

開発言語を人から直接教えてもらわず自分なりに習得できますが、専門知識の高い内容であるため、教育機関を利用してその分野の専門家から学ぶと安心です。教育機関のなかには転職支援のサービスを実施しているところもあるため、企業に就業して経験が豊かになった後に独立を目指すというやり方もあります。

小さな仕事から始めて実績をつくる

企業に対するものとして自分の価値をアピールする際、どのような実績を持っているかは重要なポイントです。未経験者は実務経験がない分、これまでの仕事の成果を別の形で企業に見せることが必要となります。とりわけ書類による選考がある場合、何もないよりはわずかでも実績が記述されていたほうが有利です。

エージェントに登録して案件を完了する

企業や人との結びつきが全然ない現況から仕事を探ってくることは簡単ではありません。登録すると条件に適っている仕事や企業を紹介してもらえるので、紹介されたそれぞれの仕事をこなしていき実績作りをしていきましょう。

フリーランスプログラマーが気をつけるべき案件の種類

受託案件は固定収入を取得する方法としては効果的ですが、受託案件を取得できれば何でもありかというと言うまでもなくそんなことはありません。経済的・継続的に案件を獲得し続けたい心のうちは納得できますが、落ち着いた態度で案件の数だけでなく質も検討を加えることによって、自分自身で振るい分けをする見解を持つことが大切です。

要件定義が曖昧で後からコロコロ内容が変わる案件

経験的によくあるケースとして、何らかの課題を解決するためにウェブサービスやアプリを作りたいという要件を持っている発注者が、重篤な『要件定義できない病』にかかっているケースです。発注者の素養としてウェブサービスの企画経験が足りない場合は注意が必要です。

本当に長年の企画経験を持っている場合は、『現実にやってみなければわからない』気持ちを理解してくれていますので、立案が7割くらいの精確さでも本当に作ってみようという意思決定ができます。しかしまだ十分に習熟していないと話し合いが一向に決着しないため、作りたいものの定義ができずに企画段階で言っていることが変わりすぎて付き合いきれないという面倒な状況が発生してしまいます。

マネジメント・ディレクション工数に理解のない発注者の受託案件

依頼主にマネジメントやディレクション経験がない場合、こういった工数を軽視または無視する人が多くなります。金銭と人を揃えたからあとは一任という他者をあてにして依存している体質だと、本来依頼主側も責任を担うはずの要件や日程のマネジメントや、新しいサービス作りや既存の事業改善のディレクションをほとんど放棄して受注者に期待し過ぎる傾向にあります。

裏返すと受注する側として大事なことは、依頼主側にもある責任をこちらが教育するとともに、もし責任を担保する場合に多岐にわたって付加される工数やリスクを納得してもらったうえで、実際に発注金額や日程に譲歩をうながす点であるといえます。

技術に理解のない発注者の受託案件

比較的レベルが高い専門スキルが必要であるため、問題が高度すぎて回答できない場合は本質的に見積が困難なものもあります。卓越した専門スキルがあればすぐに片付けられる問題であっても、スキルがない人であれば1週間かかっても解決できない場合もありため、このような課題解決の場合は人月で何とかなる問題ではなく、解決するために欠かすことのできない人材を揃える以外に方法がありません。

案件選びで失敗しないために

受託する案件を選ぶ際に、どうすべきか考えて見定めることや気を付けるべきことについて紹介してきました。成功するためには、はじめから上手くいかないリスクが少ない方法で紹介してもらうべきです。

友人に紹介してもらう

信頼してもよい友人から案件を得られれば、非常にやりやすく不成功に終わる確率も低くなりますが、長期にわたってできるものなのか否かをしっかり確かめておきましょう。その案件が完了したらもはや拠り所がないという状況が一番不都合な結果を招いてしまいます。信頼できる交流関係が築けていれば、交流関係を頼って受託する方法もあります。しかし仮に条件が合わず断ったときや契約が終わってしまったときのリスクを考えておかなくてはなりません。

フリーランスエージェントに相談する

今すぐ世話にならなくとも万が一に備えて、意見だけでも耳にしておくことをおすすめします。交流関係だけでは切り拓けないような多岐にわたる案件を紹介してもらえる可能性があることや、エンジニアとしての経験が浅く、交流関係に頼れない場合もよいサポート役になってくれます。

まとめ

端的に言えば依頼主側にもある程度のスキルと経験が必要ですが、それが欠落している依頼主の受託案件に遭遇した場合は注意が必要といえます。必ずしもフリーランスプログラマーとしてのワークスタイルが優位であるわけではなく、自分自身にふさわしいワークスタイルか否かを見極めたうえで、選択可能なもののひとつとして検討を加えることが必要です。

以下の3種類が気をつけるべき案件となりますので、どのように見極めて取捨選択をするかが最も重要となります。

  1. 要件定義が曖昧で後からコロコロ内容が変わらないか
  2. マネジメント・ディレクション工数に理解のない発注者ではないか
  3. 技術に理解のない発注者ではないか

これから目指す場合はもちろん、キャリアを歩み始めた場合も気を改めて第三者的立場から自分の状況と対比させて、合理的なキャリアプランを計画してみてください。

CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください