1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランス
  4. フリーランスとして働く上で感じる「将来の不安」の原因と解消方法を徹底解説

フリーランスとして働く上で感じる「将来の不安」の原因と解消方法を徹底解説

はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

エンジニアスタイルは、直接契約だからこそ実現できるITフリーランス・副業案件検索サービスです。エンジニアのフリーランス・副業案件一覧を以下からご覧いただけますのであわせてご確認ください。
以下、案件の例ですが、ぜひ一度案件一覧をご覧ください。


はじめまして、エンジニアスタイル東京編集部です!

コラムページでは、ITフリーランスに向けてお役立ち情報を発信します。Twitterではホットな案件を紹介してまいりますので、ぜひフォローをお願いいたします!
本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

経験がまだ少ない方にもわかりやすく説明するために、初歩的な内容も記載しております。記事も長いので、実務経験豊富な方は、ぜひ目次から関心のある項目を選択してください。

フリーランスが不安と感じる理由

「晴れてフリーランスになったけど、漠然とした不安がある」

フリーランスになりたての人であれば、このように悩んでいる人は少なくありません。

そこで、フリーランスとして働くのに不安がある理由をまとめてみました。

  • フリーランス案件の獲得が難しい
  • いつフリーランスとしての仕事がなくなるか分からない
  • 責任が重い

主に、フリーランスが不安と感じる理由は、上記の3つに集約されることが多いです。

フリーランス案件の獲得が難しい

フリーランスは、会社員とは違い自分で仕事を獲得する必要があります。

会社員の場合、会社に行けば働いた時間分の給料が発生しますが、フリーランスの場合には「仕事を探す→営業→契約」と、一つ一つの仕事を自分で獲得しなければなりません。

いつフリーランスとしての仕事がなくなるか分からない

仮に、契約を結ぶことに成功しても、自分のスキルが足りなかったり、クライアント側がより優れたワーカーを見つけたりすると、途中で契約を打ち切られることも少なくありません。

途中で契約を打ち切られてしまうと、安定した収入がなくなり、生活が一気に厳しくなります。

フリーランスの中には、毎日貯金残高が少なくなっていく不安に苛まれているという方も一定数存在しています。

このように、思うように仕事を獲得できず、いつ契約を打ち切られるか分からない不安に駆られているフリーランスは非常に多いです。

責任が重い

また、フリーランスは責任が重いという特徴もあります。

会社員であれば、部署ごとに分かていて、1つの部署がチームとして活動していく方法が一般的です。

そのため、自分が大きなミスをしてしまっても、同じ部署の上司や同僚が補ってくれることもあるでしょう。

しかし、フリーランスの場合には、自分のミスは全て自分の責任になるので、誰かがミスを補ってくれることはありません。

このように、自分のミスやスキル不足で相手方の利益を下げてしまうと考え、不安になるフリーランスの方も多いです。

日本におけるフリーランスの数はどれぐらいか?

2021年時点のフリーランスの数は、約1500万人です。

現在、働く世代が約7400万人であるため、全体の約20%がフリーランスです。

しかし、こちらの調査対象は、「過去12か月で対価に対して報酬を得た全国の20歳以上の男女」であるため、調査対象が広いことがお分かりいただけるかと思います。

フリーランスの中でも、4つのジャンルに分けており、特定の勤務先はないが独立したプロフェッショナルの枠組みである「自由業系フリーワーカー」は、約300万人となっています。

収入が安定しづらく、フリーランスであることに不安を感じる方は、先ほどの自由業系フリーワーカーであるケースが多いため、全体の約5%の方がフリーランス一本で生計を立てているということになります。

出典元:『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』発表 | ランサーズ株式会社コーポレートサイト (Lancers,Inc.)

今後、フリーランスとして生き残るには?

フリーランスとして生き残るためには、自分のスキルを継続的に向上させることが不可欠です。

自分のスキルを上げていけるフリーランスは、会社員とは違い、限界がなく収入を上げていくことができますが、現状から進歩しないフリーランスは厳しいのが現実です。

「自ら進んで新しい事を学び、市場価値を高めたい」と、向上心がある方は、フリーランスの適性があると言えます。

フリーランスとして、自分のスキルを上げるために

自分のスキルを上げるためには、お金を使う自己投資と時間を投入する自己投資の二種類があり、それぞれの自己投資を掛け合わせることでフリーランスとしてのスキルが最もアップします。

イメージは、「資金投入×時間投入=スキルアップの最大化」です。それぞれご説明していきます。

自己投資

フリーランスの方で、自分のスキルが不足していると感じている場合、資金を投入し、自己投資していくという方法があります。

たとえば、エンジニアの方で、提供するサービスがないと悩んでいる方であれば、Wordpressを開設し、自分のサービスを構築することができます。

もちろん、Wordpress上でサービスを提供していくには、月額のサーバー代やドメイン代がかかります。

また、プログラミングスキルが不足しているフリーランスの方であれば、プログラミングスクールに通うという選択肢もあります。

これらのサーバー代やドメイン代、プログラミングスクール代などを払うことによって、自分のサービスの幅やスキルを高めていくことができれば、収入が少しずつ上がっていきます。

時間投入

もう一つは、自分の時間を投入し、スキルを高めていく自己投資があります。

「できるだけお金は払いたくない」という方は、自分の中にある時間を最大限投入することにより、スキルアップが図れます。

しかし、資金を投入せず独学で勉強すると、スキルアップのための方向性が間違ってしまう方も存在しています。

たとえば、エンジニアになるための基礎として、HTMLから学ぶのが王道とされていますが、いきなりPythonから学ぶ、などです。

このように、勉強する方向性を間違えると、稼げるようになるまで遠回りをする可能性があります。

確実に自分のスキルを高めたい場合には、本を購入するなどの自己投資をしながら、作業量を確保できると大きな失敗はしなくなるでしょう。

まとまった時間を確保する方法としては、毎日の作業時間を習慣化することです。

フリーランスが「将来の不安」を解消する3つの方法

フリーランスには将来の不安はつきものです。ここではフリーランスが将来の不安を消す方法を3つご紹介します。

  • 忙しく働けば、不安は消える
  • 将来の不安を消すにはある程度の貯蓄が必要
  • 複数の会社で働く

順番に解説していきます。

忙しく働けば、不安は消える

フリーランスが将来の不安を消す方法の1つ目は、忙しく働くということです。

恐らく、フリーランスの方が漠然とした不安に襲われる時というのは、「仕事がない」という状態の時なのではないでしょうか?

仮にスキルが低いのが原因で収入が少なくても、仕事に追われていれば、ある程度まとまった収入になり、不安に感じる時間も必然的に少なくなります。

また、ガムシャラに働くことによって少しずつスキルがアップしていき、将来的な収入にも繋がります。

「仕事を獲得できなくて常に不安を感じている」という方は、仕事の単価を落とした上で案件を多くこなし、スキルをアップさせつつ収入を増やしていくという方法もあります。

忙しく働けば、不安は消えていきますので、できるだけスケジュールに空きがないように調整してみましょう。

将来の不安を消すにはある程度の貯蓄が必要

フリーランスは会社員と違い、将来を約束されていません。(現在は会社員でも厳しい状況にありますが)

そのため、現時点では多くの金額を稼げていても、数年後数十年後も同じように稼げる保障はどこにもないです。

仮に、フリーランスとして将来的にも安定させたい場合には、老後の貯蓄が必要になってきます。

フリーランスとして調子がいい時にお金を使いすぎるのではなく、今後のことを見据えて貯蓄や資産運用などにお金を回すのも、フリーランスには必要です。

退職後、2000万円あれば足りるとされているので、65歳までに2000万円の資産を形成することを1つの目標にしてみても良いかもしれません。

複数の会社で働く

仮に、フリーランスとして思うように稼げなかったり、フリーランスとして活動するのに疲れた場合には、複数の会社で働くという選択肢もあります。

たとえば、一方はコールセンターの仕事を業務委託として働き、もう一方はウォーターサーバーの販売員を業務委託として働くなどがあてはまります。

複数の会社で働くことによって拘束時間は増えるものの、固定の収入を二か所から貰えるため、収入は安定しやすいと言えます。

仮に、あなたが拘束時間のない在宅フリーランスとして働くことを目標にしているのであれば、一度貯蓄を作るために複数の会社で働き、再度チャレンジしてみてもいいかもしれません。

不安があるフリーランスが取るべき3つの行動

フリーランスとして活動するのに不安を感じている場合には、以下の3つの行動をおすすめします。

  • とにかく手を動かす
  • 生活コストを下げる
  • 同じフリーランスに合う

1つずつご紹介します。

とにかく手を動かす

フリーランスとして活動するのに不安がある場合には、とにかく手を動かしましょう。

先述しましたが、不安になる場合は主に動けていない時です。

そのため、とにかく何かしらに挑戦したり、行動したりすることによって、自然と不安な気持ちが薄れてきます。

ただし、むやみやたらと行動しても根本的な問題解決ができないことも多々あります。

そこで、「仕事がない場合には仕事に応募する」「スキル不足で継続的な案件を獲得できない場合にはスキルを高める勉強をする」「やる気が出ないのであれば原因を見直す」と、現在の自分に不足している部分を試行錯誤しながら手を動かしていくと、成長していることを実感できます。

少しでも成長していることを実感すると、漠然とした不安は気づかないうちに消えていくものです。

どうしようもなく不安に襲われた場合には、自分に足りないところを分析し、ひたすら作業することに没頭してみましょう。

生活コストを下げる

フリーランスには、クライアントとの人間関係などのさまざまな悩みがありますが、最も大きな悩みは収入面でしょう。

仮に、収入が安定していなくても、生活コストを下げることができれば、かなり精神的に安定します。

ひとり暮らしの生活費は、月々15万円あればかなり楽な生活が送れ、10万円でも暮らせる方は暮らせます。

ひとり暮らしに必要な生活費

  • 家賃代:3~5万円
  • 食費:2万円
  • 水道光熱費:7000円
  • 交通費:1万円
  • 交際費:2万円
  • 生活用品費:5000円
  • 保険料:5000円
  • 通信費:5000円

在宅フリーランスの方であれば、移動する機会が平均よりも少なく済む傾向にあるため、交通費や交際費をさらに抑えることもできます。

フリーランスとして月に10万円の収入があれば、最低限の生活費は確保できるようになるので、初めは月に10万円を目標にしてみてもいいかもしれません。

収入が満足に得られなかったり、安定した収入を得られていない方は生活コストを下げるのも一つの手です。

フリーランスとして働いている人と交流する

フリーランスとして活動するのに不安がある場合、同じ立場であるフリーランスに会うのも一つの手です。

フリーランスというのは業務上、孤独に感じることが多いため、同じフリーランスに会うだけで気が紛れます。

また、仮に上手くいっていない場合には、良いアドバイスを貰える可能性もありますので、行き詰った時には積極的に人に会うようにしてみてもいいでしょう。

まずは副業から働くことを考える

これまでご紹介したことをやってみても、なかなか上手くいかないという方は、まずは副業として取り組んでみるのが良いかもしれません。

いきなり脱サラしてフリーランスになってしまうと、思っていたよりも稼げないという状態になり、生活費をまかなえなくなる可能性があります。

現実的な話にはなりますが、フリーランスになり、初月で月に10万円や20万円などのまとまったお金を稼ぐのはかなり難易度が高いです。

そのため、初めは副業として取り組み、軌道に乗ってくると本業として取り組むのが最も堅実で安定した形になるでしょう。

まとめ

晴れてフリーランスになったものの、ふとした瞬間に不安を感じる方は少なくありません。

なぜなら、自由と不安は表裏一体だからです。

不安に感じる時が来たら、初めに自分がなぜ不安を感じているのかを明確にしましょう。

すると、自分がどのように行動していけばいいか分かるようになります。

収入が少ない場合や、安定していない場合には、自分のスキルを上げていくと良いでしょう。

スキルを上げるためには、資金投入と時間投入をすれば、最短で自分のスキルが上がっていきます。

スキルを磨いても突然収入が上がるわけではないので、フリーランスになりたての頃は生活コストを下げることを意識するのも重要ではあります。

フリーランスはつらいことも多いですが、そこを乗り越えると後々楽になるので、安定して稼げるようになるまで頑張りましょう。

  1. フリーランスはふとした瞬間に不安と感じる
  2. フリーランスのスキルを上げるためには、お金と時間を投資する必要がある
  3. 不安が解消されない時は、生活コストを下げ、とにかく手を動かす
CATEGORY:
#フリーランス
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』
会員登録 エントリーが楽々♪ 『案件のお気に入り登録』『応募情報の登録』『最新情報が届く』

おすすめ&新着求人・案件


各種SNSで情報を
発信中フォロー・友達に追加していただき
最新の情報をGETしてください